生涯いくら必要なのか|老後資金4000万円、養育費や介護費どう貯める?

何にお金を使うのか?

生涯自分が稼ぐ必要があるのは。。。

・現役の生活費

今現在の生活費として「月13万円」と「年金や健康保険料・税金」が、最低限必要になります。

・老後資金(1人分)

4000万円

インド・プリーのビーチ(小舟と女性)の写真

それから、人によっては「家族を養うお金(養育費など)」も必要になりますので。。。

・親の介護費(1人あたり)

自宅介護は 月5万円

入居サービスは 月15万円

・子供の養育 教育費(1人あたり)

0〜20歳まで平均して だいたい月7万円

※あくまで全国の平均を参考にしていますので、これより高くなる家庭も 低くなる家庭もございます

各項目の内訳は のちほど。

知っておくと人生設計しやすい*

生涯必要になるお金の総額は知らなくても いいことですが、
ある程度計算しておくと なにかとイメージをしやすいかと思います(^^)

たとえば 生活の基礎(将来の安心)を組みたてるために
現在の自分の収入や支出を、どのように調整したらよいのかの目安になります。

てことで 今回は その内訳と
おまけとして、僕が どのような生活を組みたてていくのかも書いてみたいと思います〜

カテゴリーごとの内訳

ではでは 生涯必要になるお金を、カテゴリーごとに見ていきましょう☆

自分のためのお金*

・現役の生活費

日本では、手取り月13万円で「1人暮らし + 貯金」ができます。

てことで、今現在の生活費として
「月13万円」と「年金や健康保険料・税金」は、最低限必要になります。

ビクトリア2軒目のシェアハウスの個室の写真

・老後生活費

これも安く見積もって月10万円、年120万円として 65〜90歳までの25年間で、3000万円。

(老齢年金の考慮なし)

・医療など予備費

老後、なにかあった時の予備として、1000万円用意しておけば充分だと言われています。

ちなみに 予備費に関しては、300万円くらいで見積もる方もいますし
家族関係や本人の気持ちの問題でもありますので、ここの幅は かなり広いようです。

※老後資金をどれくらい準備する必要があるのかは、受け取る老齢年金の額にもよります

独身であれば4000万円の貯金は超簡単です↓
貯金できない人に贈る、3年で400万円貯めた僕の貯金のコツと節約術〜

親の介護 1人あたり*

親自身が受けとる年金もありますでしょうし、
これは子(僕ら)が負担するのかどうかも 家庭によりけりですが。。。

・自宅介護の場合

生活費:月3.5万円

通所サービス:月1.5万円

・入居サービス利用の場合

入居費:月15万円

スポンサーリンク

子育て 1人あたり*

・おめでた費

出産:50万円

(保険の手当があるので 自己負担は約10万円)

・生まれた瞬間からかかる保険料

国民健康保険料:月約3千円

・すこやか費

養育費:月5万(年60万)

フィリピン人の子供たちの写真

・学費(大学以外、公立として計算)

幼稚園4歳〜:月2万円
(年25万円・3年間)

小学校:月2.5万円
(年30万円・6年間)

中学校:月1.25万円
(年15万円・3年間)

高校:月3.75万円
(年45万円・3年間)

私立文系大学:入学金20万円、授業料 月9万円
(年110万円・4年間) + 仕送り

メキシコ・チアパス州サンクリストバルの小学校でおすし作りの写真

・ぷち補足

各段階ごとに いろいろな手当や支援がございますので、その都度 要確認です☆

たとえば。。。

中学3年生までは 児童手当

高校では 就学支援金制度

大学も 学校により給付金など各種ございます*

その総額は・・・

いったん軽くまとめますと〜

1、自分に必要なお金

生活費 月13万円

年金や健康保険料・税金(人による)

老後資金 4000万円

2、親の自宅介護費

2人分で 月10万円

3、子育て費

大学は含まずに、養育費と教育費の合計は

だいたい月8万円

マウイ島ビーチサンセットと父と姪の写真

ということは

両親を介護して、1人の子供を養うとなると

自分の生活費13万円 + 介護費10万円 + 子育て費8万円

= 月31万円 + 保険料・税金

これに、自分の老後資金4000万円の準備を加えていきます。

(奥さんは 共働きをするかどうかで、いろいろと変わってしまうので、今回は 生活費なども計算にいれていません)

※念押しで もう1度言いますが、全国の平均を参考にしていますので、これより高くなる家庭も 低くなる家庭もございます

僕は こんな感じ〜

僕は現在32歳ですが、わかりやすくするため 35〜65歳までの30年間で考えていきましょう。

1、貯金2000万円
(預金500万円以下・その他1500万円以上)

2、2000万円以上の資産構築

3、海外移住

貯金は2000万円*

まず、僕は65歳までに貯金を2000万円にします。

単純計算で 2000万円を360ヶ月(30年)で割ると、毎月5万6千円を貯金することに。

老後必要になるのは4000万円なのに 2000万円しか貯金しない理由は、
僕が銀行預金が あまり好きではないからです。

普段 何気なく利用している銀行預金ですが、
実は かなりのギャンブル要素がある
と僕は思っているんですよね。

興味がある方は「お金持ちたちが なぜ貯金しないのか」を調べてみてくださいませ*

僕も「定期預金」の解説をした際に
軽くその話題に触れましたので、よかったら↓
利息で41万円稼いだ僕が、定期預金を絶対オススメしない理由

資産で2000万円*

じゃあ残りの2000万円は、どのようにして用意するのかと言うと

それと同等の「資産」を30年かけて つくります。

資産とはお金ではなく「持っていると お金を生みだすもの」のことで、
超絶簡単に言うと、年間60万円以上の不労所得をつくるってことかな。

ちなみに 持ち家は資産になりません↓
お金を増やす豆知識│資産にできる物を見わけるコツ

目標は 生活費のすべて(年120万円)を不労所得でまかなうこと*

やるしかないっすね☆

とりあえず 3年後、35歳の僕が個人的に 最低限必要になりそうなのは。。。

(両親は元気だし年金もありますので 介護費は必要ないかもだけど、1人分で計算しとこかな)

生活費13万円 + 介護費5万円 + 貯金5.6万円

= 月24万円 + 保険料・税金 + 資産の構築

子供ができたら、これにプラス8万円ってことか〜

今の収入じゃ足りないなぁ(笑)

はやいとこ仕事を軌道にのせて、資産運用(新たな事業や自分への投資)に取りかからねば!

・・・これらは、僕が1人で勝手に考えていることなので
養育費なども含めて、彼女さんと要相談ではございますが〜

余談:年金と預金 の 話

余談1:年金はもらえない?

今の日本 というか世界を見ていると、あらゆる制度が いつ帳消しになっても おかしくないような状態なので、
僕は国民年金に加入してはいますが、老齢年金は受けとれないものとして 老後の準備をしていきます。

もしも 年金をもらえるのならラッキー☆
その分は 遊びにつかわせていただきましょう♪

年金豆知識ございます↓
国民年金の裏技|納付額は安くなるのに、老後の受給額を180万円以上高くできます*

自転車日本一周:北海道のひまわり畑の写真

余談2:預金なんてしないぜ!

貯金を2000万円にすると言いましたが、僕は自営業者ですので 節税も兼ねて

貯金は500万円以下におさえて、残りは
小規模企業共済や国民年金基金など、なにか別の方法で 積み立てていこうかなと思っています*

貯金はギャンブルですから☆★

超余談:お金の価値は変化する*

超余談1:お金の価値を自分で変える

ある程度の資産を構築して、子供も成人したら 物価の安い海外移住も ありかも。

僕は長いこと旅人生活をしておりまして、国をまたぐごとに
自分のお金(日本円)の価値が、大きくなったり小さくなったりするのを 幾度となく経験してきました
ので*

食事はパンとパテだけで やりすごした国もあれば、
メイン料理におかず、ビールにデザートで 爆食い爆飲みする国もございます☆笑

あ、そういえば 海外出産で永住ビザを取れる国もある。
・・・彼女さま、いかがでしょうか?笑

高台から見るメキシコ・シポリテのビーチの写真

超余談2:お金の価値が変わる

これは他の記事でも ちょこちょこ触れている話なのですが。。。

お金が誕生してからの歴史の長さで言えば、
もう間もなく「世界の お金の価値が ひっくり返る日」がきます。

はじめは「既存の通貨の価値」が 何らかの変化を起こし、その次に「お金自体が世界から消える」はずです。

だから 今から老後資金の準備とかをはじめても、無駄になってしまう可能性がありますが
まぁ それまでの時間、このマネーゲームを楽しんでいきま〜す(^^)

(僕が生きている間に その日がこないかもしれないし)

あ、お金の価値がひっくり返る説は、世の中の動き(科学や 人の思想の変化)を見ていて
「僕が個人的に思っただけのこと」なので、軽く流してくださいね〜

まとめ

生涯かかるお金は。。。

1、自分に必要なお金

生活費 月13万円

年金や健康保険料・税金(人による)

老後資金 4000万円

2、親の自宅介護費

2人分で 月10万円

3、子育て費

大学は含まずに、養育費と教育費の合計は

だいたい月8万円

合計すると。。。

自分の生活費13万円 + 介護費10万円 + 子育て費8万円

= 月31万円 + 保険料・税金

これに、自分の老後資金4000万円の準備を加えていく。

こんな感じ〜

もちろん これはただの全国平均ですし、いろいろな手当もありますので、
これより高くなる家庭も 低くなる家庭もございます。

いかがでしたでしょうか?

高すぎると感じたり、意外と低くて安心したり 感想は人それぞれだとは思いますが、
とりあえず 今の僕の年収では 足りないので、今後は

1、自営業を起動に乗せる(システム化)

2、資産の構築

3、海外移住の検討

を進めていきます(^^)

今後のプランについて、ちょっとだけくわしく書いてみました↓
10億円プロジェクトはチャラ│他人任せでは何も始まらない、結局やるのは自分

人生ゲームが本格的におもしろくなってきましたぞー☆

はい、以上〜
日本で生活する上で生涯必要になるお金についてでした!

最後までお読みくださり ありがとうございました(^^)
この記事が すこしでもお役に立ちましたら 嬉しいです*

関連記事(一部広告含む)