5年旅して得た答え|人が平等に持つ自由とは何か

自由には「使い方」がある。

国内海外 いろんなところに行って、いろんな文化や暮らしを見て、いろんな人と話をしてみて 気づいたこと。

現実 と 思い込み

前回は「人の記憶や感情などの 思い込み」が、物事の見方や価値にどんな影響を与えるのか、世界の見え方をどう変えるのか、脳の仕組みについて解説しました。

物事の「見え方」が中心の話でしたが、今回は その続きで
自分が実際に置かれている「状況」に、自分の思い込みが どんな影響を与えるかについて、超重要な話をします。

トピックは。。。

1、自分の好きなように世界を創りかえることができる

2、世界のすべてを自分で創っているのだから、世界のすべてが「自分自身」である

この2つを理解できれば楽勝人生が手に入ったも同然なのですが・・・
脳の仕組みについての理解がないと、今回のお話は わかりにくいかもしれません。

てことで 前回の記事も貼っておきますので、興味がありましたら〜↓
宇宙の真理を解説|思い込みが世界の全てなら、それを利用するまでです

補足:自分が見ている世界とは

超絶簡単に、前回の おさらいをしておきます〜

目に見えるものだけでなく、「あなたが」五感で捉えたもの(現実世界から得た情報)は すべて、あなたの頭の中に入っていき

その情報をもとに「現実世界とそっくりな小世界を、頭の中に自分で創りあげている」というのが僕の考えです。

Observation Pointの写真

きっと あなたも思い込み(自分の記憶や願望、知識、思考、感情など)から。。。

宇宙に地球が浮かんでいて、日本やアメリカがあって、
人々が暮らし、働くとお金を得られる、お金を払えば物やサービスが手に入る

といったような 現実世界とそっくりな小世界を、「自分で」頭の中に創り そこで暮らしているはずです。

でも 地球が浮かんでいることとか、お金は働かないと手に入らないってのは
「自分で確認した真実」ではなくて

誰かが そう言っていたから

みんなが そうしているから

などの影響から 気がついたら、自分の中で当たり前になっていた「ただの思い込み」ではないですか?

「世の中や社会とは こういうものだ」とか「人生、人の運命は こういうものだ」と認識していることの ほとんどが 、そういった「自分の思い込み」で構成されています。

僕らの生きている世界は「ただの思いこみ」と「真実」が、区別がつかないほどゴチャ混ぜになっていて
しかも 真実よりも、思い込みの方が大半を占めています

僕らは 現実世界とそっくりな、思い込みの小世界を 「自分で」頭の中に創り、そこで暮らしている。

その小世界を好きなように創りなおす方法と、真理の より深いところを解説していきます。

今この瞬間も 頭の中で、「自由」は 呼び起こされるのを待っています*

1、ルールは書き換えられる

前回の記事で たくさん使ってきたキーワード「記憶や願望、知識、思考、感情などが、自分にとっての世界の見え方を決めている」は、
もっとシンプルに「自分の思い込みが 世界のすべて」と表現することもできます。

記憶や願望、知識、思考、感情などが 物事を判断するための要素になりますが
それらは全部 個人が抱いているもの( ≒ 思い込み)であって、他人と共有しているものではないからです。

で、もしも思い込みが すべてだったとしたらね

「自分の好きなように」思い込みを修正することは、
「自分の好きなように世界を創りなおすこと」と同じことになります。

たとえば 僕は「お金に価値なんてない、だから手に入れるのも簡単」そう自分に思い込ませたので、僕の生きる世界では お金を簡単に手に入れることができます。

それが「僕の世界に」存在しているお金に、「僕が」与えたルールなんです。

(一度に何千万円という単位を動かすには まだまだ遠いけど、でも お金を手に入れるのは簡単)

みなさんの世界でも、お金が どんなものであるのかは、自分が思い込んだとおりになっていますよね?

でも それはあなた個人の価値やルールであって、ほかの人は違う扱いをしているし、自分で変えることもできるってこと。

メインストリートステーションのスロットの写真

・・・まぁそうは言っても「思い込み」は心の深い深ぁ〜いところにあるものなので、書き換えるのはとても難しいんですけども。

(ここで表す「思い込み」は、潜在意識と呼ばれたりもしています)

・ぷち補足

思い込みを修正するということは、長年かけて創りあげた 自分の中の常識を1度崩す必要があります。

でも 思い込みってのは「絶対これが正しい!と 長年信じてきたこと」ですから、それを否定するのは とても難しいことだと思います。

焦る必要はありませんので、いきなり修正しようとするのではなく
まずは「新しい知識」や「ほかの意見」を聞いてみるだけ、そこからはじめてみるのもいいかもしれません(^^)

そこで何か興味のあることが見つかったら、追求していきましょう*

お金の価値について解説した記事もありますので、よかったら〜↓
お金とは何か|価値が決まる仕組みを知れば稼ぐのは簡単

不幸になることは誰も望んでいない、が・・・

思い込みがすべてと言うが、お金が欲しくても 手に入れられない人はいくらでもいるじゃないか! といった声が聞こえてきそうですが。。。

心の深いところでは「貧しくて辛くても、その状態にある方がいい」と思い込んでいることがあるんです。

お金を手に入れるには、その暮らし慣れた貧しい生活を抜けて、未知の冒険(大金を手に入れるための行動)をしなければならないのですが
人は「慣れ」から抜けることや、「未知」なことに対して恐れを感じたり、危険であると判断してしまうことがあります。

つまり

「未知へ踏み出すリスク」と「次に何が起こるのかを予想しやすい、暮らし慣れた現状の安全・安心感」を、無意識の中で天秤にかけて

変化を起こさない(慣れた日常を壊さない)ことが、最もストレスの少ない平和なときを得られる、と、判断し 思い込んで(勘違いして)しまっているわけです。

現状に留まることを選べば、苦手な勉強もしなくてすみますしね*

てことで

不幸になることを望んでいる人なんておらんのです。

スポンサーリンク

これはお金の話じゃない

わかりやすくするために あえてお金の話をたくさんしていますが、
僕が話しているのは「あなたが生きている世界」についてです。

人間関係にしても。。。

苦手な人がそばにいたりとか、自分は人付き合いが下手だと思ったりとか、自分に不利に思える状況にあっても
心の深層まで覗いてみると、実は それこそが「自分の望み、もしくは 自分の目的どおり」の状況だったりするんです。

(「イヤだと思っていることが、実は自分の目的であること」について
さらに詳しいことは、アドラー心理学の「目的論」で紹介されていますので興味がありましたら*)

デスバレーのバッドウォーター(塩の観察)の写真

これと同じことが、自分が置かれている状況すべてで起こっています。
すべてが自分の思い込みや 望みどおりになっています。

(他国からミサイルが飛んでくるとかは さすがに例外・・・だと僕は信じたい(笑))

正体が わかってしまえば

「自分の思い込み」は2つのことを決める要素になっています。

1、世界がどんな風に見えるのか(前回の話)

2、自分自身をどんな状況に置くのか

そしてその「思い込み」こそが潜在意識ってやつです。

だから

潜在意識を変える(自在にコントロールする)のは そう簡単ではありませんが、
そこさえできるようになってしまえば、人生楽々思いのままです(^^)

カナダワーホリのシェアハウスルームメイト(クリスマスの食卓)の写真

まず、潜在意識(思い込み)を「自分の暮らしが豊かになるような内容」に修正することで

あらゆる物事の見方や見え方、価値、ルール(お金の動かし方も含む)などが より暮らしやすいものへと変わっていきます。

さらに、世界が変わるのだから 当然「今 自分が実際に置かれている状況」も、より良いものへ変わっていく(状況を変えやすくなる)わけです☆

てことで 前回の脳科学の話も合わせれば、暮らしはいつでも豊かにできますよ* って話でした〜

伝説のチーム「ウッチャんナンチャん」の写真

ちなみに 潜在意識である「自分の、本当の心の声」を聞くくらいなら、ある程度の学びと練習でコツを掴めるようになる と個人的には思います。

※潜在意識のコントロール方法なども そのうち記事にしようとは思っていますが、すでに専門家たちが本やブログ、YouTubeなどでわかりやすく解説してくれていますので、興味がありましたら(^^)

2、すべてが「頭の中」にあるなら

念押しで、もう1度。

五感で捉えた現実世界の情報は すべて頭の中に入っていき、その情報をもとに 現実世界とそっくりな小世界を 頭の中に自分で創りあげています。

鏡張りのウユニ塩湖を歩く人の写真

では、現実世界が自分の体の外にあっても、「小世界は自分の頭の中にある」のだとしたら・・・

「あなたから見る」世界のすべては、あなた自身である

と、言うこともできるはずです。

目の前にある物や事は、それを見る人の望みや記憶をもとに「それが何であるのか」が決められ
そこまでいって はじめて、本人も その存在を認識できるわけですが

「その一連の流れが行われるのも すべて あなたの頭の中」

ですから。

あなたに見えるものは すべて「あなた自身」

仮に、今 僕があなたの目の前にいるとしたら。。。

あなたが見ているのは「僕という形をした、あなた自身の願望、記憶、知識、思考、感情など」であり、
僕が なにか言葉を発したのなら、それは「僕の口から発せられた、あなた自身の言葉(心の声・本音)」となって、あなたの小世界に響きわたります。

だから 僕が「ありがとう」と発しても
あなたと、あなたのすぐ隣にいる人では、それがどんな出来事であるのかは異なりますよね。

僕から発せられた言葉は「それぞれの心というフィルターを通過して」解釈されるためです。

ありがとう

それと同じように 花の香りも、鳥の鳴き声も、冬の冷たい空気も、チョコレートの甘い味も。。。

すべての物事に、「あなた自身のすべて」が反映されているので、
それは「あなたの生きる小世界(あなたから見える世界)に」存在しているすべてが、あなたの一部であるということになります。

人は 個にして全、全にして個なのでおじゃる。

あなたの小世界にいる誰かが悲しんでいたら、あなたは暗い気持ちになるかもしれません。

あなたの小世界にいる子犬が気持ちよさそうに眠っていたら、あなたは穏やかな気持ちになるかもしれません。

ペッパ(飼いブタ)の寝顔の写真

・ぷちぷち補足

注意してもらいたいのは、現実世界や、あなた以外の人(他人)の小世界は また別の話であることです。

「僕の小世界にいる僕」は、あなたではありませんし、
「僕の小世界にいるあなた」も、あなたではありません。

僕の小世界(僕から見える世界・僕の頭の中にある世界)では、すべてが僕自身になります。

僕が言いたいのは、あくまで「あなたの」小世界のすべてが、あなた自身である ということ。

スポンサーリンク

余談:他人を幸せにすることはできない

はい、これがホントに最後のお話!

「毎日を心地よく暮らせる人が増えたらいいな」という思いのもと、僕は日々活動したり、こういったことをブログに書いたりしているのですが

(他人が生きている)世界を豊かにするための活動を僕が いくらしたところで、
それを見たり、受け取った人それぞれが「それぞれの心(の小宇宙)」を 自身で変化させようとしない限り、その人が生きる世界・宇宙に変化が起こることもありません。

北海道浜頓別クッチャロ湖畔キャンプ場 (夕焼け)の写真

僕の活動に限った話ではなく、たとえ世界的な有名人が講演やイベントを開催しても同じです。

「それを見た人が」それに意味を与えてくれなければ、何の意味もありません。

本人が、心の中の世界を不穏?と認識していれば、いくら周りが平和で豊かになろうとも、その人が生きている世界が豊かになることはないんですよね。

ただし 僕の活動を、他人が生きる世界を変化させる「キッカケ」にすることはできます。

それが、他人の生きる世界、他人の人生を豊かにしてあげるために「僕らができる唯一のこと」だと僕は思っています。

まとめ

「目の前にある物事が 何であるのか」を判断する際に、人の記憶や願望、知識、思考、感情などが使われる。

でも 記憶や願望などは、他人と共有しているものではなく、全部 個人が抱いているものなので、シンプルに「自分の思い込み」と表現することもできる。

つまり 自分の思い込みが、すべての物事の判断要素になっているのだから

「世界のすべてが 自分の思い込みで創られている」

ってのが、僕の考え*

また 思い込みは2つのことを決める要素になっている。

1、世界がどんな風に見えるのか

2、自分自身をどんな状況に置くのか

ならば、思い込みを「自分の暮らしが豊かになるような内容」に修正すれば、
あらゆる物事の見方や見え方、価値、ルールなどが より暮らしやすいものへ変わっていく。

さらに、世界のルールが変わるのだから「今 自分が実際に置かれている状況」も、より良いものへ変わっていく(状況を変えやすくなる)のは自然なこと(^^)

思い込みは 潜在意識とも呼ばれている*

それから

五感で捉えたもの(現実世界から得た情報)は、すべて頭の中に入っていき
その情報をもとに、現実世界とそっくりな小世界を「頭の中に」自分で創りあげているのなら

「あなたから見る」世界のすべては、あなた自身である

ということになる☆

たとえば、もしも今 急に天気が変わったり、
僕があなたの目の前にいて 何か言葉を発したりしても、

それらは「あなたの心や意識という フィルターを通過して、あなたの頭の中で」映像となり、音となり、出来事となるからです。

これと同じように

すべての物事に、「あなた自身のすべて」が反映されています。

でも現実世界や、あなた以外の人(他人)の小世界は また別です。

「僕の小世界にいる僕」は、あなたではありませんし、
「僕の小世界にいるあなた」も、あなたではありません★

僕の小世界(僕から見える世界・僕の頭の中にある世界)では、すべてが僕自身になります。

あくまで「あなたの」小世界のすべてが、あなた自身である という意味。

こんなところでしょうかね〜

はい、以上!
これが僕にとっての「自由」と「自由の使い方」でした!

人は みんな、それぞれの頭の中に自由を持っているのでおじゃる。

その自由は、いつでも自由に、自由な使い方ができるのじゃ。

すんごぉ〜く複雑な話をたった2記事にまとめてしまったので、どこまで伝えることができたかはわからないのですが、
この記事が すこしでもお役に立ちましたら 嬉しいです☆

最後までお読みくださり ありがとうございました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です