知れば楽勝* 世の中が甘くないのは、あなたが そう思ってるからですよ(笑)

科学で解く、引き寄せの法則。

見えないものが見えるようになる禁術

実は前回の投稿「先行きが見えない将来の不安を解消する方法│ポイントは たったの3つ*」(未来の記憶をつくる話)は、今回の投稿と つなげて読むと完結するお話でした。

人の脳は、本人が見ようとしていること、感じようとしていること
「心の底から望んでいること」しか 存在を認識することができません。

つまり「世の中は甘くない」と思っているならば、甘くない部分(情報)ばかりを 脳が取りこむので
当然、その本人にとって 世の中は甘くないものに感じられるわけです。

てことで 今回のテーマは脳科学「心理的盲点:スコトーマ」

苦労してばかりの方がいましたら すいません、
僕はこれを活用して めちゃくちゃ楽して生きてま〜す☆

脳みそが 元気すぎて!笑

話を理解していく上で、ちょっとした脳の機能についても知っておく必要があるので、簡単に解説いたします(^^)

人の脳は、活動するのに たくさんのエネルギーを使っているのですが、それは フル回転すると
(食事などで)人が取り入れるエネルギーの量を超えてしまい、その人が死んでしまうほどです。

笑゛

なので、脳はエネルギーの消費をおさえるための機能の1つとして、
「取りこむ情報の量を制限」しています★

たとえば、ただ椅子に座っているだけだとしても
そこから見える景色(視界に入るすべての物、その色、好み、危険性…etc)、
椅子の感触、聞こえてくる音、空気の温度、湿度などなど
たくさんの情報に かこまれています*

ビクトリアのベンチ(ハロウィン)の写真

これだけでも、実際に存在している物事のすべてをとらえてしまったら、
脳がパンクしてしまいそうなのは、よくわかると思います。

ですので、無限にある情報の中から、
(簡単に言うと)脳は自分に関係のある情報、自分に必要な情報を優先して取りこみ、
それ以外の情報は取りこまない(見えない・感じない)ようにしています。

この見えなくなる部分は、心理的盲点:スコトーマと呼ばれています。

たとえば 恋愛で*

わかりやすそうな例えをあげると。。。

「Aさんと付き合いたい!」と 潜在意識レベルで願っている場合、
憧れのAさんの仕草や、Aさんとの出来事(情報)ばかりを脳が取りこむので、
それ以外の人(Bさん)が自分にアプローチしてきていても、それに気づきにくくなります。

でも ある時、Bさんの自分への気持ちを知ると、
急にBさんからのアプローチが増えてきたように感じます☆

ザイオンでプロポーズしてる写真

しかし、実際にはアプローチの回数が増えたわけではなく
自分がBさんにかけていたスコトーマが外れたために「Bさんのアプローチを認識できるようになった」
というだけ
のことです*

以前からBさんは同じように接してくれていたのに、
Bさんにスコトーマがかかっていたので、それを認識できていなかったんです。

それから、スコトーマがかかっているのは、Bさんに対してだけではありません★

もっと大きな枠で言うと、「恋愛」に関する情報は入ってきやすくなっていますが、
それ以外の情報を(自分と関係がないために)取りこみにくくなっています。

スポンサーリンク

スコトーマを「自ら」はずす

こんな感じで 人の脳は、本当は 自分の身の回りに存在している情報も、
それにフォーカスしないと見ることができない(存在すら感じない)仕組みになっています。

ここで前回のお話との つながりが出てくるのですが。。。

未来の記憶をつくる というのは、
「自分が そうなる」ことを確信する、もはや 未来の自分を「知っているレベル」まで
願望を潜在意識まで落としこむ、という意味でございます*

すると どうなるのか

今までスコトーマが かかって見えていなかった、
「未来で 自分がそうなるための情報」
を脳が取りこみ はじめます。

たとえば、未来でお菓子屋さんになっている記憶をつくる(心から望む)と、
急に「お菓子に関する情報」が、身の回りで増えてきたように感じるようになります☆

お菓子のセール情報や、友達のお菓子づくりの話、
それから、お菓子の専門学校の学費割引の広告など。。。

これらの情報量自体は 以前と かわっていないのに、です。

「望んだものを引き寄せる」というのは、
もともと日常で存在していたが、スコトーマがかかって見えていなかった情報・物が、
それを心から望むことで スコトーマが外れて「見えるようになっただけ」のことなんです*

見えるものが変われば、世界も*

そういうわけで

あなたに 今 見えている・感じられるものは、
「あなた自身が 見ようとしているものばかり」なのでございます。

(そんなこと言うけど、イヤなことなんて望んでいないのに感じるんですけど!そうツッコミたくなりますよね〜
でも、今回話をしているのは あなたの心の深い、深ぁ〜いところにある意識の問題なのでおじゃる)

ちょっとだけ応用編。。。

自分やまわりの人のために、
逆に「自らスコトーマをかける」という裏テクニックもあります。

たとえば「私は幸せだ」と、自分に確信させると
「自分を不幸せにする情報」が必要なくなるわけなので、
そこにスコトーマがかかり 見えにくくなったり、感じにくくなったりします。

宇治・和束町でお茶の収穫中のトレードマークはオレンジの写真

めちゃくちゃ高度かもしれませんが、
このように ある1点にフォーカスさせることで、あえて他の情報を遮断することもできます

この脳の仕組みを知っておくと、
いつでも自分に必要な情報や物を 手に入れることができるようになります。

余談:生きるの 余裕です。笑

僕は「世界中に笑顔の花を咲かせる = 自分も まわりの人も幸せにする」
という強い思いが潜在意識の中にあるので、それに関連した情報ばかり入ってきます。

これが「僕のすべて」の原点(^^)

だから 雨が降ろうが 槍が降ろうが、毎日ハッピッピー☆笑゛

また 最近は、お金を必要としている方に「億万長者になる方法」をシェアしてあげるべく、
「お金」も潜在意識に落としたので、それに関する情報が 勝手に、どんどん入ってきちゃいます〜

人生 楽々*

まとめ

脳は フル活動すると エネルギーを使いすぎてしまうため、普段は 省エネモードになっている。

エネルギーを抑える機能の1つは「取りこむ情報量の制限」で、
簡単に言えば 自分に必要な情報、自分に関係のある情報を 優先して取りこむ機能です*

その反動として、認識できない(存在すら感じることができない)部分が できてしまい、
人が認識できなくなる部分のことは「心理的盲点:スコトーマ」と呼ばれている。

また 認識できるのは 自分に必要、もしくは自分に関係のある情報なわけなので
つまり日常では「自分が心の底から 望んでいることや、見ようとしていること」ばかりを見ているわけです〜

そこをうまくコントロールできるようになると、
「自分がイヤだと思うことは感じにくくして、逆に 幸せになれそうなことばかり認識する」ようにしたり
「自分の望みを叶えるのに 必要な情報ばかりが入ってくる」という状態を、自分で つくることができるようになります☆

すると

ゆたかな生活、望みを より簡単に実現できるようになる、というわけでござい〜

だってね、

それは 自分の身の回りに いつも存在しているんですもの*



という

すべては 僕の 妄想つくり話(笑)

おまけ

この話をはじめて聞いた方は「スコトーマだの潜在意識だの 意味わかんない!」ってなりますよね(^^;)

そんな方は まずは「私は いつも運がついてる」とか「毎日 幸せだなぁ」などの、
簡単なフレーズを頭の中に なんとな〜く留めておいてみてください。

たぶん それだけでも日常で感じることに、すこしずつ変化が 現れてくるはずです*

脳科学的なこととか あらゆることを省略して言いますが、
神社で 静かにお祈りするのも、超効果的ですので オススメです。

神社が 現代の世にまで残ってきたのには、ちゃんと理由があるのでおじゃる。

サルベーションマウンテンの写真

それで興味が湧いてきたら、潜在意識について調べたりしてみよっかな〜
くらいの軽いノリでいいと思います♪

気楽に 試してみてね♪

ちなみに 今回の話は、世界の最先端を走る脳科学者:苫米地 英人さんの研究をもとにしていますので
興味があれば、ぜひチェックしてみてくださいませ(^^)

苫米地さんの本のレビューはこちら↓
これでも信じません?人生は自分の思った通りにしかなってませんよ〜

こんな記事もございます↓
幸せになりたいのに、いつまでたっても幸せになれない理由と解決策

最後までお読みくださり ありがとうございました(^^)
この記事が すこしでもお役に立ちましたら 嬉しいかぎりでございます*

関連記事(一部広告含む)