お金はもう無限に手に入るので、あとは「生きること」を全力で楽しみます*

ようやく たどり着きました。

*僕が望んでいたもの*

僕が今回の旅をはじめたのは2015年9月6日でした。

当時27歳だった僕が、強く強ぉ〜く望んでいたものは

「 自由 」で、その具体的な中身は「 時間 」「 お金 」です。

それと 今思い返してみると、たぶん無意識で「 仲間 ( 愛 ) 」も欲しかったのかな と、そんな気がします*

ボリビア・ウユニ塩湖で撮った写真(後ろ姿2)

でね、あれから4年間、世界を旅しながら本当にいろいろな物事を目にして、体験して、
勉強と実践をくり返しつづけてきた結果 2019年8月現在。。。

「自由」も「仲間」も、僕が欲しかったもの すべてが 僕のまわりにやってきてくれました(^^)

おそらく、これから先 また新たに望むものができても 必ず手に入るとも思います*

強いていうなら、今は(遊び感覚の挑戦として)知名度が欲しいかな、と思うので、
もしも本気スイッチが入ったら、それも実現いたします〜

考え方をかえれば お金は億単位で手に入る*

4年前の僕が、特に手に入れることが難しいと思っていたものは「お金」でした★

まあ100万円くらいなら1年以内に貯金できるので、ここで示すのは億単位の「大金」です。
さすがにこれは一筋縄ではいかなそうでしょう?

・・・それがね、だれでも手に入っちゃうんですよ(笑)

キューバの紙幣(通過)ペソの写真

あらゆる説明を、超〜はぶいて 超〜わかりやすく 超〜簡単に言うと
「考えかた」の問題ですからね〜

ただ この考えかたを理解すれば
本物のお金も際限なく 自分のもとに運ぶことができるようになる と、断言します*

・・・文章だけでは超絶難解な部分があるかもですが、できる限りわかりやすく説明いたします〜

1年以内で確実に100万円貯金する方法も解説しております〜↓
貯金できない人に贈る、3年で400万円貯めた僕の貯金のコツと節約術〜

お金は、常に流れているのよ〜

じゃあお金について 僕がどんな考えかたをしているのか、ですが。。。

まず お金は「誰のものでもないし、でも 皆のものでもある」と思っています☆

たとえば、今僕のお財布にはお札が数枚入っていますので、確かにこれは僕のお金ではありますけど、
僕がお店で物を買ったりサービスを受けたら、当然その代金としてそのお金は店員さんに渡します。

地元の幼馴染の写真

あるいは、友達の子供に「これでおやつを買っておいで」とお金を渡したら、
お金の所有者は 僕 → 子供 → お店 といった具合に流れていきますよね〜

こんな感じで、お金は常に世の中を流れつづけているわけです。

だからお金は「誰のものでもないし、でも 皆のものでもある」と僕は思うんですよね。

川を流れる水のようなイメージかな〜
川の水って、だれでも好きに使えるけど、もともとは誰のものでもないですから〜

お金は、どこに向かって流れていくのかしら〜

でね、今から説明することが超大切なポイントでして。。。

そのお金が流れる矢印の向きを決めているのは、人の「信用」であって
矢印の向きを自分に向けたい(お金を得たい)のであれば、「人からの信用を得ればいい」
ってこと☆

ネパール人の女の子の写真

はい、先ほどの例をもとに、もう少し具体的に説明いたします〜

僕が友達の子供にお金(100円)を渡したのは、「子供がその100円でおやつを買ってくると、信用しているから」です。

(ありえないけど)その子が100円均一ショップで、ナイフを買って人を傷つけたりするかも? という疑いを持っていたら
・・・つまり信用がなければ、100円は渡しません。

メキシコのお菓子(クラッカーとチョコ)の写真

そして子供が、とあるお店「〇〇商店」でお金を支払ったのは
「〇〇商店で買い物をすれば、自分が大好きなおやつが必ず手に入ると、お店を信用しているから」です。

だって〇〇商店の商品は、袋を開けたら中身が痛んでることが多いとか、
そんな感じのお店だとしたら、そこでは買い物したくありませんよね〜
買い物を避けるのは、つまりそのお店への信用が無いってこと★

お金の流れを自分に向けたらいい☆

それでですねぇ!!

僕は、そのお金が流れる矢印を自分へ向ける方法、
つまり人との信頼関係(信用)を築く方法を、この4年間でほぼマスターしたわけでございまして

つまりのつまり

僕がチョチョっと行動を起こせば、世界に存在するすべてのお金の中から
僕が必要とする額を、いつでも僕のもとへ流すことができるわけでございます〜

(「必要とする額」には、自分の好きな大きさの額を設定することができます)

大きな川があったとして、その脇を掘りすすめて 自分の家と川をつなぐ水路をつくれば、川の水を家まで運ぶことができて
自分のお好みで水路の幅や深さを決めて、その水量を調整する*
そんなイメージです〜

サンクリストバル・デ・ラス・カサスの日本人宿カサカサの皆でチフロンの滝遠足(川で泥パック)の写真

だから

僕個人の貯金口座に 実際に入っているお金は200万円なのですが、
それは 今、僕自身が「僕の持ち物だと認識しているお金」の額をただ数字に表しているだけですので、
僕の意思次第で減らせますし、逆に増やすことも出来るんです〜 そこに限度額はございませぬ〜

だって 世界に存在するお金はほぼ無限ですし、誰のものでもありませんから*

メインストリートステーションのスロットの写真

また、「信用」により流れているものは、お金だけじゃないんですよ〜
家も車も食べ物も〜

実際、僕は今メキシコにある大きな家に 家賃タダで住んでおりまして、
それは家主さんと僕との間に「信用」が存在している証
なのでございます☆

人から信用を得る方法はこちらの記事で紹介しております↓
実力勝負!僕が世界旅行・遊びを無期限で続けていられる理由*

補足:全地球人が共有してるから〜

当たり前ですが この無限にあるお金(とか物)は、僕だけが自由に使えるというわけじゃありません。

だれのものでも無く、でも だれにでも所有権があるので
人からの「信用」さえあれば、どなたでも 際限なく自分のもとへ流すことができます*

もしもあなたが僕からの信用を得たとしたら、
僕が今持っているものを あなたのもとへ流すこともできるってこと(^^)

鳥取県の観光名所・水木しげるロードでねずみ男と握手の写真

結局ね、「お金」というものは、「信用」の大きさをわかりやすくするために、
数字化したり実体化しただけのものでしかないんですよ〜

だから これを超えた関係(?)を持っている人達の間では、お金のやり取りは省略されています*

たとえば、家の片付けを手伝ってもらったお礼に、おいしい手料理をふるまってあげたり〜 みたいな〜
・・・お金のやり取りを超える、というか 本来の人間らしいやり取りに戻るだけなんですけどね*

僕が本当に伝えたいこと。

僕は話をわかりやすくするために、「あえて」お金や物の話をしていますが、
この記事のテーマは「人と人との間にある 信用」です。
(もっと言うと、「 愛 」)

僕は、僕がお金に困ることなく生活できることとか、大きな家で暮らしていることを自慢したいわけじゃありませんし、
そもそも贅沢な暮らしみたいなのを望んでいるわけでもありません。

僕の目指しているのはコレです↓
世界中に笑顔の花を咲かせるプロジェクト、始動しました!いっくぞ〜!!

(心地よく暮らすのに最低限必要なものは揃えたい、とは もちろん思っていますけども)

湘南辻堂海岸・富士山と夕焼けの写真

ただ、こういう考え方をしてみたら生きるのがとても楽になりましたし、本当に自分がやりたいことに集中できるようにもなったので、
もしもお金に関する不満や不安に悩まされている方がいるのなら、シェアできたらいいなぁ* と思ったのでございます〜

さらに補足:お金は ただの「オマケ」

「仕事で成功したい」という思いがキッカケで、お金や信用についての勉強を始めはしましたが、
勉強をはじめて1年くらいで、僕が本当に求めているのは成功とかお金なんかではなく、
「まわりの人と楽しく暮らすこと」とか「心の充実」であることに気づきました*

だからそれ以降は とにかくそっちの実現を目的として、勉強と取りくみをつづけてきました。

その結果、「オマケとして」お金と信用の関係も理解できた というだけでございます〜

別にお金が欲しくて、友達と仲良くしているわけでは全くございませんです(^^)

僕は みんなと たくさん笑って 生きていきたい* ただ、それだけ。

ボリビア・ウユニ塩湖(車の上で集合写真)

僕が求めているものについては、2017年末に書いた記事にも書いてます〜↓
車とマンションを無料でもらった!自分で考えた「幸せを呼ぶ法則」の効果が半端ない(笑)

上の記事の出来事が最初の覚醒かな(笑)

お金について思うこと↓
お金の本質を知らないと、お金持ちになっても不幸なままですよ〜

まとめ

4年前の僕は億単位でお金を稼ぎたがっていたが、それは難しいと思っていた。

だから いろんな勉強をして、実践もくり返してきた。

その過程で 自分が本当に求めているのは、お金なんかじゃなくて
「まわりの人と楽しく暮らすこと」とか「心の充実」であることに気づき、
それ以降は これらを実現するために活動してきました*

で、それを突き詰めていたら、あるとき お金と信用の関係についても深く理解することができて、
物やお金を際限なく、自分のもとへ流すことができるようになった☆

お金は「誰のものでもないし、でも 皆のものでもある」ので
これは僕だけができることではなく、コツさえ掴めば どなたでも出来ることです(^^)

結局 お金は、「人からの信用」を ただ数字化しただけのものでしかないんです*

はい、以上〜
僕がお金を無限に手に入れることができるようになった理由についてでした〜

そして気持ちにこんな変化が・・・↓
恥を忍んで暴露します|お金の欲求に振り回されつづけた僕の行く末。

テーマが「考えかた」なので、今回の記事を読んだだけでは難解かもしれませんが、
このブログの「心地よく生きるコツ」のカテゴリーで紹介している内容は、突き詰めていくと、今回のお金と信用の関係の理解にも繋がっていきますので 興味がありましたら〜

ブログのコンセプトは「笑顔の花を 世界中に 咲かせること」なので、お金と関係なさそうな話題も混ざっているように見えますが、
心の健康 も 人間関係 も お金を稼ぐこと も 旅の話 も すべてがお互いに作用しあっております☆



今回の話は 31年間の人生経験と知識に、4年間の勉強と実践を加えて
ようやく僕も理解できた「お金社会の仕組み」なのですが、果たしてこの1記事でどこまで伝えることができたのだろう?

僕のブログ力が試されますなぁ*

関連記事(一部広告含む)