国民年金の裏技|納付額は安くなるのに、老後の受給額を180万円以上高くできます*

お得に国民年金♪

はい、タイトル通りですが

国民年金には「納付額は安くなるのに、老後の受給額は高くなる裏技」があります*

てことで、今回は その夢のような魔法の手続きをご紹介いたします〜

(サラリーマンには申し訳ないんですけど)
厚生年金は加入しても 将来の受給額は赤字になりますが、逆に国民年金は黒字になるので
納めておく価値はある、と 僕は思っています(^^)

※厚生年金の赤字(無知なサラリーマンをむしばむ年金裏話)については、記事後半でお話しいたします

方法は とっても簡単☆

さて 裏技とは書いたものの、
年金機構から送られてくる案内に 普通に記載されている2つの手続きをするだけなんですよね。笑

1、口座振替で2年分の保険料を前納する(納付額が安くなる)

2、付加保険料を納付する(受けとる年金額が高くなる)

これだけ。

詳細は日本年金機構 公式HPでも確認できます*

それから補足で、ポイントの貯まるクレジットカードで保険料を支払うと、さらにお得ですよ(^^)

割引制度*

月々の年金保険料は2020年度が1万6540円、2021年度は1万6610円です。
(保険料ちょっと上がるんですね)

通常なら 2年で合計39万7800円になるところ、口座振替で前納すると38万1960円に割引していただけます〜

その割引額は1万5840円でございます☆

国民年金前納の案内の写真

日本年金機構 公式HPより

補足:クレジットカード払いの方が実質お得!

「クレジットカード納付申出書」を年金事務所へ提出すれば、年金保険料をクレジットカードで支払うことができるようになります。
(申出書の提出は郵送でも可)

クレジットカードで2年前納する場合は割引額は1万4590円なので、口座振替よりも割引料は安くなっています。

が、もしも利用ごとにポイントが貯まるクレジットカードで支払った場合、お得になることがあります。

財布とカードの写真

たとえば 僕が持っている楽天クレジットカードは、年金保険料や公共料金の支払いに対応していて、かつ、保険料の支払いなどでも100円につき1ポイント(1円)が貯まります。

ということは 2年前納した場合、3819ポイントが得られます。

もともとの割引額1万4590円と合わせると 1万8409円分お得になるので、口座振替よりも割が良くなります☆

・・・これだけじゃまだ微妙だな〜 って思いますかい?
ふっふっふ。 この先が大事な話なのでありますよ。

付加年金*

定額の保険料に月額400円(年額4800円)を上乗せして払うのが、付加保険料です。

すると 老後に受けとれる付加年金額は「200円 ✕ 付加保険料を納めた月数」で、通常の年金に上乗せされるのであります☆

シンプルに「老後に2年間 年金を受けとると、付加保険料納付額のもとが取れて 3年目以降はプラスになる」とだけ覚えておけばいいと思います(^^)

キューバ・ハバナのクラシックカー(紫)の写真

ちなみに、僕は32歳で付加保険料の手続きをしたので、65歳までで 33年間納めることができます。

(通常は保険料の納付は20歳〜60歳までの40年間ですが、
僕は 海外に住んでいた期間は国民年金に未加入でしたので、申請すれば65歳まで納められるはず)

これで老後に受けとれる付加年金額は「200円 ✕ 396ヶ月(付加保険料を納めた月数) = 7万9200円/年」になります*

20歳から満期まで納めた場合は、なんと年額9万6000円も多くもらえちゃうんですよー!

国民年金付加保険料の案内の写真

日本年金機構 公式HPより

ちなみに付加保険料も前納すれば、少額ですが割引されます☆
1年分の前納で100円引き(年額4700円)!

ふっふっふ。 実は、さらに この先が大事な話なのでありますよ。笑

安いのに、高くなる!

僕は「2年前納」と「付加保険料」の両方を組み合わせたときに、その効果を最大限発揮すると思っています*

2年前納の割引が1万5840円であるのに対し、付加保険料の納付額は2年分で9400円なので
通常の納め方をした場合よりも、差し引き6440円安くなっているのですが・・・

つまり!

40年間で納付額が12万8800円安くなるのに、
老後の受給額は「毎年!」9万6000円も 多く受けとれちゃうんですよー☆★☆

新潟長岡花火大会(カラフル)の写真

前納は まとめての納付になるので ちょっぴり大変かもですが、初回の納付さえできれば
それ以降は、いつもどおり毎月の収入から 月額の保険料を貯金にまわすようにしておけば、何の問題もなく 次の2年後の納付ができますよ(^^)

利用する価値は充分あると思いますので、ぜひぜひ〜♪

・ぷち余談

2019年の日本人の平均寿命は84歳なので、それを自分の寿命だとして計算すると
年金を受けとれるのが19年間ですので、9万6000円 ✕ 19年で 付加年金だけでも合計182万4000円にもなっちゃうんです〜!

これは利用せざるを得ませんな*

余談:国民年金って、元をとれるの?

2020年では、老齢基礎年金(老後に受けとれる年金)の満額は78万1700円/年です。

平均寿命84歳までの19年間 満額で受けとると、総額は1485万円になります〜

これに前納割引12万円と付加年金182万円も加えるなら、1679万円☆

仮に保険料と受給額が このままだったとしたら。。。

20歳〜60歳まで国民年金を納めた場合の保険料総額は 約800万円ですので、
差し引き880万円もプラスです☆

・ぷちぷち余談

老後に受けとる老齢基礎年金は 半分は税金でまかなわれているので、
現役時代に収入が少なく全額免除されていても(年金保険料を1円も納めていなくても)、通常の半額も受けとることができます。

2020年なら39万0850円*

日本は なんと優しいお国なのでしょう(笑)

スポンサーリンク

超余談:厚生年金の裏話。

僕が 厚生年金は現役時に納める保険料と、老後の受給額を比べると赤字になると思っているのは、
サラリーマンの厚生年金保険料は 給与明細に半額しか記載されておらず
つまり実質は 毎月その倍の額を納めているので、それを含めて計算すると 赤字になるためです。

いやいや、保険料の半分は会社が負担してますから!という声が聞こえてきそうですが
それは もともとサラリーマン(あなた)のお給料になるはずだった分を、ただ会社で負担してる風に見せているだけなのでございます★

マジかいな・・・の写真

社員全員の保険料(半額)を ポケットマネーから払ってくれる会社(社長)なんて、ほんの一握り・・・ いや 一握りもいればマシなくらいですかね?

もしも自分が社長になったら どうするかを考えると、それは明らかなのではないでしょうか。

もちろん僕ならポケットマネーから出しますけどね!笑

さらに余談:ありがとう!サラリーマン!

厚生年金が赤字になってしまうのは「国民年金が 国民にとっての黒字になってしまうので、そのツケを払うため」だと言われています。

まぁ考えてみれば、そりゃそうですよね。

年金機構からしたら、国民年金は1人あたり老後に880万円も 回収分より多く払わなければいけないので
その赤字を埋めるには、あとはもうサラリーマンの厚生年金保険料を高額にして回収するしかないですもんね。。。

厚生年金の話をふくめて、日本のサラリーマンがマヒして感じていない サラリーマンの苦しみは、
「(新板)お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方/著者:橘 玲」という本で あんなことやこんなことまで解説されていますので、興味がありましたら ぜひ読んでみてください(^^)

(新板)お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方/著者:橘 玲の写真

衝撃的すぎてサラリーマンをやめたくなっちゃうかも!笑

まとめ

国民年金には、前納割引と付加年金制度がある。

2つを併用すると 通常の納め方をするよりも、
納付額の合計は12万円安くなるのに、老後の受給額は9万6000円/年も高くなる*

平均寿命まで生きるとすると、厚生年金だと納付額に対して 受給額(自分が受けとる額)は赤字になるけれど、
国民年金を満額納めた場合は最低685万円もお得☆
付加年金制度も活用するなら880万円!!

まぁ、年金は破綻するのでは?と言われてはいますので、年金受給額を増やすことには あまり期待せず
「どうせ義務で納めなければならないのであれば、せめて前納で納付額を下げて抵抗してやる〜!」くらいなノリでもいいと 僕は思います〜

もしもポイントの貯まるクレジットカードをお持ちでしたら、それで支払えばメチャクチャお得です*

はい、以上!
知ってる人が意外と少ない国民年金の2つのお得な手続きについてでした〜

最後までお読みくださり ありがとうございました(^^)
今日が皆さんにとって よき日となりますように。。*

関連記事(一部広告含む)