国税庁のHPに金持ちになれる制度が載ってます│僕は3千円を825万円に増やしました*

それは意外にも、国税庁や市役所のホームページに 書かれています(笑)

こりゃ盲点! まさかそんなとこに! って感じだし、普通アクセスすらしないよね!笑

知恵でお金を手に入れる*

僕は 無職旅人(短期アルバイト・フリーター)から、
個人事業主になって節税することで、毎年の手取り収入が21万円増えました〜

2020年は年収が200万円くらいになりそうなのですが、節税により
税引き後の手取りは、年収225万円の人と だいたい同じになります*

やってること(自由気ままな無職旅人生活)は、以前と まったく同じなのに
開業しただけで、そこに不労収入が毎年25万円も発生してしまったんです。

(仕事が大好きだから 65歳でリタイアするつもりはないけど)
定年の65歳まで、あと33年あるので 不労収入の合計は825万円にもなっちゃいます☆

あぁ、日本の税制度が なんと素晴らしいことか(笑)

まとめもありますので よかったら(^^)↓
日本の税制度の不思議│旅人は開業するだけで税金・国保料が安くなります

知れば知るほど お金は 簡単に、どんどん増やすことができるようになるみたいです(^^)

・・・まぁ それもそのはず、
お金なんて まったくの無価値ですし、そもそも存在すらしてませんからね〜

記事後半では、「お金持ちが使っている お金持ちになるテクニック」も軽くご紹介しますので、
お金を必要としている方は 要チェケラー♪

3千円を825万円に増やす方法

はい、じゃあ僕が何をしたら 不労収入を生みだすことができたのか、ですが。。。

本を4冊 と お役所のホームページを読んで、得た情報を応用・実践しました。

これだけ。笑

読んだ本は

1、金持ち父さん 貧乏父さん

2、金持ち父さんの キャッシュフロー・クワドラント

3、今さら聞けない お金の超基本

4、新板 お金持ちになれる 黄金の羽根の拾い方

です。

1・2:金持ち父さんシリーズ

この本には、「お金を手に入れるには、(働く以外にも)どんな方法があるのか」が書かれています。

金持ち父さんシリーズ(1、2)の写真

3:今さら聞けない お金の超基本

「日本という国の中でお金がどのように回っているのか・どのような役割を果たしているのか」
「税制度や社会保障について」、それから「生涯 どんなことに、どれくらいのお金が必要になるのか」など
本のタイトル通り、とにかくお金に関する超基本的なことが 紹介されています。

4:新板 お金持ちになれる 黄金の羽根の拾い方

この本は、簡単に言えば「1〜3も応用しつつ、効率的に収入を増やしていく方法」が紹介されています。

5:制度の確認

これらを読んだあとに、本に書かれていたことを「応用して」考えながら
国税庁やお役所のホームページを確認したりしていたら、今の自分の手取り収入を上げる方法を見つけることができました(^^)

(アルバイトやサラリーマンに比べて)個人事業主がお金持ちになりやすいような税制度を、もともと日本が組み立ててくれていたんですよ〜

ちなみに 2冊は新品で購入しましたが、1冊は古本屋で、のこりの1冊は彼女に貸していただいたので、
実際には3千円すらも使ってませ〜ん

(新板)お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方/著者:橘 玲の写真

・ぷち余談

サラリーマンは「安定 + ボーナス」を − たとえ仕事の手を抜いても(笑) − 得られるのに対し

個人事業主は 人生をかけて、毎日を全力で かけ抜けているから こちらにもボーナスをだしてあげよう!
と、お国が用意してくれたのが税制度である、個人的には そう捉えています。笑

・ぷち補足

あとになって「旅人の収入をあげる方法なんて、本に書かれていないじゃないか!」
と 文句を言われないよう、一応いっておきますが。。。

僕は「本から得た知識・知恵を応用した」わけですので、この4冊の中に 旅人の節税方法は記載されていませんし、
お役所で お金持ちになる方法をたずねても教えてはもらえない(笑)ので、ご注意を〜*

余談:無知が 妨げているだけ

今回、生まれて はじめてお金について本気で勉強 − というか、もともとある制度を 今さら確認しただけ − をしてみて、
知らないことを知るって、大切だなぁって思いました。

だって お金持ちになる方法は、たった3千円で手に入る本や、国税庁のホームページにも(ヒントが)書かれているし、
僕なんて お役所の窓口で問い合わせして(ヒントを)教えてもらいましたよ!笑

徳島県鳴門阿波おどり(ひょっとこ)の写真

ここで僕が言いたいのは、お金にかぎった話ではなく

自分の生活・人生を豊かにできる「超絶有益な情報」は、一般向けに いくらでも公開されているけれど、
それらを知らないことには 利用することもできない

だから

何かに つまづいた時とか、辛い思いをした時などは
その解決方法を 本やインターネット、YouTubeで探してみるなり、人に聞いてみるなりしてみると
意外と 簡単に解決できることもありますよ

ということです。

知らないから 難しいし大変だし苦労するけど、
知れば 楽々クリアできることって、たくさんあるのです*

ストレートすぎて(笑)、逆に この発想は なかったかもしれないのですが、
試しにインターネットで「お金の稼ぎ方」とか「お金持ちになる方法」と 検索してみてください。

より取り見取り、えらび放題ですよ〜

ちがうのは「お金の使いかた」

ここで ちょっとした小話を。

僕は今回「お金持ち達が使っている ちょっとしたテクニック(考えかた)」を利用しました*

それは「手に入れた1万円をどう使うか」を例にすると、わかりやすいのですが。。。

まず一般的には「この1万円を いかに効率よく、お得に、賢く使うか」ここに知恵を働かせると思います。

じゃあ お金持ちはどうするのかと言えば

「この1万円を どうやって、どれだけ増やせるか」

に知恵を働かせます。

1万円札(2枚)の写真

僕は、お金持ちの この考えをマネして、
自分の手元にあったお金(3千円)で、「お金を手に入れるための知識(本)」を手に入れて、825万円の不労収入を生みだしたんです。

それから、もちろん僕は この「働くことなく手に入ってしまう825万円」を、
さらに大きく増やす方法を考えながら使っていきます。

そこで手に入ったお金を さらに倍に、倍に、倍に。

・・・お金持ち達が、なぜ どんどんお金持ちになっていってしまうのかが わかりますでしょうか?

あえて一言で表すのなら

「お金」と「時間」の 投資をしている

です。

僕は3千円と時間を、「自分に」投資したというわけです*

お金の稼ぎ方は3通り|1日8時間も働いて月収30万円は低すぎ*」の記事でも説明しましたが、
世の中の投資の中で1番信用度が高く、リターンも1番高いのは「自分への投資」だと、僕は思っています(^^)

まとめ

僕は、本などで紹介されているお金持ちになる方法の1つ、「節税」をうまくすることで
これまでと まったく同じ仕事、旅人生活をしているのに、手取りが毎年21万円増えました。

年収で言うなら、25万円増と同じくらいです〜

今回の教訓として

「日常の中に 有益な情報は いくらでも転がっているが、
それを知らなければ 活用することはできないので、自ら情報を探す(学ぶ)と よい」

てなことを得ることができました(^^)

知らないと 解決が難しいことでも
知れば 楽々クリアできることって、たくさんあるみたいですよ*

それから、僕は 最良の投資先は「自分」だと思っているのですが、今回も それを確信できる出来事となりました。

たったの3千円を、しかもリスクゼロで825万円に増やせる投資先なんて、ほかに見つからないんじゃない?笑

今回 僕が紹介した本はこちら↓

※僕が読んだ金持ち父さんシリーズは旧版で、あつかう情報を新しくした「改訂版(紫と黒のカバー)」が2013年に出版されました

「今さら聞けないお金の超基本」は、僕のような お金のことを全く知らない初心者向けですが、
ほか3作も たくさんの金持ち著名人たちに名作として 紹介されておりますので、興味がありましたら ぜひ読んでみてね〜

はい、以上〜
知ったらメチャクチャ簡単だった、3千円を825万円に増やす方法についてでした!

最後までお読みくださり ありがとうございました☆
この記事が すこしでもお役に立ちましたら、嬉しいかぎりでございます(^^)

ではでは、今日が皆さんにとって よき日となりますように*