イヤな記憶を消す方法|なぜ現在を変えると過去も変わるのか

「現在の自分が置かれている状況」が変わるたびに、思い出は書き換えられている。

現在の自分が 過去を決める

記憶・思い出は 頭の中の引き出しから、いつでも自由に呼び起こすことができます。

また 記憶の断片だけを思い出すこともできる。

たとえば 2015年の誕生日に、友達とケーキを食べた思い出があったとして
友達との会話、一緒にすごしたお店、ケーキの見た目や食感、味など、思い出全体ではなく それぞれの「記憶の切り抜きだけ」を選んで思い出すことができるってこと〜

それができるが故に

人は「現在の自分にとって 都合がいい過去」ばかりを選んで思い出しています*

もっと言えば、別々のシーンの記憶の断片をつなぎ合わせたり、合成したりして
ニセの記憶を自分で創り、「現在の自分の心を安定させるために」そのニセの記憶を思い出していることもあります。
(本人はニセの記憶だということに気づいてないけど)

てことで、今回は!

現在の自分 と 過去の記憶の関係についてのお話〜

脳は いつでも、今の自分に必要なことや望むものしか 僕らに見せてくれない。

・ぷちお詫び

文字数の関係で タイトルにはイヤな過去を「消す」方法と書いたんですけど、
正しくは「記憶の別の部分に集中することで、イヤなことを忘れさせたり、思い出しにくくする方法」です〜

記憶は あてにならない、だから

前回、前々回の記事では「記憶が書き換わる仕組み」、「書き換わる条件」、「書き換える方法(ニセの記憶を埋め込む方法)」などを紹介してきました。
(参考著書:つくられる偽りの記憶/臨床心理士・越智 啓太(元 警視庁科学捜査研究所 所属))

そこから わかったのは

僕らの 記憶は 間違いだらけである

ってことです。

(この感想は あくまで僕個人のものですが、脳の構造や その他の能力から考えても記憶(自分の思い出)なんて、ほぼあてにならないと僕は思っています)

モロッコの砂漠で記念写真(白黒)

事実と異なるどころか、まったく存在しない過去を思い出として 心に留めていることだってあります。
(自分では気づいていないだけで、おそらく僕も あなたも。)

じゃあ それを解説して、僕は 何を言いたかったのかと言えば

実在したかどうかも わからない過去に こだわっていないで、
「今」を 心豊かに暮らすことに 専念した方が良いのかもな〜

ということです。

あ、誤解されないよう一応言っておきますが、
もちろん記憶のすべてが誤りなわけじゃありませんし、思い出なんて切り捨ててしまえばいい と言いたいわけじゃございません。

大切な思い出があるから、豊かな今がある という場合もありますし*

ただ「ネガティブな意味で」過去に捉われすぎない方が いいんじゃないかなって話〜

だって 僕らの記憶なんて、全然あてにならないんだから。

スポンサーリンク

過去は1つ:思い出は4つ

今回のテーマは「現在の自分 と 過去の記憶の関係」です。

内容を一言で表すならば、現在の自分の状況が
自分の過去(の思い出)が どんなだったかを決めている・・・言い方を変えると

「現在の自分が置かれている状況」が変わるたびに、過去の記憶も書き換えられているんですよ

ってこと☆★

記憶が変わるパターンとしては。。。

☆今の自分を肯定するために

1、明るい過去にする

2、暗い過去にする

(過去を利用して、現在の自分を肯定する)

★今の自分を批判するために

3、明るい過去にする

4、暗い過去にする

(過去を利用して、現在の自分を批判する)

この4つの中から、その時その時で「自分に都合のよい組み合わせ」が選ばれます。

エジプト・カイロの観光スポット|ギザの三大ピラミッドで記念写真

4パターンの変化について 例をあげて考えてみましょう。

題材にする出来事は。。。

道で転んで、持っていた荷物が散らばってしまい
それを拾い集めるのを、通りがかりの人が手伝ってくれた

この たった1つの出来事・思い出に、どんな違いが生じるのかを検証していきます。

(正確に言えば、1つの思い出の変化(書き換え)は、4パターンだけでなく 無限通りありますけども)

市場に並ぶバナナの写真
フィリピンの無限バナナ

・ぷち補足

道で転んだという、わずか数分の出来事を例にして説明していきますが

僕が伝えたいのは「人生単位」の話ですので、30歳の人なら これまでの30年の過去のすべてを、これから説明する4パターンの方法で思い出しているってことです。

道で転んだ1つの出来事を、あなたの過去の すべての出来事(記憶・思い出)だと思って読みすすめてくださいませ〜

いつでもハッピー論☆

まずは今の自分を肯定するために、過去を明るくするパターン。

たとえば 今の自分が「私は まわりの皆の優しさのおかげで、今 とても幸せです*」と(潜在意識で)思っているのなら
過去の記憶の中から、人の優しさを感じるシーンばかりを思い出したり 切り抜きます。

そういう人が もしも
道で転んで、持っていた荷物が散らばり
それを拾い集めるのを、通りがかりの人が手伝ってくれた時のことを思い出そうとすると

「見ず知らずの自分にも親切にしてくれる いい人に出会えた」という明るい思い出となり、
その人の温かい笑顔や、 大丈夫ですか?という優しい声などが思い出されます。

モロッコの列車内で出会った子供

人によっては、相手の服は暖色系だったとか「私も 時々道で転ぶことがあるんですよ〜」とフォローしてもらい、軽く談笑したなどと
記憶を改ざんしたり、ニセの記憶を付け加えている(フォールスメモリーを生成している)場合もあります。

(実際には相手は黒い服で 会話もしていないのに、「心温まる人生を歩んできた」という信念が、そういった温かい過去(フォールスメモリー)を創り上げている)

どんどん よくなる論*

逆に今を肯定するために、過去を暗くするパターンではどうなるのか。。。

たとえば「一生懸命自分を磨いてきて、少しずつ その成果も感じられるようになってきた」と、今の自分が信じているとしたら
自分は成長しているわけなので「過去の自分は、今よりもダメだった」という記憶が必要になります。

日向で寝るペッパ(飼いブタ)の写真

そこで、道で転んだ時のことを思い出そうとすると、それは「自分の不注意が招いたミス」という暗い思い出となり
人前で転んで恥をかいたことや、相手の目を見て ちゃんとお礼を言えなかったこと(後悔)などが思い出されます。

(「あの時の自分は注意が散漫だったけど、今は それもなくなったなぁ」と、昔に比べて 今の自分が成長していることを実感するために)

場合によっては記憶を改ざんして、まわりの人に笑われたなどのフォールスメモリーを創ってしまうかもしれません。

補足:「人生の話」です

念押しで もう1度言いますが、これは道で転んだ空想の出来事の話をしているのではなく

僕らが 僕らの過去、人生そのものをふり返る時に起こっていること

の話です。

あなた自身が、現在の自分をどんな状況に置いているか、どんな意志をもって暮らしているかが

どの思い出の どの部分を切り抜いて、あなたに思い出させるのかを決めたり
ときには記憶を改ざんしたり、ありもしなかった記憶を創りだし、そのフォールスメモリーを本当の記憶だと信じて 思い出したりしてるんですよってこと〜

ピークは過去にある論*

では つづきまして、今の自分を批判するために 過去を明るくするパターン。

「友人とのトラブルを機に、人とコミュニケーションが取れなくなってしまった」と、今の自分が思い込んでいるとして

道で転んだ時のことを思い出そうとすると、それは「(以前は)自分のことを気にかけてくれる人がいた」という明るい思い出となり

見ず知らずの人が手伝ってくれたという全体的なストーリーや、(恥ずかしくて相手の目は見れずとも)お礼の言葉はちゃんと伝えられたことなどが思い出されます。

モロッコ・シャフシャウエンで出会った優しいお兄さんたち(肩車)の写真

そういう明るい過去にすることで「友人とのトラブルが原因でコミュニケーションが苦手になり、そのせいで自分と関わってくれる人もいなくなった」という 今の自分に対する批判的な意見を、肯定しています。

あの頃は うまくいってたのになぁ。。。みたいな感じ。

また 相手から「ケガがなくて 何よりです*」と優しい言葉をかけてもらった、というフォールスメモリーを創ったりも。

不幸は一生もの論★

「なにを思い出すかのメカニズム」は、3つの例で なんとなく理解していただけたかと思いますので、4つ目のパターンは簡略しますね〜

今の自分を批判するために 過去を暗くするわけなので、
要は「自分は昔からダメ人間だから、今もダメで当然」と感じられるような記憶を選んで思い出したり、そう感じられるようなフォールスメモリーを創りだすことで、その信念を肯定します。

あなたが 本当に守りたいもの*

たった1つの出来事が、4種類の思い出に変化してしまう例を紹介しましたが
こういったことが、僕らが過去をふり返る時に いつも起こっているんです。

失恋や大事な場面の失敗など、大きな出来事で考えてみれば
その「直後」と、「数年後の」心が癒えた時に あらためて ふり返るのとでは、同じ出来事なのに「思い出す 記憶の内容」に違いがあるのは、明らかですよね☆★

つまり

現在の自分の変化に合わせて
過去の人生は、よくも わるくも 常に書き換えられている

ってことです。

これは 今の自分を肯定したり、心を安定させるための働きではないかと考えられています。

なので、記憶が書き換わっていることに すでに気づいていたり、違和感を持っていたとしても「私だけ!?」と心配する必要はないと思いますよ(^^)

まわりの人も 気づいていないだけで、日常的に起こっていることなので〜

僕自身も、その時その時の自分の状況によって
思い出す(無意識が選び出す)過去と その中身が、全然ちがうなぁ と感じることがあります*

横浜のダンスイベント出演メンバーNON☆KEMA MIX(赤レンガ)の写真

結局ね、僕らが 無意識で1番大切にしているのは、過去でも未来でもなく

まさに今「この瞬間に存在している」自分自身

ってことなんじゃないかな*

余談:僕らは望んだものしか認知できない

僕らは普段、自分にとって都合のいいものしか存在に気づくことができない、
(人の脳は)自分が望んでいる情報しか取り込むことができないという、心理的盲点:スコトーマのお話をしたことがありますが

今回の話から考えると、過去を思い出す際にも スコトーマに近い働きがあるってことになりますね。

脳は いつでも、今の自分に必要なことや 望むものしか 僕らに見せてくれないし

逆に言えば 僕やあなたが今 思い出せること、存在を確認できることこそが
僕らが心から望んでいる、願望そのものの現れなんですねぇ。。*

脳は、僕らのために

過去を書き換え

望んだ現在を映し

未来を知らせる

・・・ん? あれ?

つまり!

脳は時間すらも超えて 人の願望を実現させているってことじゃないの!

うわぁ〜 何これ!スゲェ!ヤバッ!!

過去と現在と未来、それぞれ別で探求していたはずが 全部つながったー!ドカーン☆★☆

いやぁ〜 マジかいな〜

(すいません、1人で感動してます)

脳は、自分が望むのならば 未来を見せてくれるし、過去だって ねじ曲げてしまうのか。

スコトーマについてはコチラ↓
運命よりも脳科学|なぜ強く望むほど夢が叶いやすくなるのか

自分の未来を見る方法はコチラ↓
先行きが見えない将来の不安を解消する方法|ポイントは たったの3つ*

ちなみに僕は意識を幸せにフォーカスさせることで、その逆の「自分を不幸にすること」にスコトーマをかけて、自分にとってマイナスになることを感じにくくしています。

また自分の心が明るくなったり、暮らしが豊かになる情報ばかりが どんどん入ってくるようになっています*

あなたの過去 と 未来

さてさて、記憶・思い出の話に戻りましょう。

3記事にもわたって解説してきた「記憶のメカニズム」ですが。。。
正直な話、普段の何気ない日常をすごす上で この知識が役立つことは、ほとんどないと思います。

(・・・おい!笑゛)

大学でサンタ(走るサンタ)の写真

ただ 辛い過去やイヤな思い出、トラウマ・・・
つまり記憶が「今」の幸せの妨げになっているのなら、記憶について知ってみる価値はあるのではないかな、とも僕は思うんです。

だってね、もう記憶なんて、全然あてにならないことが わかったじゃないですか。

だから

過去は「現在、そして未来の自分が幸せになってはいけない理由」には ならないんです*

・・・これを言いたいがためだけに、僕は 長々と記憶の解説をしてきました〜

だれもが 幸せになる権利を持っているし
「幸せになる方法」も、だれもが その頭の中に秘めています。

もしも それを見つけることができたのなら、あとは それを使うだけ。。*

まとめ

前の2記事にわたって 人の記憶が書き換わる原因や、書き換える方法などを解説してきました。

そして 今回解説したのは、それが日常的に起こっている そもそもの理由です。

その理由を一言で表すならば

僕らが 無意識で1番大切にしているのは
過去でも未来でもなく、まさに今「この瞬間に存在している」自分自身だから

です。

現在の自分の意志や 存在そのものを肯定するために、
現在の自分の変化に合わせて、過去の人生も 常に書き換えているわけです。

ということは

思い出したくないイヤな過去があったり、過去を変えられたらいいなぁ と願うのであれば
「現在の自分の意志・思考」を変えることで、その望みは叶うってことです。

僕らに どんな過去を見せるのかを決めているのは、「現在の自分の意志・思考」ですから☆★

そういうわけなので。。。

本当に存在したのかどうかすらも わからない過去に、
ネガティブな意味で捉われる必要はないんじゃないかな〜 と、僕は思うわけです。

過去は「現在、そして未来の自分が幸せになってはいけない理由」にはなりませんもの*

はい、以上〜
今の自分を大切にすることで、過去はもっともっと美しいものになるんですよ日記、でした!

記憶が書き換わる「仕組み」と「条件」の解説↓
過去の思い出は常に変化している|記憶の仕組み

「方法」の解説↓
記憶を書き換える方法|僕らは過去の存在を証明できない

・ぷちぷちお詫び

またしても、トラウマの消し方まで説明しきれませんでした。。。

なので、別の記事で個別に紹介いたしました↓
白い服の髪が長い女性の霊が多い理由|トラウマとの上手な付き合い方

おまけで、お化けを見たとか 宇宙人に誘拐されたといったような、オカルト関連の記憶の解説もいたしました☆

最後までお読みくださり ありがとうございました(^^)
この記事が すこしでもお役に立ちましたら 嬉しいです*