自営業者が見落とす4大隠れコスト|例:古民家リノベーションのDIY費用

目に見えないコスト

事業が軌道に乗るまでは資金的余裕が あまりないので、
支出をおさえるために、自分でできることは なるべく自分でこなしたくなるものです。
(もちろん僕も!)

その「自分でやるべきかどうかを判断する基準」の1つになるのが、「自分自身の人件費」です。

資材費だけを見れば安あがりでも、自分自身の人件費や それにかかる時間など
隠れコストを含めて計算すると、かえって高くついている場合があるんですよね★

てことで、今回は!

自営業における「真のコストの求めかた」や経営初心者にオススメの選択について〜

これは経営でも日常でも、あらゆる面で活用できる とても重要な計算方法です。

★4大隠れコスト★

コストには どんなものがあるのか、それを紹介するところから はじめていきます*

まず、誰もが気にかける明らかなコストとして「支払う現金」がありますよね。

そして、目では見えにくい隠れコストには。。。

★自分の人件費

★自分の時間(命)

★現金支出をおさえる代わりに失う「利益」

★現金支出をおさえる代わりに失う「機会」

などなど、こういったものが挙げられます。

ちなみにDIYの場合、コストを求める計算式は

資材費自分の労賃 + かかった日数分の生活費

となります。

自分の労賃は「自分の命1時間あたりの価値(価格) ✕ かかった時間 」で、
生活費は 家賃や健康保険料も日割りで含めたり、とにかく その間にかかった生活費すべての合計のこと。

例:古民家リノベーション

たとえば古民家カフェをはじめるために、物件探しをしているとして

修繕が必要な状態だが300万円の物件、
すぐに稼働できる状態だが500万円の物件、この2つの物件が見つかったとします。

初期費用をおさえるために300万円の物件を購入して、修繕は自分で行うことにしてみましょう。

自営業カフェの看板づくり(途中経過)の写真

・・・しかし、この選択が大損失をまねくことに★

DIYで赤字になる理由

修繕に1年かかるのなら、そのコストは「資材費 + 自分の労賃 + 12ヶ月分の生活費」で求めることができます。

もしも「自分の時間」には、1時間1500円の価値があると思っていて
1日8時間、週3日(月13日)で修繕を行ったとしたら、自分の労賃は月15万6000円になります。

生活費は がんばって月7万円で抑えたとして、修繕作業にかける13日分の生活費は約3万円

人件費は、労賃15万6000円 + 生活費3万円 = 18万6000円/月

その12ヶ月分で、総額223万2000円。

これに資材費50万円(仮)を加えた 273万2000円、これが修繕費の総額となります。

物件は300万円で購入したので、結局カフェをオープンするために500万円以上のコストが かかったことになります。

失うものは まだまだある

DIYでは大きな修繕費が かかるだけでなく、失うものが さらにあります。

まず500万円の物件を使って すぐにカフェをオープンさせた場合よりも、
オープンが1年遅れているので、スタート時点で すでに1年分の利益を逃しています。

また、金銭的な話だけではありません、
その1年間にできたはずの「お客さんとの関係性」や「口コミ評判」など、あらゆる面で損失が発生します★

(もちろん 自分で行う修繕(DIY)自体を利益に変える方法もあるので、あえて そちらを選ぶ経営者もいます)

カフェ竜ちゃん本駒込店(改装中・椅子)の写真

そんなこんなで、僕が言いたかったのは

自営業でも 自分の人件費を計算したり、機会や自分の命の時間のことを考えて
「トータルコスト」まで目を向けてあげることは、とても大切ですよ

ということでした。

特に 自分の時間・命には限りがありますし、
お金よりも もっと大切にすべき価値あるものなのかな〜 と、僕は思っています*

・ぷち余談

自営業の場合は「全体の利益」 ÷ 「労働時間」で、自分の時給がわかります。

補足1:時間は、買うことができる

やらなければならないことが多くなって忙しくなってきた時、
そのやるべきことを ちゃんと完了させるが(成果を出すが)、自分は作業をせずに 自由な時間を得る方法があります。

その方法とは「人を雇うこと」です。

たとえば5つの作業をこなさなければならず、1作業につき1日かかるとします。

稲刈りの様子の写真

通常なら全部で5日かかるのですが、日当8000円で2作業をだれかに任せたとしたら
すべての作業を完了させるのに、自分が かける時間は3日だけになります。

つまり

8000円 ✕ 2作業 の1万6000円で、2日分の「時間を購入した」と言い換えることができます。

古民家DIYの話に絡めるのなら、300万円の物件を購入して
200万円で専門業者に修繕を頼めば、時間もお金も両方節約することができます(^^)

(自分で修繕するより73万円も安上がりな上に、修繕期間も短縮され、
しかも その期間中に自分は他のアルバイトをしていれば、カフェの準備資金を増やすことまでできます☆)

また、こういったお金と時間の使い方をしていくと、事業拡大にもつながります〜

補足2:でも正解は ありません

安売り店通いやDIYで貧乏になる理由|逆に損する節約方法」の記事でも説明しましたが
実は、この解説では「自分が求めているもの」を除外して、数字だけの計算をしていました。

自分が求めているもの(優先順位が高いもの)が何なのか、
それによって どこにコストをかけるべきなのかも、人それぞれ違ってきます☆★

純粋に金銭的利益だけを求めるのか、自分でやることの楽しさや やりがいを求めるのか、
はたまたDIYの最中に起こる人との関わりを求めるのか。。。

バケツリレーで家を建てていた写真

やり方に正解なんてありませんので、自分にあった好きなものを選んだり
ワクワクする気持ちを優先してあげること、それが最良の選択だと僕は思います(^^)

ただ単純に、安上がりだ!とか、お金をかけたくない!という理由だけで、何かを選択するのであれば
今回解説したような「真のコスト」まで、1度考えてみるのもありなのかな〜 といった お話でしたとさ*

初心者にオススメの選択肢

「お金」の使い方や手に入れ方、知識、また その存在自体への理解が あまりない状態であるのなら、
「目に見える現金支出が、最も安くおさえられる手段」を選ぶことをオススメします。

隠れコストを気にして、今回の話でいう500万円の物件を購入しても、
本人がお金の理解に乏しいのなら、たぶん すぐに破綻します。

だからこそ

これだけ徒然と偉そうに語っている僕(笑)も、どちらを選択するのかは超ぉ〜慎重に考えます。

だって、お金って大事だからね!笑゛

まとめ

自営業の場合、あえて管理していなければ「自分の人件費」など、目に見えない隠れコストを忘れがちである。

隠れコストには、人件費以外にも「自分の時間(命)」や「現金支出をおさえる代わりに失う利益・機会」などがある。

たとえば古民家DIYをするなら、その真のコストは「 資材費 + 自分の労賃 + かかった日数分の生活費 (+ いろんな意味での時間) 」で求めることができ、

総合的に見ると 多少高額でも、すでに完成している物件を選んだり、
お金を払って業者に依頼した方が安上がりだったり、利益が大きくなることがある。

(DIYをせず スタートを早めれば早めるほど、得られる利益・機会・チャンスが多くなる)

また こういったお金の使いかたは「時間を買う」と、言い換えることもできる。

とは言え

この解説では「自分が求めているもの」を除外して、数字だけの計算をしていました。

自分が求めているもの(優先順位が高いもの)が何なのか、
それによって どこにコストをかけるべきなのかも、人それぞれ違ってきます。

僕個人の結論としては、ワクワクする気持ちを優先してあげること、それが最良の選択だと思う*

ただ単純に、安上がりだ!とか、お金をかけたくない!という理由だけで、何かを選択するのであれば
今回解説したような「真のコスト」まで、1度考えてみるのもあり(^^)

お金に対する理解が深まるまでは、「目に見える現金支出が、最も安くおさえられる手段」がオススメ☆

はい、以上〜
農業をはじめたので支出が増えてきたから、そのコストについて いろいろ考えてますよ日記、でした!

最後までお読みくださり ありがとうございました*
この記事が すこしでもお役に立ちましたら 嬉しいです☆