今すぐ銀行預金をやめるべき理由|お金は増やすものですよ*

無職で5年旅してきた成果が ようやく出てきました*

これから僕の資産は雪だるま式に増えていく。

お金持ちの生きかた

僕は2020年の1月、スペイン滞在中に衣類以外の すべてを盗まれるという大事件(笑)に遭って、緊急帰国したんですけど
被害総額は40万円以上にもなったので、それがキッカケで お金について本格的に勉強するようになりました。

で、勉強と実践をつづけること1年4ヶ月、お金を「稼ぐ力」と「貯める力」が身についてきて
現在は「余剰資金」を毎年確実に つくれるようになりました*

(余剰資金とは、生活費や非常時に備えて残しておくお金を差し引いた資金で「当面使う予定がないお金」のこと)

せっかく余剰資金ができたので、これをつかって投資の練習をして、
億万長者になるために必要な最後のスキル「お金を増やす力」を磨いていくことにしました(^^)

てことで、今回は!

余剰資金(貯金)のつくり方と、僕がお金持ちになるまでのプランについて〜

キューバの紙幣(通過)ペソの写真

全体の流れは

お金を稼ぐ → お金を貯める → 貯めたお金を増やす(資産を運用する)

こんな感じ☆

のちほど説明しますが、たとえば 余剰資金の100万円(月々8万3000円)を20年間、
貯金(銀行預金)しつづければ2000万円になるんですけど、上手に運用(複利で年利回り5%計算)すれば3400万円に増やすことができるんです。

金融庁の積立投資試算(月83000円×20年)
By 金融庁

年率3〜7%は「元本割れのリスクが小さい現実的な数字」なのですが、
多少のリスクをかけて 利回りの大きい運用をしていけるのなら、運用後の金額をもっともっと大きくすることができます*
(僕はビビリなので年率7%以下しか求めないっすけどね(笑))

だから 銀行預金は、すればするほど損してしまいますよ というわけ〜

・ぷち余談

金の亡者になってしまったと誤解されないよう、
お金の話をする時は いつも言うのですが、僕はお金なんて無価値だと思っています。
(だから手に入れるのも簡単)

ただ、1人でも多くの人を幸せにしてあげたくて、
その活動を加速させるのにお金を稼ぐ力や、お金自体が役に立つので 億万長者になります。

お金は「目的」ではなく、ただの「手段」なのでございます*

お金は増える

僕がお金を増やそうと思い始めたのは、
余剰資金をつくれるようになって「このお金、ただ貯金しておくだけじゃ もったいないな」と思ったからです。

銀行で貯金して( ≒ 銀行にお金を預けて運用を任せて)いても、2021年での金利は大体0.001%前後(笑)なので
100万円預けて1年後に得られる利息(銀行からの配当金)は、たったの10円にしかなりません。。。泣
しかも、そこから さらに税金まで引かれるし(爆)

時間外にATMを利用して手数料取られたら、たった1回で赤字っす★★★
(そもそも日本国債という形で国に預ければ、金利も安全性も銀行より はるかに高い(笑))

でも 自分が持っているお金って、知恵を使えば もっと効率よく増やすことができるんですよね☆

たとえば。。。

1000円で物を買って、それを100円でレンタルして 11回目以降から利益を得たり
時給1500円で人を雇って、1時間に4000円の売上を出してもらったり
あとは株や債券などを購入して、配当金をもらったり売買の差額で利益を得たり〜

こういったことをまとめて「投資」と言います(^^)

※投資とは「将来的に資本を増加させるために、現在の資本を投じる活動」のこと

お金の基礎知識はコチラ↓
お金の稼ぎ方は3通り|1日8時間も働いて月収30万円は低すぎ*

余剰資金のつくり方

そもそも僕が余剰資金をつくれるようになった理由(貯金のコツ)は

お金を「稼ぐ力」と「貯める力」の2つが身についてきたから

でございます〜

・・・と言いましても、僕は余剰資金を年間100万円くらいしか つくっていないので、
これくらいであれば「貯める力」さえ身につけることができれば、「稼ぐ力」は そこまで必要ないかもなぁ とも思います*

僕みたいに旅人生活を続けているのではなく、
サラリーマンとしてお仕事をしていれば、ちゃんと毎月お給料が入ってくるはずなので〜
(うらやましいなぁ(笑))

豚の貯金箱の写真

また この記事での「貯める力」とは、「支出を下げる(コントロール)する力」のことを示します☆

たとえば、僕は その気になれば税金と社会保険料を含めても、月々の支出を5万円ほどに下げることができます。

鬼の節約と節税。笑

(税金と社会保険料の合計が2万円弱、生活費については 実家に住まわせてもらったり、住み込みの仕事をしたりすることで3万円におさえこむ)

月々の支出を5万円に抑えることができれば、アルバイトでも充分に貯金(生活)できるようになりますよ(^^)

スポンサーリンク

補足1:貯金の鉄則

超絶シンプルですが

「収入よりも支出が小さくなりさえすれば 貯金ができる」

これが貯金をつくる絶対条件であり、唯一の仕組みです。

だからこそ「稼ぐ力」と「貯める力」が鍵になるのであります*

2つの力について まとめた記事もあって、いくつかリンクを貼っておきますので 興味がありましたら(^^)

☆お金を稼ぐ力について

コーヒー1日6杯で経営が成り立つ仕組み|賢く自営業・経費編

日本の税制度の不思議|旅人が開業すると税金・国保料が安くなる理由

☆お金を貯める力について

やるのは1つ!低給料でもお金が貯まる、お金の「使い方」

毎月の収入よりも支出を把握した方が、なぜお金持ちになりやすいのか

僕は こういったことを実践していたら、貯金が どんどん増えてきて
「このお金、貯金しておくだけじゃ もったいないな」と思ったわけでございます〜

だって、お金って増やせるんだもん。笑

お金は銀行に預けるな:金融リテラシーの基本と実践(著者:勝間和代)の写真

ちなみに現在の僕は「効率的に(あまり働かずに)お金を貯める」ことが得意なのですが、
今後も勉強と実践をつづけて「大金を稼ぐ力」も身につけていきます(^^)

3大能力☆

冒頭にも書きましたが

お金を稼ぐ → お金を貯める → 貯めたお金を増やす

という手順を踏んでいくと、お金持ちになりやすいと言われています。

この流れに沿ってお金持ちになるには「3つのスキル」が必要になります*

1、稼ぐ力

2、貯める力

3、増やす力

他にもあるっちゃあるけど、最低でも この3つを身につけなければなりません。

余談1:その差は歴然!

年間100万円貯金するのと投資にまわすのでは、どんな差が出るのか計算してみましょう*

たとえば 証券投資で、リスクを避けて年利回り5%だけで運用していく場合。。。

毎月8万3000円を積立てると

2年後の総額は 貯金なら199万2000円になりますが、運用すれば209万円
(差額9万8000円)

4年後の貯金は398万4000円、運用は440万円
(差額41万6000円)

10年後に996万円と、1288万8000円
(差額292万8000円)

そして20年後になると 貯金なら1992万0000円、運用なら3411万5794円で

その差額は1419万5794円にもなってしまうんです☆がびーん★

お金を「預金」という形で持っておくか、「株」とか「債券」という形で持っておくかの違いなのに・・・

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方(著者:高橋ダン)の写真

ちなみに投資の世界では、長期投資における 年利回り3〜7%狙うのは「元本割れのリスクが小さい現実的な数字」だと言われています。
(この利率が どこからくる数字なのかは 別の記事で、僕が何に投資するかを紹介する際に説明いたします)

多少のリスクを背負うことができるのであれば、利回り(リターン)をもっともっと大きくすることができます。

まだまだ知識が乏しいので、現時点での僕がリスクを避けるのは当然ですが
でも、たぶん今後知識や経験を積んでいったとしても、世界の経済状況が変わらない限りは7%を超える利回りを求めないかな〜

・・・リスクが大嫌いなので、その時々の安全圏からは絶対に出ないのじゃ(笑)

余談2:複利の力

「複利の力」も利かせると、増える額は年を重ねるほどに ドンドン大きくなっていきます*

複利の力は とても重要なことなので、いずれ複利についても解説したいと思っています・・・が、いつになるかわからない(笑)ので

複利について 今すぐ知りたい!という方は、ぜひぜひネットで検索してみてくださいな(^^)

そして、はい、これがお金持ちの方々が
ますますお金持ちになっていく(彼らの資産が雪だるま式に増えていく)仕組みでしたとさ☆★☆

補足2:暴落への備え

不況などにより「投資にまわしたお金の価値」が、逆に下がってしまう可能性はゼロではありません。
(だから僕は「単体企業(株式会社)」へは投資しませんし、さらに投資先を分散したりして リスクを限りなく減らしていくんですけども)

たとえリスクを完全なゼロにできなかったとしても、僕が資産を運用していくのは、投資とは関係なく

「生活に必要なお金を得る手段」を複数用意していて、かつ「心豊かに暮らすコツ」も掴んでいるから

です。

松山・道後温泉ゲストハウス |ミソスープの談話室(宿泊者と一緒にご飯)の写真

まずメインとなる収入源を事業所得にするため「自営業」をはじめて
その補足として、短期長期どちらでもできる「アルバイト」先が いくつかあります。

アルバイト先も、ファッションや嗜好品のような娯楽関係よりも、
比較的 需要が高い(仕事がなくなりにくい)農業や福祉を選んでいます(^^)

もしも自営業、アルバイトがうまくいかなくなったとしても
「正社員(年2回のボーナスが出る正規雇用)」になれる会社(コネ)もござる☆

正社員になる気はないけど↓
不況なのに正社員雇用の誘いを僕が断る理由|「安定」の言葉の裏側

また車など維持費のかかるものを一切持たない「ミニマルな生活」をしたり、
思考や感情をコントロールすることで、お金をかけずに心を豊かにすることもできます*
(ストレスにならない程度に、出費を我慢することはありますけど)

携帯電話だって無料で使えるものを持ってます↓
請求は毎月ゼロ円!基本料金なし、通話も無料の楽天モバイルの仕組み

心の話↓
人生が幸せにしかならない方法・考え方|心の仕組み

(なので 万が一、収入源がアルバイトだけになってしまっても、これまでどおりの生活を続けることができる)

両親が暮らす「実家」もございます。

そして なにより日本国籍なので、すべてがダメになってしまった時には
「社会保障(日本の国民を守る制度)」という最強の切り札があるのです!ババァ〜ン!!

スイス・インターラーケンの山頂の写真

☆自営業
★アルバイト
☆正社員
★ミニマルライフ
☆実家
★社会保障

そして 豊かな心*

これらの鉄壁でガッチガチに守りを固めているが故に、
資産運用にも安心して取り組めるというわけ〜(^^)無職の5年間で壁を築きあげました*

1つのことだけに集中して特化していけば、そこから得られるものを大きくすることはできますが
でも このやり方だと「その1つが崩れてしまったら、何も残らず すべてを失う」という大きなリスクを抱えることになるんですよね★

だから収入源も分散してリスクを減らしておくといいんじゃないかな〜 と僕は思うんです。

ちなみに こういった「安心」を得られたのは、視野や活動の範囲を広げてきたおかげですじゃ。。*

仕事を得るコツも紹介してみましたので、興味がありましたら〜↓
手に職、資格免許が一切ない僕が仕事を得ている方法|就職活動のコツ

農業バイトの魅力についてはコチラ↓
辛いのが仕事の全てじゃないよ|働くほど癒され元気になれる仕事を発見*

お金持ちになる方法

僕が今後どんなことをしていくのかについても 簡単に〜*

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!(著者:大橋弘祐・山崎元)の写真

1、非常時の生活費を計算する

2、目標を設定する

3、目標にあった投資方法を考える

4、ネット証券口座を開設して 運用開始

→窓口を利用すると とんでもない手数料を取られるので、ネット証券をつかって自分で投資していきます

5、投資と並行して、ほかにも収入源を増やしていく(新たな事業を立ち上げる)

基本的な流れは こんな感じ*

今回は 話の焦点を投資に当てておりますので、新規事業についてのお話はいたしません〜

生活費を確保しよう☆

投資にまわす資金を計算していく前に、
まずは「収入源が完全に絶たれてしまうような非常時の備え」として、半年分の生活費を確保(貯金)します。

万が一の備えとして 半年〜2年分の生活費を用意しておくとよい、と 一般的には言われています。

それくらいの期間があれば、アルバイトなりなんなり 次の仕事を見つけて、最低限の収入は確保できるようになるからです〜

非常時には、家賃の安いところに引っ越すなど 生活費を下げる工夫もしましょう*

京都和束町・宇治茶収穫アルバイト(ツナギバシェアハウスの個室)の写真

僕は非常時のために50万円貯金をのこしてあります。

50万円は少なめな設定かと思いますが、その金額にしている理由は また次回〜

目標を設定しよう☆

次に「いつまでに、いくら欲しいのか」を考えます。

それによって「リターンの大小」と「リスクの大小」、「運用期間(短期、長期、積立など)」の組み合わせを決められるようになります。

僕の投資目的は30年後の「4000万円分の老後資産を形成すること」なので、
30年間のんびりとローリターンローリスクで長期積立投資をしていきます*

(2021年時点での物価やお金の価値で計算していますので、
インフレ・デフレ等の経済状況の変化によって、形成する資産の総額も上下します)

ここまで決まれば、毎月いくら積立てていけばいいのかまで計算で求めることができるのですが、計算方法については また次回〜

ちなみに僕は、初期投資(元本)0円スタートで 毎月4万7700円ずつ積立てて、年利回り5%で運用していきます*

すると30年後の63歳になった時、「投資した金額」と「増えた金額」の合計が4000万円になり、
それ以降も その4000万円を利回り5%で運用しつづけるので、毎年(税引き前で)200万円ずつ不労収入も入りつづけます。

僕は資産運用の他にも いくつかビジネスをしていきますし、これで老後資金の問題はクリアです(^^)☆

金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法(著者:ロバート キヨサキ)の写真

・ぷちぷち余談

長期積立投資は 億万長者になるためのプランの一部であって、メインではありません。

先程も書きましたが 経済の悪化によって、逆に その資産価値が下がってしまう可能性だってありますので、
あくまで長期積立投資は「余剰資金(当分使う予定がないお金)の もっと有効的な所有の仕方」をしておこうかな〜 という程度のものです。

そもそもゴールを4000万円分の資産形成に設定していて、億万ではないですからね★

今のところは「ビジネス(商売)」をメインの収入源として、億万長者を目指そうと思っています(^^)

おまけ:僕はリスクを分散します★

貯金として残す金額が確保でき、運用スタイルも決まったので、
最後に「資金をどの投資先に、どんな割合で分散投資していくか」を考えていきます。

僕の場合は。。。

運用スタイル:長期積立て分散投資

1:投資信託 & ETF (インデックス)

2:債券

3:金(きん)

補足:不動産(半分ビジネス)

とりあえず今は このメイン3種 + 補足 の4種類で考えていて、リスクとリターンを考慮しながら それぞれに投資する割合を決めます。

これら4種も それぞれ、さらに細かいカテゴリーにわけ
分散して投資していくのですが、それはリスクを分散することが目的です*

んま〜 次回に詳しく〜

てことで、今回の説明は これくらいにしておきま〜す

つづきはコチラ↓
お金持ちになる準備|目的や目標金額によって異なるプラン

まとめ

お金を「稼ぐ力」と「貯める力」が身につき、貯金(余剰資金)が増えてきた。

でも知恵を使えば 持っているお金を増やすことができるので、
稼いだお金を銀行に預金しておくだけではもったいないなと思った。

年利回り3〜7%なら 元本割れのリスクが低い運用でも得られる、現実的な数字だと 投資の世界では言われている。
(2021年現在)

なので たとえば、1年間に約100万円ずつ 20年間積立てていくと
貯金なら2000万円にしかならないが、利回り5%で運用すれば3400万円になるので、その差は1400万円にもなってしまう。

だから僕は余剰資金を投資にまわして、老後の資産形成をすることにしました。
(ビビリなので、もちろんリスクを取らない利回り7%以下ですけどね(笑))

また僕が資産運用をはじめるにあたって、万が一の暴落の備えにしているのは
「複数の収入源」と「お金をかけずに 心豊かに暮らすコツ」で、投資先も分散していきます。

運用(長期積立て分散投資)の流れは。。。

1、非常時の生活費を確保する

2、目標を設定する

3、目標にあった投資方法を考える

4、ネット証券口座を開設して 運用開始

こんな感じでございます(^^)

僕は3番までできているので、これから証券口座をつくって
まずは投資することに慣れるべく、小額で実際に投資をしながら いろいろと試していきます☆

はい、以上〜
余剰資金が増えてきたので、それを運用にまわしてみますよ日記でした!

また時間のある時に、運用をはじめるための準備についてや、投資先の決め方なども記事にしていきますね〜

事件の詳細、ございます(苦笑)↓
1:スペイン旅行|盗難でパスポートもお金も失くなって詰んだ話

最後までお読みくださり ありがとうございました(^^)
この記事が すこしでもお役に立ちましたら 嬉しいです☆