インターネットやテレビの時間減らしただけなのに生活が楽になった話

今どき テレビや新聞などの情報を鵜呑みにしてる人なんていないと思いますので、
それらを利用しなくなった僕が「何をしたら生活が豊かになったのか」についてお話してみます〜

無駄な時間をなくしました

インターネットやテレビなどから流れてくる、
「気持ちが暗くなるだけで、何の役にも立たない情報」から離れるだけで、生きるのが めちゃくちゃ楽になりました*

世の中が物騒だとか、生きにくい時代だと感じている方は
おそらくですが インターネット配信やテレビのニュースを見るのをやめるだけで、日常が そうとう平和に感じるようになると思いますよ。

(自分とは ほぼ無関係な)ニュースなんて見ずに、もっと身近なことに目を向けてみれば。。。

天気や気温から季節を肌で感じられて、おいしい食べ物がたくさんあって、今も どこかで誰かが笑っていて
そんな素敵なことが毎日くり返されている、それが真の現実だって思い出せますから
(紛争とか厳しい環境に、強制的に置かれてしまっている場合は別ですが)

No more Internet

ちなみに僕は、ネットやテレビをやめた分の空いた時間を「生活を豊かにするための学び(心やお金について)」にあてています(^^)

たとえば こういう情報を入手するために、ネットなどを利用してます↓
国税庁のHPに金持ちになれる制度が載ってます│3千円を825万円に増やした方法
そりゃ生きるのが楽になって当たり前(笑)

てことで!

僕がネガティブ思考から脱して、心おだやかに日常をすごせるようになった方法を紹介いたします〜♪

トピックは

1、ニュースを見るのは時間の無駄

2、情報の影響力

3、楽に生きるための対処法

でございます。

※これらは すべて僕個人の主観です

デメリットしかないので(笑)

まず 僕がネットやテレビの利用時間を減らした理由ですが
冒頭にも書いたとおり、利用しても 自分にとってメリットになることがないし、むしろマイナス効果があるからです。

特にテレビ。

真面目に見てる人もいるみたいですが、
僕からしたら ニュースですらも完全にエンターテイメント番組です。

ためになる情報は 天気予報くらいなもので
あとは ほとんど「どうでもいい情報」をニュースっぽく派手に、あたかも重要なことであるかのように報道してるだけですから*

過激に報道しないと、ライバル局に視聴者をとられてしまいますので。

ニュースは、無駄!

リアルな話をすると、テレビや新聞などは「大衆を動かすために使うもの」なので
経済的なこと 環境的なこと、理由はさまざまですが 国全体を一気に動かす時にはニュースが使われます。

テレビのニュースを疑う人はいませんし、事実(情報が誇張されたり、偏った切り抜きがされていないか)を確認する人もいないからです。

だから、たとえば お金の流れを加速させたいときは「〇〇が大流行!」と流し、
逆に 人や物などの動きを止めたい時は、交通系会社に対するバッシングや、商品の原料や生産地の印象を悪くする情報を流すだけで、簡単 かつ、すぐに効果が得られます(大勢の人を簡単に操作できる)。

視聴者は とても素直なので、「テレビのニュースでやってたから」という理由だけで情報に従ってくれるんです☆

ですから「人々を1秒でも長くテレビ、あるいはパソコンの前に座らせるために試行錯誤する」これが制作側の仕事なわけです。

(スポンサー広告費も、視聴者獲得競争に大きく絡んでます)

ほんで、心理学の話になるのですが
人の脳は 刺激(ネガティブ要素)が強いほど、それを見たくなるようにできています。

だから あえてそういう情報ばかりを、
しかも大げさに話をする番組が たくさんありますよね。

見る人の不安や怒りを煽ることが、テレビの前に釘付けにする「最も簡単な方法」ですから〜

視聴率(発信者側の意図)まで考えると、ハッピーなニュースが少ない理由が見えてきちゃいますね*

テレビのニュースの写真

では 改めて冷静になってみると。。。

気になって つい見てしまう情報(ニュース)で
「生きていくために必要不可欠なもの」って何%くらいありそうですか?

あくまで僕の場合ですが「ニュースでも、1%以下」です(笑)

僕に直接の影響を与えたことがあるのって、天気予報と災害情報くらいじゃないかな?

・ぷち余談

たとえば 誰かの会見が1時間あったとして、
番組で取り上げるのは その中の数十秒で、さらに発信者の都合のいいように切り抜かれた数フレーズだけです。

情報操作もいいところ。笑

ニュースの裏側の話↓
貧乏人の正しい使い方|日本のお金持ちの稼ぎ方を紹介します

2020年追記:今年流行のアレ

2020年は例のアレの猛威で世界が大パニックになっています。

感染者で亡くなった方は、わずか半年ほどの間に1400人にもなってしまいましたからね、1日平均7人ほどが亡くなっていることになります。
大変ですよね。。。

(まぁこの数字も「死因を問わず アレに感染してから亡くなった人の死者数」であって、
「アレが原因で亡くなった人数ではない」ってところが、すごく引っ掛けだと僕は思うんですよね(笑)

アメリカでも、疾病予防管理センターが出している総死者数(ニュースで流してる数字)の6%だけが「純粋にアレが原因で亡くなった人の数」だと、疾病予防管理センターが自ら発表しているそうですよ。

・・・てことは、感染者死亡数30人とニュースで報道したとしても、アレが直接の原因だと判明してるのは「1人だけ」ってことっすね。)

※ ( )で、くくった範囲内の情報の真偽は ご自身で必ずご確認くださいませ

ところが

ガンで亡くなる方の数は「日本国内だけでも」「1日平均」1000人以上います。
これは事実です。

(もう1度言いますが アレは1日7人なので、ガンの方が143倍多いですね)

モロッコの砂漠で記念写真(白黒)

厚生労働省が2012〜16年のデータを公開していて、それによると 1年間にガンで亡くなった方の数は
1番少なかったのが2012年の36万0963人で、そこからずっと右肩上がりで増えていて2016年は37万2986人です。

全国の死因の28.5%が ガンによるものなので 3.5人に1人、1家族に1人の割合になります。

人の命を「本当に」救いたいのであれば マスクを気にするよりも、
ガン予防をして ガン検診も定期的に受けて、大切な人にも それをススメてあげる方がいいのではないでしょうか?

それから もう1つ厚生労働省が発表しているデータで
「ガン以外の死因も含めるなら倍以上になる」という結果があるので

つまり

日本人で老衰を迎えられる人は とても少なく、みんな不治の病や死と いつだって隣り合わせってことなんですよね。。。

それなのに、そういったことを意識して「今」に感謝しながら生きている人なんて ほとんどいないですし、何を今さらって感じじゃないですかね?

この「厚生労働省が発表している事実(例のアレよりも、ほかの死の方が もっと身近にあること)」を知った今でも、99%の人が「私は関係ない」と思っているはずです。

ちなみに2020年8月現在のアレによる総死者数からすると、例年の「食べ物が原因の窒息死者数」の方が多いです。

食事って、危険ですね(笑)

ハワイのローカルご飯の写真

じゃあ こんなにもアレで騒ぐようになった、
そもそもの要因(一般人の情報源)は なんなのかと言えば・・・?

「ステイホーム*」って言ってるお偉いさん達が 会食とかしてるのは、アレがなんなのか よくわかってるからこそ、なんじゃないですかね?

あ、そういう僕は もちろん感染防止に努めてますよ*

アレで亡くなっている方は 実際にいる「らしい」ですし、まだまだ未知のもの(という設定?)ですから軽視はしませんので
人混みを恐れず マスクも外そう!なんて言うつもりもございません。

お医者さん達は大変な思いをしております。

ただ

何か情報を得たら、それについて自分でも「信頼できる情報源で」調べてみたり、冷静に考えなおしてみるといいんじゃないかな〜 って話です。

厚生労働省の公式サイトでは アレがどんな菌で、どうやって感染するのか等「正しい情報」が公開されていますから
もしも、それを1人1人がしっかり読んで行動できていれば、こんなことにはならなかったんじゃないかなって、思うんですよね〜

※これは専門家ではない僕個人の「単なる感想」です

超余談ですが、厚生労働省のサイトに「空気感染は確認できていない」とも書かれています。
(マイクロ飛沫感染はするけどね)

2021年9月追記:イギリスが・・・

ワクチンはイギリス製とアメリカ製のものがあります。

2021年7月ごろには、世界各国に ある程度のワクチンが行き渡ったんですけどね。。。

イギリスでは7月19日にアレによる規制を全面解除しました★☆
お店は通常営業!イベント開催もOK!

その結果、すごい数の感染者と死者が出ています(ということになっている)。

そんな状態で2ヶ月が たった今でも、マスク着用の義務すら復活させず
アレの感染拡大前と ほぼ同じ状態で日常が送られています。
(昼間の民法ラジオでイギリス在住の人が状況説明をしていたので、情報の信用度は高い)

となると

アレは本当に危険視すべきものなのか、ちょっとわからなくなってきちゃいますよね。
(というか、イギリスの対応そのものが「本当は危険なものじゃないから、気にしなくてもいいよ」と言ってるようなものじゃない?笑)

まぁ本当に人の生命に関わるような危険なものなら、日本でもオリンピックなんてやらないかな。

あ、もう1度言いますが、ワクチンはイギリス製です。
すでに巨額のお金が流れ込んでいるはずです。

・・・いよいよ露骨に動きだしたかなぁ?

※これは僕個人の「単なる感想」です

スポンサーリンク

ネガティブ情報の影響力★

さて、「情報」についての話に戻しましょう。。。

先述のとおり、「発信者が利益を得られるよう」
人がひきつけられやすいネガティブ情報が、世の中に垂れ流し状態になっています。

それを 自分の意思で遮断したり、しっかりと管理コントロールすることがポイントです*

ここからは「情報から人が受ける影響」についてお話します。

※話が別ジャンルになるので、今回は簡単な説明だけにします

事件のニュースに限らず、人の悪口なども そうなのですが
「ネガティブな、聞いて気分が悪くなる話」は 耳にするだけでも、人の心に影響を与えます。

(ただの流し聞きで、その話題を気にとめていなくてもね)

全身黒でサングラスしてる写真

たとえば、日常で ネガティブ情報に触れる時間が多い人ほど、
自分の思考・発想もネガティブになりやすくなります。

もっとわかりやすくハッキリ言うと、
ネガティブ情報の吸収量が多い人ほど、人生が暗くなる(笑)

特に もともとネガティブ思考で、落ち込みやすい性格の人ほど、影響が大きくなりますので要注意ですぞ。

昔から「言葉には魂が宿る(言霊)」と言われてますしね〜

「じゃあそんな嫌な言葉(情報)なんて、最初から取り入れなければいいんじゃない!?」
というヒラメキが、僕がネガティブな思考から脱することに成功した要因の1つでございます☆

言霊についてはこちら↓
言霊の上手な使いかた|「言葉だけで」人の気持ちを上向きにできますよ〜

改善は簡単*

僕が余計な情報を遮断するためにやっているのは、記事のはじめにも書きましたが
「インターネットやテレビの利用時間を減らすこと」、たったコレだけです。

余計な情報を流してくるのが、主にその2つなので〜

パソコンデスクワークat Hostel Anchorageの写真

ネットやテレビを使えば、簡単に情報を手に入れられるので、とても便利なんですけどね、でもね。。。

「ネガティブな(気持ちが暗くなる)情報」も、たくさんまぎれていて
油断しているとそれらが自分のもとに、どんどん流れてきてしまうんです。

自由に利用できるものだからこそ、
しっかり自分の意志でコントロールすることが大切
ってことかな☆

基本的に僕は「自分の暮らしを豊かにするため」だけにしか、ネットを使いません。

お金を増やすためとか、暮らしに役立つ制度を利用するためとか〜

「悪意のある情報」から身を守る方法も解説してみました↓
テレビ洗脳から脱する方法|他人のウソから身を守る

補足:情報との上手な付き合いかた

先程も言いましたが「得た情報について 信頼できる情報源で調べてみたり、冷静になって考えてみること」これが大切だと僕は思います。

まわりの人やニュースが騒いでいるから・・・
ではなくて、それがどうして重要なのか、なにが問題なのか1度よく考えてみましょう。

すると「事実」が見えてきて、「そこまで気にしなくてもよい」と わかることもありますから。

それから 本当に必要な、自分の身にも関係のある情報って、
不思議と「自然に入ってくる」
ものなんですよね。

誰かの口からだったり、町かどの広告からだったり〜

だから がっついて情報(ニュース)を収拾しなくても、僕は大丈夫なんです(^^)

スポンサーリンク

余談:僕の使いかた

じゃあ僕は、ネットやテレビを何に使っているのかと言えば。。。

・気持ちが上向きになるものを見る

・生活に役立つ情報(億万長者になる方法とか)のチェック

・どんな仕事が人の役に立つのかの研究

・自分に影響がある本当に必要な情報、ニュースの検索(これは時々)

ざっくり言うとこんなところでしょうか〜

基本的に、自分にプラスになるものしか見ません☆

さらに余談:インターネット!

数年前の僕が見ていて、今は一切見るのをやめているのが。。。

炎上ブログとかYouTube、その投稿についている「批判コメント」とか★

匿名で書き込み自由なネット掲示板も読んだりしてたな〜

バイキン

芸能ゴシップや事件なども含めて、ネガティブなトピックは
つられて見たくなるように、うま〜く誘導してきますよね〜

集客のプロが、記事のタイトルをつけたり、思わずクリックしたくなる画像をチョイスしてますし★

でも、それらの情報を得て、自分の生活が豊かになったことって1度もありませんでした。

芸能人が事件起こしたから、何?笑

だから見るのをやめました〜

大事なことなので2度言います

ニュースは、必要ない(笑)

日本国内で暮らしているのであれば、
ときどき災害情報をチェックするくらいで問題ないと僕は思いますので、ネット利用で充分ですね(^^)

それ以外の、たとえば。。。
どっかの大統領が問題起こしたとか、どこどこで殺人事件が起きたみたいなニュースは、
知って得をしたことも、知らなくて損をしたこともないですからね。

ただ、余計なネガティブ情報が頭の中に入ってくるだけ★

MSRウィスパーライト(予熱時、レギュラーガソリンの炎アップ)の写真

関税が上がって、食べ物の値段が上がるかもしれないとか、
〇〇施設(会社)がミスで廃業寸前、消費者の生活にどう影響が・・・とか、

こういう話も大事そうだけど
事前に知ったところで、僕のような一般人レベルではどうしようもありません、止められません。

食べ物の値段が上がったら、食費が上がるだけ。
今まで頼っていた、とあるサービスが停止したら、別の生活スタイルに移行するだけ。

メキシコ・シポリテのビーチとベッドの写真

自分ではどうしようもないことを「やだなぁ、不安だなぁ」と、
いちいち気にしててもしょうがないし、時間もムダになっちゃいます〜

だから僕は、そういうニュースを見るのはやめました☆

まとめ

今の世の中には、たくさんの情報が溢れている。

でも普段なんとなく見ている(ニュースも含めた)情報の99%以上が、実は、知らなくても良い情報である。

制作側は「お金が絡んでいるため」情報を大げさに扱ったりするので、重要なことのように感じるトピックもありますが、
自分の生活に影響を与えることは ほとんどありませんからね〜

大変なことのように感じる「だけ」です。

しかもその中には「何の役にも立たない上に、気持ちまで暗くさせられる情報」が、まぎれ込んでいる。
・・・なんとも迷惑な(笑)

なので、(元)超絶ネガティブ思考で、まわりの言葉の影響を受けやすかった僕は
本当に必要な情報を得たい時にだけ、ネットを使うようにした。

おかげでネガティブで暗い話が、自分の中に入ってくることが圧倒的に減りました〜♪

僕はヤバいレベルでネガティブ思考です(苦笑)↓
実は僕、とってもネガティブマイナス思考で根の暗い性格なんです〜

逆にウキウキワクワクしたり笑えたり、自分が成長できるような話ばかり入れるようにしていたら
いつの間にかネガティブ思考が薄れて、ポジティブ思考まで保っていられるようになりました☆

平塚市花菜ガーデンのバラ(白)と空の写真

はい、以上〜
ネットなどからムダな情報を得ることをやめて、その浮いた分の時間を自分の生活を豊かにするために使うようにしたら、毎日をめちゃめちゃ有意義にすごせるようになりましたよ日記でした〜

誰でも簡単にできることなので、ぜひ気軽に試してみてね〜♪

いきなりそれらを遮断するのは、むしろストレスに感じてしまいそうな場合は、
まずは「閲覧する情報の、内容をかえること」ここから始めてみると良いかもしれませんね(^^)ムリをなさらず〜

自分の生活を豊かにする、こんな方法もあります〜↓
「四方良し」を考えれば簡単に幸せになれる。うしろめたい事はやめましょ〜

はい、今日もみんなに良いことが起こりますように☆
最後までお読みくださり ありがとうございました(^^)