日本一周旅行用自転車選び|女性用クロスバイクを購入しました☆

Pocket

長期自転車旅行用に女性用クロスバイクを購入しました〜

その理由と、自転車選びの際に意識したことをご紹介いたします〜

長期旅行用の自転車選び

荷物もいっぱい詰めて長距離も走れる自転車となると、ランドナーと呼ばれるタイプのもの(ツーリング自転車)が一般的です。
あ、あとマウンテンバイクをオススメしている方もいました。

ママチャリと呼ばれるシティサイクルとか、他の自転車と何が違うのか超簡単に説明すると。。。

・丈夫
(荷物を積むことも想定して作られている)

・タイヤの取り外しが楽
(パンクの修理がしやすいし、公共交通機関にも簡単に輪行できる)

・長距離乗っても疲れにくい姿勢が取れる

ってところかな。

見た目も素敵なのでランドナータイプの自転車がマジで欲しかった・・・

スポンサーリンク

丈夫な自転車に乗ってみよう!

ツーリング自転車の丈夫さについて。

特徴はフレーム、つまり自転車本体が頑丈にできています。

最近流行りの町乗り自転車(クロスバイク)なんかは、軽量であることが特徴で素材はアルミです。

それに対してツーリング車は旅行目的で乗る人もいるため、「重い荷物を積む」「町乗りでは無いような衝撃を受ける」ことを考慮して作られています。
だから自転車のフレームもクロモリと呼ばれる「鉄」を使用されたものがあり比較的丈夫。

新潟県佐渡島のキャンプ場と日本一周自転車の写真

またママチャリとかよりもタイヤが太く、より安定した走行が可能なため荷物をたくさん積む長距離旅行向け

ちなみに万が一本体がボキッと折れてしまうことがあっても、クロモリ素材なら溶接して直すことができます。

漕ぐのが楽!

ツーリング車は、ママチャリとは乗り心地(姿勢)が全然違います。

自転車の形状についてはあまり詳しくないからハッキリとした違いはわからないんだけど、主にサドルとハンドルまでの距離、サドルとハンドルの高さ、変速機(ギア)が違うんじゃないかな。

スポーツ自転車に乗ってる人の姿勢は上半身が前傾になっています。
その他のことはよくわかんないけど、まあとにかく漕ぎやすい(笑)

あと下の写真のFED ARAYA Federalみたいにハンドルがドロップバーっていう、なんかこう牛とか羊のクルクルした角みたいになってたりもする。

自転車日本一周FED ARAYA Federalの写真

ドロップハンドルの場合、主に三カ所持つところがあるため、姿勢も3パターン取れる。
文章では説明しにくいんだけど、坂道を登りやすい姿勢(ハンドルの握り方)も取れます。
長時間自転車を漕ぎ続けるチャリダーには嬉しすぎる機能☆

ちなみにランドナーはロードバイクと見た目が似てますが、タイヤの太さがまるで違います。

ロードバイクに荷物積んで旅行してる人もよく見かけるけど「よくあんな細いタイヤに荷物積むな~」っと、ちょっと心配になるくらいタイヤが細い。
ま、日本一周程度の荷物の重さなら積んでも問題無さそうだけどね!

変速機に関しては、拙者が以前乗っていたママチャリは3段階だったのに対し、日本一周用に買った自転車(クロスバイク)は24段階です、多すぎ(笑)

自転車日本一周礼文島から利尻島へフェリー移動の写真

あれ・・・ちょっと待って、買ったのはクロスバイクなの?
ランドナーが欲しかったんじゃないのって思いました?

ふふふ・・・

アルミ製クロスバイクを買いました!

記事の前半でクロモリ製の自転車ランドナーが欲しいって書いたんですけど、結局アルミ製クロスバイクを購入しました。

日本一周旅行用クロスバイクGIANTのFREEDAの写真

クロスバイクとは「舗装路向けでスピードの出るロードバイクと、未舗装道路も走れる丈夫なマウンテンバイクの中間みたいな自転車」。

ん〜簡単に言うと通勤通学など街中で、ちょっといい自転車乗りたいな♪って人向けの自転車、かな。

ママチャリよりも乗りやすくて速度の出るものがいい〜
でもロードバイクは見た目がガチンコレーサーみたいだしな〜
あとマウンテンバイクほどのゴツゴツ感(丈夫さ)はいらないんだよね〜

そんな人に今人気な自転車がクロスバイクです。

余談:クロスバイクも荷物を詰めます

ツーリング車やクロスバイクの特徴の一つとして「キャリア(荷台)を取り付けることができる」ってのがあります。

ダボ穴っていう、キャリアを取り付ける為のネジ穴が本体に開いているので、キャリアを買ってくれば取り付けることが可能です。

クロスバイクのダボ穴(後輪)の写真

ママチャリなんかは、このダボ穴が無くて長期旅行仕様にカスタマイズできなかったりする。

でね、ランドナーより丈夫さで劣るクロスバイク(しかも小さいサイズ)の耐荷重が気になっていました。

拙者の体重と荷物を合わせて70〜80kgくらいの予定です。
(体重50kg、荷物20〜30kg)

荷物はこちら↓
拙者の自転車日本一周旅行の荷物を大公開!

それを自転車屋さんに相談したら

「全然問題ありません」

とのことでした。笑

よかった(*´з`)ひと安心♪

・・・まあ世界一周じゃないからね、そんなに荷物無いしね。

スポンサーリンク

追記:フラットバーハンドルについて

拙者の自転車はハンドルが「一の字」のフラットバーなんだけど、姿勢が常に一定なのでやはり毎日100kmなんて走ると「違う姿勢を取れるドロップバーの方が楽なのかな~」なんて思うようになってきました。
手も痺れたりするし(;´_ゝ`)ビリビリ

だからもしも「デザインが気に入ってフラットバーハンドルの自転車を長距離旅行用に購入したいけど、姿勢を変えられないのはなぁ〜」なんてお悩みの方は、ブルホーンハンドル化、もしくはバーエンドバーの取り付けてみるのも一つの策として提案いたします〜

・ブルホーンバーハンドル


lug cycle アルミ ブルホーンバー
出典:Amazon

フラットバーからドロップバーへの改造は複雑なので初心者にはハードルが高いです。
でもブルホーンバーならフラットバーと付け替えて、シフター(ギア、変速機)とブレーキをそのままブルホーンバーに取り付けるだけなので、比較的簡単に交換ができます。

※ブルホーン化は拙者も検討中☆

・バーエンドバー


ERGON GP3 グリップ 2015年モデル
出典:Amazon

これはブルホーン化よりももっと簡単♪
名前の通り、フラットバーの端っこにパーツを取り付けるだけなので〜

・双方のデメリット
ブルホーンバーの縦の部分(先っちょの方)、もしくはバーエンドバーを握っている時はシフトチェンジとブレーキに指が届きません。
だから信号や曲がり角、人の通行量が多い、市街地や住宅地を走る時には(危険なので)ほとんど使えないよ!

故に!
これらの改造は、直線道路を長い時間走る(つまりシフトチェンジやブレーキを使う回数が少ない)、長距離旅行(サイクリング)向けかなと拙者は思います。

自転車日本一周北海道オロロンライン(風車)の写真

ブルホーンバーでも付け替えは難しくないので、長期旅行が終わってフラットバーに戻したくなっても簡単に〜♪

・・・あ、フラットバーでも長期旅行が無理なわけじゃないよ!
実際拙者は毎日80~120kmくらい移動してるからね。

ただ、ブルホーンハンドル(やドロップハンドル)だったらもう少し楽なのかなって思ったよって話です~

短足は苦労すんねん!

で、話を戻して。。。
ランドナーと比べて丈夫さや走行時の安定感で劣るクロスバイクを選んだ理由は。。。

「拙者の足の短さで乗れるランドナーを見つけることができなかったから」です。笑

拙者の身長は150cmちょうどです。
150cmくらいあれば基本的にランドナーには乗れるんですけどね、拙者足が短いんですよね。
足の長さだけで言えば、身長130cm相当なんじゃない?笑

自転車選びをしている当初はFED ARAYA Federalが超欲しかった・・・
新品のランドナーは価格が10万円前後する中(ピンキリだけど)、これは自転車始めたての拙者にはお手頃価格な6万円だったから(T_T)でも足が・・・

で、そんな時に登場したのがクロスバイク。

自転車日本一周道道106号線オロロンライン(稚内天塩線)のシェルターの写真

クロスバイクは女性の中でも、さらに小柄な方が乗れるサイズのものも作られているようです。

それでも拙者が購入した、小型のクロスバイクを見つけるのには苦労したんすけどね(;´_ゝ`)もふ
スポーツ自転車・ツーリング自転車を扱っているお店を7、8軒回って、この1台だけしか拙者に合うサイズが見つかりませんでした。

メーカーからお取り寄せしてもらえば他にも乗れそうなものはありそうだったんですけど、長距離旅行するしやっぱり実物を見たかったし、可能なら試乗もしたかった・・・
そういうこだわりがありましたので。

つまり。。。

地元近隣の自転車屋さんに置いてある自転車で、唯一拙者の体にあったサイズのものがクロスバイクのFREEDA・2016年モデル(メーカーGIANT(Liv))でしたよ☆ってわけです\(^o^)/

ちなみにFREEDAシリーズは見た目がお洒落だから、自転車旅行はしなくても軽い町乗りでもお洒落に乗りこなせちゃうんだぜ♪
お洒落好きな女性にもオススメです☆
※大事なことなので「お洒落」と三度言いました

素人の感想

素人の浅知恵をこれ以上聞かされてもアレ(笑)だと思いますので、ズバリ感想を。

これまでママチャリを愛用していた素人が、初めてクロスバイク自転車に乗って感じたこと。。。

・速すぎ(速度が)

・漕ぎやすい

やっぱこの二つっすね。

時速25kmくらいなら初心者でも出せるそうです。
(運動が得意な男性ならもっと出せます)

故に超危険ですので速度を上げる時は場所を十分に考慮し、初心者の方はヘルメット等防具の着用までしておくと安心です。

そんなわけで、最初はランドナーが欲しかったけどクロスバイクだって荷物は積めるし、乗り心地もデザインも良い感じなので、FREEDA・2016年モデルが超気に入ってます☆
日本一周用にこのクロスバイクを選んで良かったですよ〜っと♪

日本一周終わっても軽い町乗りで使えるし♪

はい、以上!
拙者が自転車日本一周旅行用に女性用クロスバイクを選んだ理由は短足だからでしたよ日記でした〜

ほんじゃ、日本一周楽しんできます〜
どこかで見かけたら声かけてね〜

スポンサーリンク

Pocket