日本一周完走した防水サイドバッグ|自転車旅の荷物が全ておさまりました

旅の必需品☆

僕が日本一周で使ったサイドバッグ「バックローラー・シティ(メーカー:ORTLIEB)」をご紹介いたします☆

サイドバッグとは、自転車のタイヤの横のところに取り付けるバッグのこと。
(パニアバッグとも言うのかな?)

自転車日本一周礼文島から利尻島へフェリー移動の写真

雨の日も風の日も、僕の大切な荷物を守ってくれました*

BACK-ROLLER CITY

僕はORTLIEBというメーカーの「バックローラー・シティ(ドイツ輸入)」を使っています。

BACK-ROLLER CITY!

出典:Amazon

ORTLIEBは、防水性に優れた製品(主に自転車用バッグやバックパック)を生産しているドイツの有名メーカーで、世界一周チャリダーにも人気です。

日本での普及率もハンパないです、
僕が見かけたチャリダーの ほとんどがORTLIEB社のサイドバッグを使ってました(笑)

公式HP↓
ORTLIEB(英語)

ホームページからも「中身は絶対濡れないんだぜ!」という製作者の自信が伝わってきますね。

ハンドルバーバッグで実験しちゃいました↓
防水で有名なオルトリーブ製の自転車旅行用バッグを水攻めした結果が・・・

もちろん バックローラー・シティも完全防水♪

(丁重にあつかっていた個人の感想なので、100%の防水を保証するわけではございません、さすがに(笑))

容量は20L(両サイドで計40L)と 大容量なので
日本一周旅行に必要な最低限の荷物は、この中に すべて収まると思います(^^)

シンプルで使いやすい*

バッグの中に仕切りはなく、1室のみとなっています。

ORTLIEBバックローラーシティ(中身)の写真

中に荷物を詰めたら、開口部分をクルクルと巻いて

バッグの横で留め具をカチッ!!とハメます。

ORTLIEBバックローラーシティ(サイドの留め具)の写真

そしてバッグ上部の2個のフックを自転車のリアキャリア上部に、
バッグ下部のフックをキャリア下部に引っ掛ければ・・・

ORTLIEBバックローラーシティ(キャリア装着上部)の写真

ORTLIEBバックローラーシティ(キャリア装着下部)の写真

ORTLIEBバックローラーシティ(キャリア装着・前から)の写真

はい、完成☆

とても簡単で使いやすいです*

☆耐久性☆

1、防御力について

バッグ表面のテカテカした肌触りの防水生地は、
岩等ザラザラ・ゴツゴツした物などに 擦る系のダメージには弱そうです

僕は めっちゃ狭い道を、自転車を降りずに通過しようとした時に
案の定、壁と こすってしまい2ミリくらい生地がめくれちゃった。。。

めくれてしまった部分は 接着剤で塞ぐことができましたが、
いや〜 自分の運転技術を過信してしまいましたね、気をつけます(笑)

駐輪する際 スタンドを使わずに、自転車を壁に立てかける派の人は気をつけてくださいませ*

自転車日本一周北海道の峠にての写真

※防水・耐久性を十分に発揮するのは、製品の正しい使いかたを守っていることが前提でございます

・・・乱暴にあつかわず、本来の機能範囲内の使用を心がけていれば 問題ありません(^^)

2、積載について

自転車に積む・荷物を詰めることに関しては、まったく問題なし!

バッグ上部のフックは小さなプラスチック(?)素材で 見た目は弱そうですが
、ガタガタ道を多少走ったくらいじゃ壊れませんでした。

ORTLIEBバックローラーシティ(持ち手)の写真

まぁロードバイクとかクロスバイクで、そんな道を走る人もいないと思うけど(笑)

日本一周5600kmの旅でも、ヒビ1つ入りませんでした*

ちなみに 同じところに 持ち手っぽいのも付いていますが、
僕は電子機器が多くて荷物が重いこともあり、念のため そこを持ってバッグを運ぶことは控えておきました。

ORTLIEBバックローラーシティ(キャリア装着・後ろから)の写真

・ぷち補足

BACK-ROLLER CITYには ショルダーテープのフックをかけられる部分があるので、
サイドバッグを肩にかけて持ち運ぶことができて とても便利です(^^)

フックは、バッグ横の留め具部分の輪っか?に かけられるようになっています。

こちらは丈夫そうな作りになっていたので、安心して運ぶことができました*

※肩にかけるショルダーテープは付属していなかったので、自分で用意しました

☆防水性☆

どしゃ降り大雨の中を走っても、
僕の大切な仕事道具(パソコンなどの電子機器)たちは無傷でした。

自転車日本一周雨の日の写真

世界一周チャリダー達にも使われているというだけあって、
そこはもう さすがとしか言えません!

大変満足です(^^)*

「信用の高さ」が選んだ理由

自転車で世界一周完走した友達が BACK-ROLLER CITYを実際に使ってて、オススメしてくれたので☆

ネットの口コミを見ても評価が高いですし〜

自転車旅行中に、僕が見かけた ほとんどのチャリダーがORTLIEB社のサイドバッグを使ってました(^^)

北海道の田んぼと日本一周自転車の写真

ちなみにORTLIEB社は サイドバッグを数種類生産していますが、
その中でもBACK-ROLLER CITYを選んだ理由は、その「安さ」「デザイン(カラー)」です。

BACK-ROLLER CITYより高価な、同社の他製品と機能的に違いそうなのは。。。

・他の製品は開口部をクルクルと巻いて閉じた後に、さらにバッグ上部の留め具でしっかりと固定(封)できる

・BACK-ROLLER CITYには、肩にかけるためのショルダーテープが付属していない

それくらいのことしか わからない(笑)

まとめ

ORTLIEB社の製品は、特に防水性に優れているのでチャリダーに人気☆

バックローラー・シティの機能は「開閉が簡単」「1室のみ」「防水」と、
めちゃくちゃシンプルであるが故に 使いやすかった。

ザラザラしたコンクリートや岩肌との擦れには弱そうなので、そこは気をつけてました。

40Lの大容量。

フックをかけられる輪っかが付いているので、
ショルダーテープを用意すれば肩にかけての持ち運びができるので、とても便利*

実際に日本一周を完走した結果、(自分の過信により(笑))傷がついてしまいましたが
その他の不具合はなく、大切な電子機器たちを 水から完璧に守ってくれたので

総評:大変満足

です(^^)☆

僕がBACK-ROLLER CITYと併用してるリアキャリアはこちら↓
クロスバイクで日本一周│使った荷台と取り付け方を紹介します*

荷物もまとめてみました↓
自転車日本一周の荷物を1000日以上旅人やってる僕が選ぶ!

※僕は個人的な仕事用の荷物や 趣味の珈琲豆挽きセットなど、
旅には関係ないものをたくさん積んでいたので、サイドバッグだけでは収まり切りませんでした

はい、以上〜
僕が自転車日本一周で使っているサイドバッグ、BACK-ROLLER CITY(メーカー:ORTLIEB from ドイツ)の使い心地についてでした!

今回紹介したものはこちら↓

最後までお読みくださり ありがとうございました(^^)
この記事が すこしでもお役に立ちましたら 嬉しいです☆

それでは皆さん、よいサイクリングを〜☆