言葉の力を使いこなそう!人は言霊で成長できるんだぜ!

Pocket

言霊をハッタリと組み合わせたちょっと特殊な言葉の使い方。
言霊を使いこなせば人は実力以上の力だって引き出せちゃいます。

拙者が自分の成長速度を上げるために使ってる秘技を伝授するぜ!

言霊

言霊ってのは・・・
口から発したその言葉が人に(自分にも他人にも)影響を与える、この「言葉自体が持つ力」のことを示す。

本来の意味だと、言葉の影響で神がかった現象が起こった場合に使うみたいなんだけど、この記事ではわかりやすくするためにもう少し身近な出来事に「言霊」という言葉を当てはめて使います。

例えば。。。
試合や試験など何かに挑戦する時に、周りの人から応援メッセージをもらうと力が湧いてきたり気持ちを落ち着かせることが出来るよね。

「応援メッセージ」は口から発せられることで言霊となり、「聞いた人に影響を与える力」を得たわけなのじゃ。

言霊で限界を超えてみよう!

言霊をうまく利用すると実力以上の結果まで出せちゃいます。

ケース1

いち!

言霊を自分に使う場合

例えば。。。
実際に持っている能力(実力)よりも大きく見積もって、本当なら達成できないことを「達成できる」と言い切ったとする。

すると何が起こるか。
実力的には85%の達成度にしかならないはずが、言霊の力で不足した15%を埋めて100%!みたいな。

それが起こる原理は、まあ奇跡(笑)なんだけど、拙者なりの解説をします。

人前で断言したことでプレッシャーがかかったり、「発言したこと」が自分を信じ始めるキッカケになり気持ちが前向きになったりして、練習や勉強の段階でしっかり努力し、本番でも集中力が高まるようになるんよね。
だから良い結果が出る。

そしてこの現象を利用して、自分を成長させることもできる。

実現したいことや、なりたい自分とか、そういう理想を自分なら達成できると「あえて」人前で(独り言でもいいんだけど)言葉として発してしまうんさ。

この後どうなるかは、説明した通りです〜

※独り言でもいい理由は、独り言が「潜在意識」に影響を与えるからなんだけど、それに関しては記事後半で解説します

ケース2

に!

言霊を他人に使う場合

これは役割的にはさっきの「応援メッセージ」と同じかな。

誰かに応援されると力が湧いてくるものだよね。

ほんで、ここで相手の力を大きく見積もって応援してあげると、その人が実力以上の力を出し始めるんよ。
相手がその気になって「自分を信じ始めれば」の話ね。

余談だけど、この記事で説明してる言霊の使い方をする場合「人の力を実状よりも大きく見積もる」って点で言えば「ハッタリ」みたいな感じかな~

スポンサーリンク

~言霊の使い方~

言霊を使う条件1

いち!

「失敗を恐れないこと」

失敗を恐れると、まず人前で大きなこと(夢とか)を言えなくなる。
達成できなかった時にバカにされて笑われるんじゃないかと・・・

でもそんなの気にすることないよ、挑戦中の失敗ってのは超カッコイイんだぜ!
それを見て笑うような人は人間的なアレがちょっとアレ(笑)だから、無視でOK!

それにたとえ失敗しても挑戦した分、自分は成長できてるんだから良い収穫があったことを喜びませうー\(^o^)/挑戦前の自分よりも確実に大きくなってるよ☆

言霊を使う条件2

に!

「信じること」

こういう言霊の使い方で人を成長させるには、たとえ言霊の内容が実力以上の結果を示すハッタリみたいなものでも「達成できる」と信じる必要がある。
つまり「その人自身を信じる」ってこと。

「「疑い」があればあるだけ、言霊の効果は小さくなっていく」よ。

信じる力で成長するのじゃ!

適度な予測と話し方が大事だぜ!

自分でも他人でも、言霊で成長させたい人がどんな人物であるかを考慮して、どこまでなら現実味のある内容なのかをよく考えよう。
いくら力を引き上げたいからって、話を盛り過ぎると「なに夢物語語ってるんじゃい」ってなっちゃうから。

超上から目線みたいになるけど「この人ならここまでは出来るだろう」っていう現実的なところまでにしとくのが無難やね。
ていうか、言霊を説いてる自分すらその内容を信じてあげられないようなら、誰かに話してる内に「無理してんな」と見抜かれます、絶対。

真顔でハッタリ(キューバ)の写真

てことで、自分に対してだけでなく他人に対して使う時でも、まずは言霊(ハッタリ)を使う本人が言霊の内容を信じ込まなきゃいかんのですじゃ。

さっきも言ったけど「疑い」があればあるだけ、言霊の効果は小さくなっていくからね。
そういう意味でも話を盛るなら「現実的なところまで」っす。

要は「演技」じゃダメってこと。
自分も本気でハッタリを信じて、そしてそれを相手にも信じ込ませるのが大事。

つまり・・・

ハッタリから始まったはずのそれは、この時点でもう「ハッタリじゃなくなって、確信に変わってる」んだよね。あれま〜驚き!

(ちなみに拙者は自分に対して言霊を使う時、自分の力を超ぉ〜大きく見積もって言霊を使ってます。自分の場合その方が成長スピードが速くなるので。)

スポンサーリンク

余談:どうやってハッタリを信じるの?

拙者個人の話だけど「達成出来る」と心の底から信じ込むには、「達成出来る」と繰り返し言葉にするのが一番効果的。

頭の中で唱えてもいいし独り言を言ってもいい。
人前で「断言」するのはもっといい。

真顔でハッタリ(キューバ)の写真

不思議なもんでこれを繰り返していると、気づいたら全く疑わなくなってるんですよね〜

まだ読者には説明していない言葉を使っちゃうけど、自分の芯にある「潜在意識」ってのが(たとえ独り言でも)言霊を使う以前のものとは別物に進化しているからなんですね〜

「潜在意識」は、人間の深〜いところにあるとても重要な「意識や考え」のこと、かな。
拙者達がどんな人間であるかを形作るための要素(つまり性格の素)になったり、どんな生き方をしていくか等、物事を決める際にその選択に影響を与えていたり。

ごめんね、話がややこしくなってきちゃったね。
潜在意識の正体については、気が向いたら記事にするね。

とにかく!
言葉(願望)を繰り返すことでハッタリを「確信」に変えてしまう〜のだ〜

まとめ:言霊を使いこなそう!

「言霊」という言葉があるように、言葉には人に影響を与える力が宿っている。

この「言霊」を「ハッタリ」と組み合わせることで、実力以上の力を引き出したり成長速度を速めることができる。

この時、大切なのは「言霊(ハッタリ)の内容を信じること」。
信じ込むには「たとえ今の実力では不可能なことでも、自分には達成出来る」というのを繰り返し言葉にするのが効果的。

するとハッタリはいつしか確信に変わり、最後に真実となる。

以上!
拙者が自分の成長速度を上げてる秘技「ハッタリ言霊」の解説でした〜
たぶんだけど、一流アスリートにもこれに似たことをやってる人がいると思う。

ついでに言葉絡みってことで、マインドコントロールする方法を解説した記事も載せとく↓
「今日寒いね」は自分と友達を不幸せにする!言葉選びの大切さ☆

こういう記事もあるよ↓
夢の実現に挑戦するなら身を置く環境選びは大切なんだぜ!

よかったら読者のみんなも試してみてね〜☆
・・・でもやりすぎてただの「Big Mouth」と呼ばれないように気をつけてちょ(笑)

そーいえば、日本人って言葉使いをとても意識するし、同じ一つの言葉にもいろんな意味を持たせることができるし、さらには昔からいろんな言葉遊びもあるし、元々言葉を大切にする民族なのかもね〜

だから言霊をより効果的に発揮できる民族でもあるんじゃないかな。

スポンサーリンク

Pocket