人形島への行き方|メキシコの世界遺産ソチミルコの運河で遊覧船に乗ろう!

Pocket

メキシコシティのウルトラ田舎な風景の中〜

運河を走る遊覧船で、まったり流れて向かう先は〜



世にも不気味な人形島

ソチミルコ人形島小屋の写真

恐すぎ。

世界文化遺産Xochimilco

メキシコシティ中心部から電車、もしくは電車とバスを繋いで1時間半くらいで行ける「ソチミルコ地区」日帰り観光リポートです〜

この地区はメキシコの伝統(アステカ以降の文化)が残る地区として、世界文化遺産に登録されています。
・・・と言っても、正直どのあたりが世界遺産とされているのか、いまいちわからなかったんだけど(笑)

僕はソチミルコを流れる運河の、遊覧船観光ツアー(人形島行)に参加してきました

ツアーではソチミルコの運河(水路)の周りに住む人々の生活や、畑作地区ののどかな景色を眺めて楽しむことができます(^^)

もしかしたらその運河と、それを巡るトラヒネラ(小舟)が行き交う風景も世界遺産の一部なのかも。

ソチミルコ・人形島への行き方

メキシコシティを走る地下鉄2番線の終点Tasquena駅まで行きます。

そこから路面電車(5ペソ)、もしくはローカルバス(6ペソ)に乗り換えます。

路面電車の場合はXochimilco駅(終点)まで乗ってください。
駅から運河の舟乗り場までは歩いて行けます〜

舟乗り場はGoogle mapで「Pier Fernando Celada」で検索すれば出てくるからチェックしてみてね!

ローカルバスならTasquena駅にあるバスターミナルの、M乗り場からXochimilco行きが出てます。

ソチミルコ行きバス停の写真

バスはEmbarcadero Fernando Celada前を通るので、そこで降りてください。

これ舟乗り場ね↓

ソチミルコ人形島船乗り場の写真

この遊覧船ツアーですが1時間350ペソという決まりがあり、2時間コース、3時間コース、4時間コースがある。
コースごとに行ける目的地が異なります。

人形島へは往復4時間弱かかるので通常1400ペソかかります。
(最大14人乗りの舟を一隻チャーターなので、大人数で行く方が一人当たりが安くなるよ)

あと、人形島上陸の際にも一人30ペソ入場料を支払いました。

こんな感じのかわいらしい小舟に乗っちゃいます〜♪

ソチミルコ大量の遊覧船の写真

余談:ツアーに当たりハズレあり

僕たちは特に問題なく島に上陸出来たし、好きなだけ島で滞在させてもらえました。
また島にまつわるショートストーリーも、島にいたガイドさんに聞かせてもらうことが出来ました。

でも人によっては、人形島には10分しか上陸させてもらえなかったり、レプリカの島に連れていかれたり・・・

別の日に行った友達なんか、人形島手前まで行ったのに「このシーズンは整備のため島に上がれない」と言われて上陸すらさせてもらえていませんでした。
(ちなみにその人はスペイン語が話せた)

ツアーがどんな風になるかは、もう運と船頭の気分次第のようです。苦笑

遊覧船を楽しもう!

ソチミルコ運河(人形島)ツアーでは、この遊覧船に乗っている時間こそが一番楽しむべきポイントだと、個人的には思います〜

他の舟の乗客達は基本的にビールをケースで用意してたし、スピーカーまで用意して爆音で音楽かけて遊覧船パーティしてる人達も見かけました☆
おつまみとお酒を用意しておくことをオススメいたします〜

片道1時間半以上、往復で4時間弱もかかりますからね〜

故に、一緒に行くメンバーは絶対大事。

ソチミルコの遊覧船の写真

ツアー途中で数カ所休憩所やトイレ島(笑)があるから、船頭にお願いすれば停めてもらうことができるのでトイレについては心配ご無用。

ほんじゃ、まったり遊覧船観光スタ~ト~なりなり~

もう一度、船乗り場の写真を載せますが。。。
これの一番手前の舟に乗せられたんですけど、どうやって大量の舟の群れを抜けたと思います?

ソチミルコ大量の遊覧船の写真



正解は

パワープレイです。笑

ソチミルコ遊覧船をどかす船頭の写真

船頭さんが一隻一隻、手で押して強引に切り抜けるのだ!

それなら一番出やすい舟まで各舟の上を歩いて渡って行った方が速いし、船頭さんも楽なんじゃないかと思ったのだが・・・
ま、お客の僕は座ってるだけだからいいんですけどね。笑

ちなみに舟乗り場にいたうさんくさい客引きのおじ様によると、船頭さんはマフィアの管轄下(笑)だそうなので、怒らせないようにお気を付けください。

生活感あふれる運河

最初はこんな感じの、おもっきし民家の中をすすんでゆくよ~どんぶらこ~

ソチミルコの運河は生活感出しの写真

庭に座ってるおばちゃんがいたり、舟で物を売りに来てるおばちゃんがいたり・・・

ソチミルコの生活感を楽しめる素敵な水路です〜☆

ソチミルコの生活水上屋台の写真

こちらは川をまたぐために両岸を往復してる舟~

ソチミルコの運河岸渡しの写真

川を渡る際には、ロープを引っ張って舟を動かしてくれるお兄さんにチップを渡すようです。

これは水位を調整する門。

ソチミルコ運河の水位調整門の写真

この門の手前と奥では水位が1m弱違うため、ここで水位の調整を行います。

まずは1度、2枚ある門の間に舟を入れて門を閉じます。

ソチミルコの運河水位調整イラスト

次に進行方向の門だけ開けると、自然に進行方向側の水位と合うわけなのだ。
(水が抜ける、もしくは水が流れ込む)

下の写真では進行方向側の水位が高いから、門を開くと向こう側の水が少しずつこちらに流れ込んできます。

ソチミルコ運河の水位調整の写真

世界のどこかに、こういう水位を調整する門で有名なのがあった気がする。
どこだったかな・・・

スポンサーリンク

最強に、のどか。

しばらくすると住宅地を抜けて、畑作地区に入ります。

畑作してるおじちゃんおばちゃんがいたり、牛がいたり。

ソチミルコの運河田舎の風景牛の写真

いや~これまた実に



眠くなる。

平和すぎ。

ソチミルコの運河田舎の風景の写真

途中でウーパールーパーの写真が写ってる看板(布製)を見かけたんだけど、養殖でもしてんのかな。

この時が「ウーパールーパー」という単語を実に5年以上ぶり発した瞬間であった。

水上マーケットじゃないけど・・・

この運河では食べ物や飲み物を売っている屋台舟に時々すれ違います。

ソチミルコの運河水上屋台の写真

売ってる物は舟によるよ!
お菓子や果物、タコスにビールなど~

友達が屋台で買ったこれってメキシコ流レッドアイなのかな?

メキシコ流レッドアイ?の写真

トマトソースっぽいのとビールを混ぜると、不味そうな泡(笑)がボッコボッコ溢れてきます。

まさに地獄の飲み物!

Hell’s drink!

味は可もなく不可もなく。

Hell’s drink!

さて、そんなこんなでメキシコの田舎な風景の中、遊覧船観光をまったりと楽しんでいるとね、忘れた頃にやってくる



ソチミルコ人形島首吊り人形の写真

人形島。

ぎゃひぃぃいいいいいぃぃい

遊覧船観光4時間は飽きるので、中間に人形島でワンクッション入れるといい感じ、みたいな。笑

長くなったので、世にも奇妙な人形島上陸リポートはまた次の記事で。

本当は恐くない人形島の真実|メキシコシティ最恐観光スポットに行ってみた

果たして、この不気味な人形島にまつわる伝説とは一体・・・!?

Hell’s Flash!

軽くまとめ

ソチミルコ地区へは、メキシコシティ中心部から電車、もしくは電車とバスを繋いで1時間半くらいで行ける。

遊覧船ツアーは1時間350ペソで、2時間コース、3時間コース、4時間コースがある。
コースごとに行ける目的地が異なる。

人形島へは往復4時間弱かかるので通常1400ペソ。

ツアーは本来、遊覧船で運河を巡ること(ソチミルコの水路周辺の生活や、景色を眺めて楽しむこと)が一番の目的なので、人形島へ行く方も、そのつもりで飲み物や食べ物などを準備しておくと良い。

それでは皆さん!
のんびりまったり恐怖の人形島ツアーを楽しんできてくださいませ〜

ここも良かったですよ〜↓
未来に先駆け!?メキシコシティの超かっこいい図書館!

関連記事(一部広告含む)



Pocket