3:無一文でスペイン満喫録・・・え?1ユーロも持ってませんけど、何か?笑

現金ゼロ!クレジットカードなし!パスポートなし!
あるのは充電器のないiPodと衣類のみ!笑

今回は3話目でございまして、1・2話目はこちらで読めまする~↓
スペインで無一文旅行録

究極の2択!

さてさて、盗難により無一文になってしまった僕に残された選択肢はと言いますと

1、スペインにある日本大使館(領事館)でパスポートを新たに取得し、日本にいる家族から新しいクレジットカードを送ってもらい、旅をつづける

2、領事館で「帰国のための渡航書」を発行してもらい、早急に日本へ帰国

この2択。

ん~ やっぱり帰国ですよね!笑

スペインは楽しいけど 状況が状況だけに、今すぐ体制を整えて長期旅を継続するぞー!なんて気分には、さすがになりませんでした。

日本からクレジットカードを送ってもらえるとしても1枚だけでしたし、
もしそれが何らかのトラブルで停まってしまったら、また身動き取れなくなってしまいますからね;

・超大事な補足

無一文になってからの滞在費は、彼女にすべて建て替えてもらっていました*

宇宙一の彼女さんです☆

スポンサーリンク

やるべきことは・・・

そうと決まれば、やることは2つ!

1、帰国するために必要な手続きをすること

2、帰国までの間、スペイン旅行を満喫すること(笑)

です!

やはり最優先なのは帰国のための手続きなので、まず何をすべきなのか「外務省:海外安全ホームページ」で確認しました。

どうやら必要なものを数点揃えて、日本大使館(領事館)に行かなければならないらしい。

大使館があるのは、事件が起きたセビーリャからバスで7時間ほどの北に位置する、首都マドリード。

けども、事件が発生したのは金曜日の午後なので、マドリードへ急行しても 土日で大使館はお休み。。。

てことで、土日はセビーリャを満喫しちゃいますよー!!
おいしいお酒とおいしいお料理~♪♪ きゃほーい☆

スペイン・マラガの海鮮バルでビール♪の写真

(満喫させてくださるのは彼女様ですけどね!恥)

Sevilla♪♪

セビーリャにはお洒落なカフェやバーがたくさんあるのですが、マドリードなど都会の中心に比べると安いお値段で、食べたり飲んだりを楽しむことができました♪

スペイン・マラガの町並み(レストラン)の写真

テレビや雑誌などで1度は見たことがあるかもですが、お店の前の道沿いにも机や椅子が並んでいます*

なので 気軽に立ち寄って、グラス一杯のビール(150円くらい)やワイン(250円くらい)とおつまみ(もちろん生ハムもあるよ!)を楽しんで、次へ~♪ みたいな遊び方ができます(^^)

メヌード(Menudo)という、スペイン風もつ煮もメチャクチャおいしかったなぁ☆
ビールが進むのなんのって!!

スペインのバルにてモツ煮とビール♪の写真

まるで映画のワンシーンを切り取ったかのようなお洒落な街並みの中で、ビールとおいしい料理をお洒落に楽しむ。。。

いや~ 極上のひと時、たまりませんなぁ。。*

あとチョコラテとチュロスのセットも良かった~☆

スペインに来る前に住んでいたメキシコのチョコラテは、「飲み物(ココアみたいな)」って感じだったんですけど
スペインのチョコラテは全然ちがって、トロットロで濃ぉ~いチョコソースみたいのがマグカップで出てきました*

その濃厚チョコラテに、チュロスをつけて食べるのがスペイン流♪

スペインのカフェにてチュロスとチョコラテのセットの写真

ちなみに「チュレリア(Churreria)」というチュロス屋さんがアチコチにあって、メニューにチュロスとチョコラテのセットがあるのをよく見かけました(^^)めっちゃ美味しいからね♪

ん~ もうホンッット! スペイン好き!!笑

・・・食べ物の話ばっかだなぁ(笑)
まぁ実際食べて飲んでばっかしてたか*

遊んでる場合じゃなかった(笑)

土日はセビーリャを満喫した僕らでしたが、忘れてはいけません!
私は無一文なんです、大ピンチなんです(笑)

真の目的地、マドリードの日本大使館へ行かねば!

てことで、月曜の早朝のバスでマドリードへ向かいました。

セビーリャを早朝に出発すると、その日の14時半ごろにマドリードに到着したので、
バスターミナルから地下鉄を乗り継いで そのまま大使館へ直行~

着いたその日に大使館へ直行したのには理由がありまして、、、
1秒でも早く安心したかったんですよね。

長いこと旅人をやってるので、海外でのトラブルにも多少の免疫?は付いていると自分では思いますけど、
でも言葉も通じない国で無一文で さらに身分証も無いとなると、さすがに不安な気持ちもあったんです★
・・・当たり前だ!笑

寒~い真冬という季節感も、なんとなく心細さを引き立たせてくれちゃいましたし。

スペイン・マドリードの教会(シルエット)の写真

ちなみにスペインの地下鉄もスリで超ぉ~有名だし、
(10年以上前だけど)実際僕もスペインの地下鉄でスリに絡まれたことがあったので、乗る直前はソワソワしていました・・・
でも時間帯もあってか、混んでなかったのでちょっと安心*

まぁ盗られると言っても、もう衣類くらいしか残ってないんですけども(笑)

落ち着ける場所*

はい、ようやく着きましたー!在スペイン日本国大使館!!

大使館の建物を囲んだ塀の一角が入口になっておりまして、インターホンを押すとドアを開けてくださるのですが、
まずはドアを入ってすぐの小部屋で、スペイン人の守衛さんが危険物の持ち込みがないか荷物のチェックをします。

荷物チェックが済めば、いざ、入館!!



わぁ~日本語のポスターが貼ってある~
待合室で日本のテレビ見れる~ あったかぁ~い*

ものっっっすごい!! 安心感!!!!!
まだ帰国してないけど、もう帰ってきた気分(笑)

・・・いやいや!まだですよ!これは雰囲気だけですから!!

ホントに帰りたいんです、家に!
寝たいんです、僕のベッドで!!

受付窓口で事情を説明すると 個室に案内してくださったので、ふかふかのソファーに座って 詳しく状況を説明しました。

大使館の職員がとても丁寧に対応してくださったので、これまた安心感大*

だ!が!! しかぁ~し!!!

安心したのも束の間、ようやく頼みの綱である大使館に辿りついた矢先、
スペインを出る(帰国する)ために、僕が揃えなければならない書類を知らされて、驚愕する。

「6か月以内に発行された戸籍謄本、または抄本」

・・・うん。

持ってねぇよ!!!笑

えーと、なになに?
戸籍謄抄本は、本籍地のある市町村区の役所にて発行が可能、か。

・・・。

行けねぇよ!!!爆

果たして、追い込まれまくりな僕の運命はいかに!?

つづく。

つづきはコチラ↓
4:海外にてパスポートの再発行に必要な書類が、日本でしか入手できないという無理ゲーだった話4:海外にてパスポートの再発行に必要な書類が、日本でしか入手できないという無理ゲーだった話

最後までお読みくださり ありがとうございました(^^)
今日が皆さんにとって よき日となりますように*

関連記事(一部広告含む)