後悔しないための手動コーヒーミルの選び方|安定のカリタ製品

使いやすい、KH-5!

一言でコーヒーミルと言っても、形は さまざまです。

ほんで、いくつかの手動ミルを使ってみて、思ったことがあるんですけどね

それは。。。

粗挽き細挽きなどの調整加減とか、見た目のオシャレさとか
ミルには それぞれ個性があって、おもしろいけれど

持ちやすいとか固定しやすいといったような
「豆の挽きやすさ」が、何よりも大事である!

てこと〜

メキシコ・サンクリストバル|Cafe 心笑(ハンドドリップ)の写真

そういうわけで、今回は!

いくつか試した結果気づいた コーヒーミル選びのポイントと、
僕が日常使いしているオススメのミルを紹介してみたいと思いま〜す

カリタのKH-5です(^^)

ミルを選んでみよう*

僕がミル選びの際に意識したポイントは

1:手持ちができる

2:持ちやすい(握りやすくて挽きやすい)

3:フタができる(豆が飛び散らない)

この3点〜

どこでも挽けるから*

まず手動ミルには、手持ちができるものと 置いて使うものとがあります。

で、僕は手持ちタイプを使っています〜

当たり前ですが、置いて使うタイプだと台が必要なってしまうんですよね。

物によっては、ガッチリ押さえつけて固定する必要があるものあります。

Eちゃんのおいしいコーヒーの写真

それに比べて手持ちタイプなら、いつでもどこでも豆を挽くことができます*

だから僕は手持ちタイプを選びました(^^)

これ、超大事。

手持ちタイプを選んだら、次に気になるのが「ミルの持ちやすさ・握りやすさ」です。

たとえば 僕は日常用以外にアウトドア用ミルも持っていて、それは凹凸のない筒型になっています。

Homdox手動コーヒーミル(アウトドアにて)の写真

これは持ち運びやすさを優先したデザインなので、正直に言うと けっこう挽きにくいです。

ミルで豆を挽くには、刃を回転させるためのレバーをクルクルと回していくんですけどね、
その際に本体も一緒に回転してしまっては意味がないので、しっかりと握っておさえる必要があります。

その作業が、凹凸のないタイプとか握りにくい形状のミルだと、手が滑ってしまい やりづらかったりするわけです★

メキシコ・サンクリストバル|Cafe 心笑 (ハンドドリップコーヒーとミル)の写真

大げさに言っているわけではなく、実際に やってみれば共感していただけると思いますが
浅煎りの硬い豆を挽くときなんかは、特に苦戦するはずです。苦笑

(僕は、ツルッと滑ってミルを落としちゃうことが何度かありました(笑))

だから 僕は豆を挽きやすいように、
手で持ちやすい、しっかりと握れそうなデザインのものを選びました。

フタが ないと・・・

僕の友達は、豆を投入する部分にフタがないミルを使っているのですが
それだと豆を挽いている最中に、砕けて弾けた豆が飛び散るそうです。

飛び散る度合いが、どれくらいなのかまでは聞かなかったんですけど
とりあえずKH-5にはフタがあるので、そのへんの心配はいりません(^^)

スライドで開閉するタイプです↓

カリタのコーヒーミルKH-5(蓋)の写真

フタが少し固くなっているので、一度閉じれば
豆を挽いてる時に勝手に開かないようになっています。

・追記

僕が持っているものは、購入から数ヶ月したらフタが緩くなって、
豆を挽いている時にフタが開くようになってしまいました★

なので、現在はフタ部分を指で押さえながら挽いています。
(特に問題なし)

説明するよ!

こういったことを考慮した結果、僕はカリタのKH-5に落ち着きました(^^)
もう長年愛用しています☆

てことで ここからはKH-5の豆の挽き具合や、本体について簡単に紹介してみま〜す

滑らない話。

こちらが本体でございます↓

カリタのコーヒーミルKH-5の写真

側面に凹凸がついています。

故に 、ツルツルタイプのミルよりも、かなぁ〜り握りやすい!挽きやすい!

サイズ感はこんな感じ↓

カリタのコーヒーミルKH-5(ペットボトルでサイズ比較)の写真

家庭用ミルの中でなら大きくもなく小さくもない、まぁ普通サイズかな?笑

粗挽き〜細挽き、できます

挽き具合(砕くサイズ?)は、本体上部のネジで調節することができます♪

カリタのコーヒーミルKH-5(調整ネジ)の写真

ネジをゆるめると粗挽き

カリタのコーヒーミルKH-5(超粗びき)の写真

ここまで粗くする人は あまりいないですかね?

ネジを締めるほど細かくなっていきます。

中挽き〜

カリタのコーヒーミルKH-5(中びき)の写真

けっこうムラなく挽けてますね〜☆

さらに締めると細挽き

カリタのコーヒーミルKH-5(細びき)の写真

かなり細かいところまで挽けるので、
直火式エスプレッソにも使えるかもしれないですね*

こんな感じで粗挽きから細挽きまで、幅広い範囲で自由に調整することができます。

補足:これも必要です〜

コーヒーを自分で淹れる場合は、
挽いた豆にお湯を通すためのドリッパー(フィルター)が必要になります。

ペーパーや布フィルターを長年使ってきましたが
僕は最近、ステンレスドリッパーを使うようになりました。

RIVERS(リバーズ・STUNSCAPE)マイクロコーヒードリッパー2(箱つき)の写真

ステンレスドリッパーの使い心地を紹介した記事もあるので
興味がありましたら、よかったら(^^)

ペーパーレスでおしゃれな珈琲ドリッパー|ステンレスで使いやすいです*

まとめ

いくつかの手動ミルを使ってみて、僕が個人的に思ったのは

ミルを選ぶ際には、持ちやすいとか固定しやすいといったような
「豆の挽きやすさ」を考慮することが、何よりも大事である!

ということ。

ポイントは

1:手持ちができる

2:持ちやすい(握りやすくて挽きやすい)

3:フタができる(豆が飛び散らない)

これらをすべてカバーしてくれるのが、カリタのKH-5で僕は長年使いつづけています(^^)

また、ネジを回すだけで粗挽き〜細挽きまで幅広く、簡単に調整することもできて便利です☆

はい、以上!
僕が愛用している手動コーヒーミル:KH-5がとても使いやすいので、紹介してみましたよ日記でした〜

豆を自分で挽くところから淹れてみると、本当においしく感じられるので ぜひトライしてみてね♪

借りたの公式HPはコチラ↓
Kalita

この記事で紹介したものはコチラ↓

おまけ:おいしい淹れ方がわかる本☆

私も豆を挽くところからやってみたい!という、初心者の方にオススメなのが「コーヒーの絵本」☆

コーヒーの絵本と紅茶の絵本の写真

内容は。。。

そもそもコーヒー豆ってなんなの?といった基礎的な お話から
コーヒーの淹れ方(各種ドリッパーの特徴、お湯の温度やお湯を通す早さで変わる風味まで)など、中・上級レベルのことまで書かれています。

とても濃〜い内容を、わかりやすい絵とわかりやすい言葉で短く説明してくれています(^^)

マジで驚くほどわかりやすいので、初心者の方には もちろん、
今まで自分でドリップしていたけど、淹れ方のレパートリーを増やしてみたい♪という中級の方にもオススメしたい本です〜

本について、もうすこし詳しく書いた記事もありますので、興味がありましたら〜↓
コーヒーを豆から美味しくいれる方法|わかりやすすぎる絵本を発見しました

ではでは、コーヒーでホッとな生活をお楽しみくださいませ〜

最後までお読みくださり ありがとうございました*
この記事が すこしでもお役に立ちましたら 嬉しいです☆