生きる目的までも変えてしまう承認欲求について実体験を話します

人間は「ある条件」を満たすと、劇的に変化する生き物らしい。

人の持つ欲求*

心理学者のマズローさんは「人間には5段階の欲求がある!」と言ったそうな。

この理論では、人には5段階の欲求があって、1番下の階層の欲求が満たされると、その上の階の欲求が強まり、それが満たされると、またさらに上の階層の欲求を満たそうとする、とされています*

ここからは、マズロー説が本当にあるという前提で話を進めます〜

マズローの欲求五段階説

今回の話のテーマは4段階目の承認欲求なので、それについて簡単に説明しておきますね〜

承認欲求とは「自分のことを認めてもらいたい欲求」のことで、2種類に分けることができます。

1:他者からの承認欲求
→まわりの人に認めてもらいたいという欲求*

2:自己による承認欲求
→自分自身に認めてもらいたいという欲求*

人が どれほどの承認欲求を抱くのかは、本人が持って生まれた気質はもちろん、今まで暮らしてきた環境にもよります。

ちなみに僕の場合は、自分自身が承認欲求を抱きやすい人間だと思っています。

また現在の僕は「その欲求を満たした後の自己実現の段階にいて、しかも もしかしたら その上の自己超越の段階に近づきつつある」とも自分自身では思っています。笑゛

(僕は、人間に5段階欲求や その上の自己超越の段階があることを知っていたわけではなく、
資料を読んでいたら、それがまるで自分の状態を説明しているかのようだったので「あれ?もしかして僕は自己超越の段階に・・・?」と思ったという流れでした)

てことで、今回は!

あらゆる欲求が満たされた僕に起こった、劇的な変化について紹介してみます〜

補足:承認欲求を満たすと・・・★

本題に入る前に、まずは僕が承認欲求を満たせたんじゃないかな〜 と、思うようになったキッカケをお話ししておきます。

僕は、自分自身が承認欲求までの4欲求を満たしたと感じた その瞬間に、「自分自身の すべてがアップグレード?されるような、最幸な感覚」になったんです。

それ以降は、世界の見え方や物事の捉え方・感じ方が まるで変わり、さらに毎日の充実度も圧倒的に高まりました。

この自分の身に起きたことが、マズローの5段階欲求説に まつわる話に色々と当てはまる部分があり、これは もしや?と思うようになるキッカケになりました。

変化って、なに?

ではでは、僕に いったいどんな変化が起きたのかについて〜

変化は色々とあるんですけど、まず総合的なことから言いますと。。。

自分の心が満たされているので、いろんなことが どうでもよくなり
あとは もう「みんなが幸せに暮らしたり、地球全体が豊かになっていくこと」を願って、そのために自分にできることを日々淡々とこなしていけばいっかな〜

みたいな状態になりました。

・・・これが自己実現を通りこして、第六の「自己超越」の段階に入りかけてるのかもしれないな〜と思った理由です。

また、それまでは「自分のために」成し遂げたいこととか、やりたいことも たくさんありましたし、
(承認欲求が強いこともあって)他人からの評価も よく気にしていたのですが、そういったことが どうでもよくなりました。

(そういう思いが完全にゼロになったとまでは流石に言えませんが、でも以前の自分に比べたらゼロにも等しいほどです)

バンフの泉の写真

変化について説明するなら、これだけでも もう充分(笑)かもしれませんが、箇条書きでもう少し詳しく紹介してみます。

☆あらゆる面で気持ちに余裕ができる

☆人の気持ちをくみ取りやすくなる

☆人に より優しくなれる

☆人に してあげられることの幅が広がる

☆心の内から外に出てくる内容(発信・表現)が明らかに変わる

☆社会貢献や仕事、ていうか「すべて」の意欲が爆上がり

☆人に認められたいがための見栄を張りにくくなる(ので、SNSのイイネ数や他人の評価が気にならなくなる)

☆変なライバル意識とか変なプライドが超弱まる

☆心の充実感・爽快感がスンゴイ

☆いろんな成長スピードが上がる

☆いろんな意味で自信がついた

3マイルレストポイントの写真

これほどまで劇的に自分を変化させることが「一瞬のうちに」起こったんです。

そんな魔法みたいな変化があるってだけでも疑わしいのに、それを引き起こせるとかありえないでしょ〜 って思いたいところ・・・

だ!が!しかし!

その方法が本当にあると思うからシェアしたいんです。

てことで、記事にしました↓
他人の評価や世間の目が気になる原因の解消方法|承認欲求との上手な付き合い方

余談1:バケツの話がピッタリすぎる

鴨頭 嘉人さんという講演家の方も「承認欲求を満たすと、(いい意味で)突然 人は別人のように変化する」と、説明していました。

彼の話や、人に起こる変化の内容が僕が体験したことによく似ていて

「もしも あれが自分だけじゃなく、人間に もともと備わっている機能?であって、こんなステキな変化の可能性を皆が持っているのなら「変化を起こす方法」も、どんどんシェアした方がいい!」

そう思ったので、この記事を書くことにいたしました。

ちなみに、これは鴨頭さんが「仕事ができない人を育てる!具体的な方法」について話しているときに、出てきた話題です。

人を育てる立場にある人向けの動画になっていますが
承認欲求については、生きていく上で とても役に立つ知識だと思うので、興味がありましたら ぜひ見てみてください(^^)

動画の7分15秒から「承認欲求のバケツ」の話が始まり、
9分2秒で「(承認欲求を満たした瞬間に)お前だれ?っていうくらい、別人のように変わります」と言っていまして、それが僕が体験した変化のことです*

余談2:僕の最後の承認*

僕が、自分の承認欲求が満ちたと感じた、ほんの数秒前に何をしていたのかと言うと

僕自身で、僕のことを褒めてあげること

でした。

ニコちゃんサングラスで茅ヶ崎のカフェへに行った写真

その時は、自分が今どんな状況にいるのかを考えていて、
「信頼できる仲間たちと社会貢献(人を笑顔にする)活動をしていて、毎日が充実しているなぁ」と思い

ここに たどり着くまで、本当に よくがんばってきたな*

とも、思ったんですね、

それが、僕の承認欲求のバケツがあふれる 最後の1滴でした。。*

まさに その瞬間です〜

ドバァァアー!!

っと、心の奥からいろいろな思い・考えが次々に湧きだしてきて
わずかな時間の中で、自分が まるで別人になってしまったと思うほど急激に変化しました☆

本当に・・・

ドバァァアー!!

なんです。マジで驚きました。

滋賀県の特産信楽焼のたぬき(山上陶器店前で記念写真)
たぬきもドバァァアー!!

結局のところ

「自分が自分であることに満足さえできれば」承認欲求は満たされて、その次の自己実現の欲求へと進んでいく

僕は そう思うんです。

だって自分が自分であることに満足できているのだから、他人からの評価なんて必要なくなるし、世間の目も気にならなくなるんですよね。

・ぷち追記

あれから3年。

これは「感覚」とか「心」の話なので、あの時の体験が「承認欲求を満たした証拠である」と断言することはできないのですが、それでも僕は絶対に そうだったと今でも信じています。

あの瞬間を境に、自分の考え方も生き方も本当にいい意味で変わったと思いますし、なんなら生きることがメチャクチャ楽になって、心地よくなりました*

また、欲求の満たされ方とか、満たされる瞬間の感じ方には個人差はあるとは思いますが、
これまで本当に たくさんの人たちと関わってきた経験から、「この5段階の欲求があること自体」は確かなものだと思います。

余談3:変化の流れ

僕の個人的な分析ではありますが、一応これまでの自分の変化についても補足しておきますね。

1:承認欲求の段階 2年6ヶ月

この期間は他人に褒められそうなことをたくさん実践したり、自分を褒めることを続けていました。

そんなある日、覚醒?が起こりました。

2:自己実現欲求の段階 3年以上

とにかく自分の目標に向かって進んでいき、自分のやりたいことを日々消化しています。

3:自己超越の段階 現在?

今でも自分の目標に向かっていますが、その目標が「みんなが幸せに暮らしたり、地球全体を豊かにしていくこと」なので、自己超越に近づいているのかもな〜ってね。

自分の心が満たされているので、「自分に関する」いろんなことが どうでもよくなり、人の幸せや平和を祈ったりもするようになりました。

ただ、そんなことを思いつつも承認欲求が完全にゼロだとは言い切れないし、自分の利益を全く求めていないわけでもないので、そのことが まだ自分が自己超越に「近づきつつある段階」だと思う要因です。

余談4:楽して欲求を満たす(笑)

「マズローの欲求五段階説」では、
生理的欲求、安全の欲求、所属と愛の欲求、承認欲求、この4つを満たすと自己実現欲求の段階に入ると言われています。

マズローの欲求五段階説

ほんで、これは僕個人の意見なのですが、
自己実現の前の4欲求は、自分でハードルを下げることができると思っています☆

まぁ生理的・安全の欲求の2つに関しては
2019年の日本なら、そんなに意識しなくても満たすことができると思いますので省略〜

・所属と愛の欲求について

今、自分の周りにどんな人がいて、どんな言葉をかけてくれているのかをよくよく思い返してみれば、自然と満たされるんじゃないかなと思います。

たとえば、いつも自分に挨拶をしてくれる人がいる ありがたさや、そこに(わずかにでも)愛があることに、しっかりと気づこうとしたりとか*

ポイントは「自ら」目を向けてあげることです。

仲間をつくるコツもあります〜↓
負のオーラを放つ僕が他人に好かれる人間になった7つのコツ!!

地元の幼馴染の写真

・承認欲求について

この欲求のハードル(基準)の下げ方については別の記事で詳しく説明しましたので、ここでは箇条書きで簡単に紹介しておきます。

1:自分を認める

2:他人を認める( ≒ 自分を許す)

3:まわりの人が笑顔になることをする(褒められることをする)

4:承認欲求について正しく理解している、かつ、すでに欲求を満たしている人 と、一緒にいる

こんな感じ〜

詳細はコチラ↓
SNSでイイネしない人と、人の成功を喜べない人の共通点|心が軽くなる話*



僕が1番伝えたいのは

「目の前にある物事に ちゃんと目を向けて、しっかり感謝してあげられれば、自分も まわりの人も とても気持ち良くすごせますよ*」

てことかな〜

そうすれば、自然にどの欲求も満たすことができるはずです(^^)

まとめ

人には5段階の欲求がある と、心理学者マズローさんが言っていた。

また講演家の鴨頭さんが、
その最上階の手前の4欲求を満たすと、まるで別人になったかのように良い意味で変化すると言っている。

その説が当てはまるような体験を、僕自身もした。

その結果。。。

自分の心が満たされているので、いろんなことが どうでもよくなり
あとは もう「みんなが幸せに暮らしたり、地球全体が豊かになっていくこと」を願って、そのために自分にできることを日々淡々とこなしていけばいっかな〜

そんな風に思うようになり、そして そんな風に生きるようになりました。

それから、目の前にある物事に ちゃんと目を向けて、しっかり感謝して生活していると、自然に最上階の自己実現の段階に入っていくんじゃないかなと僕は思います。

はい、以上〜
ほんの数分で驚くほど自分が変化したのだが、それは誰にでも起こることだったらしく、それならその変化についてと、その変化を起こす方法をシェアしたいと思いましたよ日記、でした!

最後までお読みくださり ありがとうございました*
この記事が すこしでもお役に立ちましたら 嬉しいです☆