転職のコツ☆不況のおかげで仕事がたくさんあるので開業しました(^^)

不況なのに、好景気?

災害に災害が重なったこともあり 2020年7月現在、日本全体としては経済が落ちこんでいます・・・

が、しかし

いつの世にも、全体の落ちこみとは 完全に逆行して好景気になる「ある人たち」が現れます。

「ある人たち」とは・・・

人を幸せにするために 働く人

です〜

自分のために働くのか、社会全体のために働くのか
仕事に困る人と、仕事に困らない人の違いは ここにございます。

てことで、今回は この「一部の人達の ふところが なぜいつも潤っているのか」について、解説いたします〜

補足:誤解のないよう*

本題に入る前に、一応。。。

この記事では「こんな働き方・考え方もあるよ」ってことを、ただ述べているだけですので
特定の仕事や 働き方などを非難するつもりは、全くございません*

また 話をわかりやすくするために、あえて「お金」に絡めているだけですので、
お金のために慈善活動をしているわけじゃない方が、たくさんいることもわかっております(^^)

お金なんて 超がつくほど、無価値ですから↓
稼ぎが並みの人の共通点|お金とは何か教わらず、価値に誤解がある

ではでは「人が 何を思って ビジネスをはじめるのか」まずは そこを〜

ビジネスの始め方は2種類ある

一般的な考えかたから見てみましょう*

「ハンバーガー屋さんになって、おいしいハンバーガーを提供して たくさんの人を笑顔にするぞー!」

いいですね〜 僕もハンバーガーは好きなので、
おいしいハンバーガーを提供していただけたら とても嬉しいです(^^)

Canoe Brewpubの料理の写真

では 仕事に困らない人達なら、どんな考えかたをするのか。。。

供給が追いつかず、マスクを必要としている人(困っている人)がいるのか、
それなら「手作りセット」を用意してあげれば、裁縫なら自粛中に自宅でも行えるし みんな喜ぶだろうな〜☆

階層を1つ上げるとしたら、
手作りセットを売るお店が増えるということは、裁縫道具や布を必要とする人も増えるな*
必要な物が みんなに行き渡るよう、それらの供給を増やしてあげよう(^^)

こんな感じ*

違いは「だれを主役にしているか」

2種類の考えかたの根本的な違いは と言うと。。。

★一般的な視点

ハンバーガー屋さんの場合は「ハンバーガーを提供したい!」という
「自分の望み・利益」が先行して、ハンバーガー屋をはじめています。

もちろんハンバーガーでお客さんを喜ばせたい という思いもあるのですが、
そもそも ハンバーガーを食べたいと思う人がいなければ、当然 需要もありませんので、そのうちお店は・・・

(人間力や愛などで、ハンバーガー自体ではなく「ハンバーガー屋に行くこと」の価値を上げて
お店を繁盛させることもできます
が、今回は そこには触れません)

☆もう1つの視点

裁縫セットやその材料を提供しようと考えた人たちは、それを必要としている人たちがたくさんいるから。。。

つまり「困っている人を助けてあげたい」とか「人が喜ぶことをしてあげたい」という 他人の望みを先行させた考えで
もしくは自分の望みと同等くらいのラインに 他人の望みをおいて、仕事を生みだしています。

需要 と 供給

一旦まとめると。。。

★供給(自分の望み・利益)を先行させる

自分自身の、何かをやりたい・売りたいという気持ちから、そのサービスを提供する(お店を出す)と
繁盛するかどうかは「それを望む人がいるか いないか次第」になってしまう。

☆需要(他人の望み・利益)を先行させる

みんなが必要としているから(需要をハッキリと確認してから)、
それを提供して(お店を出して)あげるわけなので、かならず売れる。

スポンサーリンク

まわりを見渡してみよう*

こういった視点をもって世の中を見てみると、たとえ不況真っ只中な2020年7月現在でも
新たに生まれたビジネスや、売上を伸ばしているビジネスがたくさん見つかる
と思います。

裁縫関係のほかにも、たとえば 買い物代行配達食品をあつかう一部のお店(テイクアウトや 自宅用のお酒など)、
自宅で楽しめるサービスの提供(YouTubeでお役立ち動画や 楽しげな動画などの配信も含む)、それに伴って通信関係(テレビ電話など)、
災害のあとに必要になるサービスなどなど。。。

あげようと思えば、まだまだ出てくると思います*

季節労働愛媛県真穴みかんアルバイト(トラックに積まれたみかんコンテナ)の写真

それらが うまくいっている理由こそが、

先に そのサービスを求める人が現れている、つまり
「需要が 先にあってからの 供給開始」という流れになっているから

でございます〜

(当たり前ですが、うまくいくのは セールス力など、需要供給以外の要素も兼ねそろえての話です)

・ぷち余談

こういうビジネスをする人たちは、提供するサービスを 時代ごとに柔軟に変えているはずです。

むしろ、変化しないと 生き残れない★

わかりやすい例は 通信関係かな?
ポケベルに始まり、パカパカの携帯電話、スマホといった具合に〜

江戸時代に繁盛した刀鍛冶では、令和時代で食べてはいけんのです。

就活のポイントはこちら↓
手に職無し!資格免許に頼らず仕事を得る(就職する)方法☆

僕も ちいさなことから〜

そういう僕は と言いますと、「お助け屋」という地域支援事業を開業いたしました〜

「地域・人のためになること」を仕事にしています*

どんな仕事なのかは「職業=旅人│開業届をだしてフリーランストラベラーになりました(^^)」でも 紹介しているので、
今回の記事では 僕の「仕事の取りかた」についてだけ お話します。

僕は、なにかに特化したサービスを提供しているわけではなく、
人の紹介やインターネット上にある情報から 困っている人(求人)を探して、
自分にできそうな作業が見つかったら お助けに行く
、というスタイルで事業を営んでおります。

つまり

先に需要を見つける → 供給する(お助けする)

という流れになっています。

だから 困っている人(需要)さえ見つけることができれば、赤字になることはありません☆

バンクーバーの家族の写真
(彼らは 困っている人たちではありません(笑))

「人が喜んでくれることをしたい!」そこだけは決めていますが、
こんな商品、サービスを提供しています!みたいに自分の仕事を限定していないが 故に、無敵かもな〜 と、自分では思っています♪

人の役に立って かつ、自分がやりたいと思えることなら、その作業内容は なんでもいいんですよね(^^)

スーパー凡人の僕1人にできることなんて、本当に小さな小さなことしかありませんが・・・

たとえ そうだとしても!

みんなが笑顔になれる時間を 1秒でも増やせるよう、日々精進いたします〜!

余談:仕事とは

超個人的な意見なのですが、「仕事」を別の言葉で表すのなら

「愛」

です!

ほかにも、仕事について思っていることを書いた記事がございますので
よかったら〜↓
貧乏でお悩みの方は早く金持ちになってください|最高なお仕事人生の送りかた*

超余談:でも、最優先は自分です

これもなんとなく読み流していただくだけで よいのですが、
たしかに僕は「地域・人のためになること」を仕事にはしていますが、

仕事や他人の幸せより、なによりも優先していることがあります。

自分を 幸せにすること

これです。

僕は「自分の力が最も発揮されるのは、自分が最高に幸せを感じている時である」ことを知っているからです。

目先のことより、長期的に見る

わかりやすく数字で例えてみると。。。

☆自分の調子がいい時は、1週間で10人を笑顔にすることができる

★自分の調子が崩れた時は、5人を笑顔にするのに1週間働く必要がある

*1週間の休養をとると、自分の調子はMAXになる

これが僕の能力だとします。

神戸ホステルアンカレッジで異文化交流パーティの写真

1ヶ月を4週とすると

たくさんの人を笑顔にするためにも 休むわけにはいかない!
と思い、不調でもがんばって4週間働いたとしたら 笑顔にできるのは20人です。

一方、

思いきって1週間休んで、好調になってから働けば
残りの3週間で30人を笑顔にすることができます*

働く時間は短くなってしまいますが、他人よりも自分を優先させた方が
結果的に、生みだせる笑顔(付加価値)の 総量は大きくなっている
んです☆

自分も気持ちよくすごせますし♪

イヤなことは、やりませ〜ん

これは勤務時間に限った話ではなく「どんな仕事・働きかたをするのか」にも当てはまります。

好きな仕事か、苦手な仕事のどちらをしているかによって、
そのパファーマンス(生産性)にも差がでてしまうんです・・・ 当たり前だけど。

だから、やりたくない仕事は すぐやめます。笑

(すぐにやめたことがあるのは アルバイト1こだけだけど)

カナダの庭の置物の写真

だって、それをイヤイヤ続けていたら
なにか他の、僕が働きやすい仕事に移ることで 見ることができたはずの、たくさんの人達の笑顔が 見れないままに終わってしまいますから・・・

自分のプライベートの時間にも支障が出そうだし。

だから 僕は

「1人でも多くの人を幸せにするために」僕の幸せを最優先にしています*

(「自分の利益を先行させる」のとは、感覚が すこし違います)

ていうか、そもそも

僕は 自分を幸せにするために 生まれてきましたからね(^^)

自転車日本一周中に初対面のみんなで鹿児島登山の写真

だからのだから

僕は「他人の望み・利益」を先行させた仕事ができるのかな〜 と、自分では思っています。

まとめ

いつの時代にも、世の中がピンチになった時
「全体の落ちこみとは 完全に逆行して好景気になる人たち」が 必ず現れます。

その人達が いつも好景気でいられる理由は
「困っている人を 助けるための仕事」を、その時その時で生みだしているからです*

言い方を変えると「先に需要が発生する → 供給してあげる」という流れです。

世の中全体がピンチになれば、こういった 人を救う(仕事の)チャンスは ほぼ無限に溢れてきます☆

僕も お助け屋という事業をはじめてみたものの
僕1人にできることなんて、本当に ちいさなことしかありませんが、日々 学びと挑戦をくり返していきます(^^)

みんなで協力して、不況を吹き飛ばしちゃいましょー!!

それから

何よりもまず、自分自身を幸せにしてあげることも 忘れずに。。*

はい、以上〜
ビジネスのはじめ方について 僕が思うこと、でした!

最後までお読みくださり ありがとうございました(^^)
今日が みなさんにとって よき日となりますように。。☆

関連記事(一部広告含む)