貯金はいくら?ワーホリ渡航前の準備費用が少ないと後悔するよ。

「お金を稼げて、英語も身について、海外生活も旅行も楽しめるワーホリって最高じゃん!」

たしかにそうだと思います〜☆

が、しかし! 出国前に日本で溜めたお金が充分なら、それを簡単に実現できるんですけども
そうでないなら ちょっと大変かも〜。。。 不可能じゃないけどね*

生活費がかかります〜

僕がカナダで10ヶ月生活してかかった費用は

9270CAドル!

エージェント使ってない、語学学校行ってない、ほぼオール自炊、ほとんど観光してない、友達とも全然飲み行ったりしてない。

しかも、かなりケチ!笑

てことで
平均して約927ドルが毎月かかる生活費の最低額って感じかなぁ?
1ヶ月、約8万円ですねぇ*

(2016年12月10日の物価で、レート、1ドル約87円計算)

ご参考までに〜

もうすこし詳しく書いた記事はこちら↓
カナダワーホリ費用総額大公開!僕の生活費(滞在費)約1年分。

単純計算、1年間 カナダで「生活するだけで」約100万円が必要になりました〜
もちろん友達と外食、飲み、観光をしたりすれば もっと高くなります*

ワーホリはお金かかる

あくまで倹約家(ケチ)の僕の話ではありますが
月々5万円足して160~200万円くらいあれば、1年間余暇のアクティビティも楽しむ生活ができそう(^^)

・プチ補足

これは本当に現地の生活費だけの話です〜

航空券や保険代、日本の前年度分の住民税、国民年金、帰国後の生活費などは含めていません。

・・・まあ実際には現地で仕事して収入を得るわけだから、渡航前にこの全額を貯める必要はありませんけどね〜

ちなみに
ワーホリ中に遊びを満喫した友達は、日本で貯金していった300万円を使い切ってたし
逆にしっかり働いた人は赤字になるどころか、100万円以上貯金を増やしてました。

スポンサーリンク

目的によっては・・・

渡航前の貯金が少なくても、ワーホリの目的が

・お金を稼ぐこと

・英「会話」の練習をすること

この2点だけなら、なんの問題もなく過ごせそう(^^)

週5日働いて、職場や現地で知り合った人達と 英会話の練習をすればいいだけですから〜

PUB一階の写真

でもこれに

・遊び

・英語の「勉強」

を加えたら・・・ だいぶ忙しそうじゃないですか?

すくない自由時間の中で、英語の勉強までするのは なかなか。。。

お金は、余裕をつくってくれます*

これは僕の個人的な意見なんですけど、ワーホリをはじめる前にある程度貯金しておけば
仕事と勉強と遊びを、自分の好きなバランスでこなしやすいかな〜 と、思います(^^)

もともと貯金があれば、ワーホリ中は「自分が働きたいだけ」働けばいいわけでしょ〜

「働かなきゃいけない」という状況ができないから、時間にも 自分の気持ちにも余裕ができます♪

その余裕を遊びでも勉強でも、そのほか自分の好きなことに まわすことができるわけで
それすなわち・・・

「お金を稼げて、英語も身について、海外生活も旅行も楽しめる最高のワーホリ!」を、実現させやすくなるわけです〜

マックの写真

ちなみに僕は、現地で仕事しなくても1年間生活できるくらいの 充分な貯金(たしか400万円弱)をしていったので、
めちゃくちゃ余裕ができて、自分の好きなように1年間過ごせました〜

貯金のコツはこちら↓
貯金できない人に贈る、3年で400万円貯めた僕の貯金のコツと節約術〜

余談:実は、ゼロスタートでも問題なし♪

これだけ徒然と語っておいてなんですが。。。

貯金ゼロ円・英語力ゼロでスタートしても、
ガッツリお金を稼いで 英語もペラペラになって、おまけに遊びも満喫してワーホリを終えた人は いくらでもいます☆

ただ「僕の場合は」、お金に余裕があったおかげで過ごしやすかった* というお話ね(^^)

軽くまとめ

当たり前ですが、ワーホリってのは海外で「生活する」ということなので、それなりにお金がかかります*

でもでも〜 渡航前にできるだけ貯金しておけば余裕ができるので、
仕事に勉強、遊びなど やりたいことがたくさんあっても バランス良くこなしやすい♪ と、僕は思います〜

現地で仕事をするのであれば、1年分の生活費を先に貯金しておく必要はありませんが、お金はあればあるだけ便利ですよ♪

はい、以上〜
僕の思うワーホリ準備費用についてでした~

せっかくのホリデーなのに「働かなきゃいけない」なんて状況を作りたくないよね〜

それでは皆さん!
Have a nice ワーホリ life☆

関連記事(一部広告含む)