カナダの建国記念日に侍の切腹を思い出して強く生きようと思った話

2016年7月1日はCanada Day!
カナダ建国(独立)149周年~☆

ビクトリアではフェスティバルが開かれました♪

で、ふと日本について思い出したので、そのお話を~

カナダもいいけど日本もいいよね

カナダの歴史が149年であることを考えると、
日本の歴史の長さがちょっと誇らしく思えました(^^)
(実際にはカナダも建国より前から移民はいたし、先住民だっていましたけども)

日本は古くから伝わる物や文化がたくさんありますし~

お城に食べ物、工芸品~

それから「神話と現代が繋がっている」のは、日本が世界で唯一なんだそうですよ☆
(はじめの天皇である神武天皇は、神話に登場する神様の1人で「その神様の子孫が、今の天皇陛下」という意味で~)

そして日本の歴史と言えば・・・

lightsaberの写真
Photo by 写真AC

そう

侍。

お侍さんの切腹★

今回はカナダと全然関係ない話なんですが、つづけます(笑)

昔のお侍さんの風習で「切腹」というのがあります。

名前くらいは聞いたことがあると思いますが、
切腹とは任務に失敗したら、責任をとって自分で自分のお腹を切り裂くこと~
きっと歴史の授業で1回くらいは出てきたはず。

・・・うわ、改めて想像してみたら、クレイジーすぎて気持ちが悪くなる(;;´Д`)おえ

侍マーク

昔は「命をかけて」任務(仕事)にとりかかっていたんですね~

切腹することが良いか悪いかは別として、侍って責任感がとても強くてクールですね。
失敗したら切腹するなんて、凄まじい程の覚悟だわさ(´_ゝ`)死にたくないよ

日本の縦社会がしっかりしているのは、
そういった武士・侍の習慣や規律の名残だと言っている人がいたんだけど、ちょっと納得できるかも~

スポンサーリンク

責任と使命っていいよね☆

さて、お腹は切りたくないけど
自分のやることに責任感・使命感をもって取りくむ、侍のクールな思想は見習いたいと思いました。

たとえば。。。
がんばっても、がんばらなくても
お給料は同じなら与えられた仕事を淡々とこなせばいいや〜

ではなくて

自分が働けば働くだけ、笑顔になる人が増えていくんだー☆

みたいに、1つ1つのことに使命感をあたえてあげると、
やりがいがあって自分は楽しくなるし、喜んでくれる人も増えていきますからね〜(^^)♪

いろんな意味で1ランク上にいけちゃいます〜

軽くまとめ

カナダの建国記念日に、カナダが国となってからの歴史がめっちゃ短いことに気づいた。
(2016年で149周年)

それを機に、日本の歴史(侍の切腹)を思い出し、
侍は自分の命をかけて、任務に取りかかっていたんだな〜ってことも思い出した。

命をかけるとまでは言わなくても、
1つ1つのことに責任や使命感をもって取りくめば、
やっていることの価値や効果、成果が大きくなっていくので
僕も侍を見習うぞー☆ The 和の心!

はい、以上〜
カナダの建国記念日に149周年って所が気になって書いてみたよ日記でした~

ビクトリアのフェスティバル直撃リポートはこちら↓
現地で感じた日本とカナダの建国記念日の違い|カナダデーフェスティバル

海外に住んで思うこと↓
海外に1年住んだ僕が日本の魅力を全力で伝えます。好きです、日本!

かっこよく生きるぞ〜

せっかく侍の国、日本に生まれたんだもの♪

関連記事(一部広告含む)