にぎやかなのに優しい音色*関東一の祇園・埼玉の熊谷うちわ祭に行ってきました〜

日本一周お祭りめぐり録〜

埼玉にやってきました(^^)

八坂神社・熊谷うちわ祭

トンテンカンカン♪ ピーヒャラピーヒャラ♪

とっても賑やかなお祭りですよ〜

埼玉|八坂神社・熊谷うちわ祭の山車集結の写真

ステキな山車が12基もそろいます☆

祈願いたします〜*

1750年ごろ(江戸時代)、京都八坂神社の「祇園祭」の流れをうけて
疫病退散、五穀豊穣(作物の豊作)、商売繁盛を祈願したことが、このお祭りのはじまりと言われています。

要は、みんなに良いことが起こるようにお祭りしましょ〜☆ってことかな(^^)

埼玉|八坂神社・熊谷うちわ祭のお祭り広場(ステージ)の写真
歌や踊りのステージもあります♪

お祭りの期間は、ものっすごい数の屋台が立ちならび、
お神輿や山車が町をまわります〜

・プチ余談

八坂神社は、もともと「祇園社」と呼ばれていたので、
埼玉でも八坂神社のお祭りに「関東一の祇園」というフレーズを使っているみたいです〜

スポンサーリンク

☆みどころ☆

その1:叩き合い☆

各町から、計12基の山車と屋台(露店じゃなくて、山車みたいなやつね)が出てくるのですが
山車と屋台には、横笛や鉦鼓(キンキンカンカン鳴る鉄?の和楽器)、太鼓隊が乗っていまして、日本のお祭りらしい音楽を奏でます♪

埼玉|八坂神社・熊谷うちわ祭の山車(太鼓隊)の写真

「叩き合い」では、全12基の山車が1箇所に集まって音楽合戦をはじめます〜☆

ステキな装飾のすべての山車を1度に見れちゃいますし、とても賑やかなので見ているこちらも元気になっちゃいます(^^)

ちなみに個人的には
賑やかなのに、なぜか「優しさ」を感じる不思議な音色に聴こえました*

その2:屋台の数がすごいよ☆

もう1つ僕が魅力的に感じたのは、屋台の数でした〜
(山車じゃなくて、食べ物とかのね)

埼玉|八坂神社・熊谷うちわ祭のお祭り広場の写真

埼玉|八坂神社・熊谷うちわ祭のお祭り広場(屋台)の写真
かたぬき100円☆

た〜っくさんの屋台が出ているので、歩いているだけでも楽しかったです*

いつ、どこでやるの?

うちわ祭は、毎年7月19〜23日に行われます。

場所はザックリ言うと、埼玉県の熊谷駅(お祭り広場)周辺です〜

お祭り広場の住所:埼玉県 熊谷市 星川2丁目2

叩き合いは、お祭り期間中に

☆初叩き合い
☆巡行叩き合い
☆曳っ合わせ叩き合い

の、3回行われます〜

軽自動車日本一周、埼玉県熊谷うちわ祭りの写真

また、お神輿が出たり巡行祭が行われたりと、叩き合いのほかにも見どころがあります(^^)

それぞれの日程や詳しい場所は
公式HPで確認できます〜↓
関東一の祇園|熊谷うちわ祭

どうして「うちわ」なの?

1900年ごろ、東京の「天王祭」で、うちわが飛び交っていたことに影響を受けた方が
八坂神社の祭礼(うちわ祭)でも、うちわを配りはじめたことが起源と言われています。

それ以降、各商店も屋号などを記したうちわを配るようになりましたとさ☆

埼玉|八坂神社・熊谷うちわ祭のうちわの写真

ちなみにもともとは「お赤飯」をふるまっていたそうですよ(^^)

町民が築いたお祭りですよ〜☆

うちわ配りが広まったころ、絹産業で町が賑わうようになり
その景気の良さからか、各町が競って山車や屋台を購入して、巡行するようになりました。

それが、今のうちわ祭りの原型*

埼玉|八坂神社・熊谷うちわ祭の山車(背面)の写真
龍虎の絵が美しい☆

てなわけで、
江戸からの祭文化に、熊谷の町民の熱意と伝統が入り混じったおかげで、現代のステキなお祭りが完成したのでございます〜☆

まとめ

埼玉県 熊谷市の八坂神社で「関東一の祇園」と言われるほど、大規模でステキなお祭り「うちわ祭」が毎年開催されている。

お祭り期間中は、12基の山車が町をまわり、和楽器の音楽合戦「叩き合い」が行われる☆

また、たくさんの屋台が立ち並び、お神輿や巡行祭もあり見ごたえのあるお祭りです(^^)

はい、以上〜
日本一周お祭りめぐり録・埼玉編でした〜

にぎやかなのに優しい和楽器の音色を、ぜひぜひ聴きにいってみてね♪

関連記事(一部広告含む)