気になる留学先の英語(スペイン語)の訛りは気にしなくてもいいよ!

まずは目的の確認!

オーストラリアの発音で話しなさい、カナダの発音で話しなさい、
なんて言われることは、映画俳優とか何か特殊な仕事につかない限り、一生ありませんよ〜

てことで、留学の目的が「英語でコミュニケーションを取れるようになりたい*」ということであれば、どの国で留学しても何の問題もありません(^^)

訛りがうつっても・・・

気にしなくて良くない?

訛ったら、何が起こるんですかー!

下の写真は、僕がワーホリをしていた時のものですが、写ってる人たち(留学・ワーホリビジター)の全員が訛ってます〜

留学生たちとカナダで年越しの時の写真

第二言語で英語を勉強してる人は、日本人以外でもそれぞれ特有の訛りがあるものなんです(^^)

だって、これまで10年20年と母国語を話してきたんだから、
口の筋肉の作りや動きが、完全にそれに適したものになってます
もん*

そりゃ当たり前なことなんですわ〜

で、それが英語の発音に影響したところで、何も起こりません。笑
みんな仲良く遊んでます☆

大切なのは話そうとするかどうかです〜

英会話・・・ていうか、人とコミュニケーションをとる上で一番大切なことは、
「相手とコミュニケーションを取りたい という気持ちがあるかどうか」なんです〜

たとえば。。。
日本語を勉強してる外国人が、関西とか九州とか、どこの地方の言葉で話しかけてきても、別に気になりませんよね(^^)

一緒に楽しく会話して、ご飯を楽しんだり、遊びにいったり、ただそれだけのことじゃないですか〜♪
そこに、訛りがなんやかんやみたいな壁なんてありません☆

スポンサーリンク

余談:短期留学*

留学期間が半年ほどなら、渡航先の国の訛りがうつることは まずありません☆

無理です(笑)

日本人は、日本語訛りになるのです〜

ちなみに僕は英会話の練習をサボっていたので、
北米で1年も生活したのに、ネイティブ英語の訛りの違いはあんまりわかんない(笑)

メキシコオアハカの安宿で出会った人々の写真

先日たまたま、アメリカ、イギリス、オーストラリア人と行動を共にすることがあったんですけど、
彼らの英語を同時に聞いて、僕が感じたことは「北米の英語は、なんとなく聞き慣れた音かもな〜」っていう程度。笑

具体的にどこが違うとか、サッパリわからんちん!

そんなもんですよ〜

まあそもそもの原因は
僕のレベルがこんなもんだからなんだけど↓
僕のワーホリ失敗談|海外生活1年でもネイティブの日常英会話についてけない!

本人たちは、お互いに訛りを感じているとは言ってましたけども*

まとめ

映画俳優とか何か特殊な仕事につかない限り、言葉の訛りについて気にする必要は全くなし!

会話において大切なのは「相手とコミュニケーションを取りたい という気持ちがあるかどうか」です*
それさえあれば、どこの国の発音で話したって、みんな仲良く楽しくすごせますから(^^)

はい、以上〜
フィリピンで2か月の留学を経て、カナダでのワーホリを1年経験した僕が思う英語の訛りについてでした!

それでは皆さん、よい留学生活をおすごしくださいませ〜☆

関連記事(一部広告含む)