ワーホリカナダ生活を終えた感想|日本との明らかな違い*

日本 と CANADA

カナダ生活10ヶ月 + アメリカ放浪1ヶ月

北米で約1年生活してみて、日本の生活と比較して思うこと〜

ここが違いすぎる!!

僕がもっともビビッときたことは、2国の「歴史」の明らかな違いでございました!
・・・当たり前かもですけど(笑)

カナダの建国が1867年で 今から150年ほど前なのに対して、
日本の始まりは4万年も前(笑)ですからねぇ*

(カナダにもインディアンはいますけども)

カナダのインディアンのデザインの自転車置き場の写真
インディアンデザインな自転車置き場はクールでお気に入り☆

ちょっと散歩するだけでも、その町並みや食べ物などから 歴史の違いを感じることはできますが
「お祭り」の様子を見たら、よりハッキリと感じられました☆

関連記事↓

現地で感じた日本とカナダの建国記念日の違い|カナダデーフェスティバル

コレなんですよ!日本を最高に好きになった最高の理由は!!

身近なことの違いは?

つづきまして、生活していて気づいたことについて〜

☆あいさつ文化

カナダ(ビクトリア)と日本(神奈川・湘南)との間で感じた大きなちがいは
ビクトリアでは「知らない人でも、気軽に話しかけられること」☆

魔法の言葉 How are you? のおかげです〜

くわしく書いた記事はこちら↓
ご機嫌を訪ねる文化が日本にもあったらいいのに。How are you?って素晴らしい。

カナダのゴルフ場で乾杯してる写真

☆娯楽

習慣、というか余暇の過ごし方で気づいたことがございまする*

カナダでは、地元・神奈川県に比べてホームパーティーをしてる家がめちゃくちゃ多かったです*

理由は娯楽施設が少ないから・・・かな?
娯楽施設が少ないのは、暮らしている人の幸福度が高いからなんでしょうかね〜

ホームパーティーについて↓
パーティー文化|カナダ人の余暇の過ごしかた・娯楽について思ったこと*

ラグビーカナダ代表の遊び方(笑)

☆生活

生活水準は、日本とほとんど変わりませんので
ワーホリビザでアルバイトするくらいでしたら、生活面で日本との違いについて気付けることは、ほとんどありませんでした*

積極的に調べたり行動しない限り、社会制度とか法的なこと?に触れる機会はないので〜

スポンサーリンク

自分の可能性が広がりました☆

ワーホリする前は「日本国外に(ワーホリみたいに)短期で住むのは良くても、移住するのは無しかなぁ」と考えていました。
海外の生活スタイルを知りませんでしたので〜

でも、社会制度や言葉の問題は別として。。。
そこで暮らす人々の生活を見ただけの感想ではありますが、海外移住も全然ありだな〜* そう思えるようになりました(^^)

バンフの町並みの写真

先ほども言いましたが、カナダに住んでる人の暮らしって、日本となにも変わりなかったんですも〜ん

朝ごはん食べて、仕事行って、帰ってきたら夜ごはん食べて寝る*
休日は家でゆっくりしてもいいし、外出してもいい*

全部一緒!笑

このことを直に体験できたのは、僕にとってメッチャクチャ価値のあることとなりました〜☆

ぷち余談:日本とカナダどっちが好き?

両方とも好き♪

カナダは土地(町の空間)が広いし 身近に自然も多いから、のびのび暮らせて好き〜

一方の日本は、娯楽施設の圧倒的多さと、なんといっても「伝統・歴史」があることが とっても魅力的☆

京都・清水寺入口の写真

関連記事です↓

海外生活3年の僕が日本の魅力を全力で伝えます。好きです、日本!

八百万の神さまが暮らす国|日本を一周して見えた日本の魅力♪

まとめ

ワーキングホリデーでカナダに住んでみて感じた、日本との違いは。。。

☆歴史の長さ

☆How Are You? で始まる、あいさつ文化

☆余暇のすごし方(娯楽施設とホームパーティ)

生活水準は一緒ですので、人々の暮らしについては違いは感じませんでしたね〜
カナダ人と積極的に交流すれば、また違った見え方はするのでしょうけども。。。

あとは超絶個人的な意見ですが、
海外でも同じような暮らしができることを知れたので、お国によっては海外移住をするのもありだな〜 って思えるようになりました(^^)

はい、以上〜
ワーホリカナダ生活ふりかえり日記でした!

滞在中はこんなことしてました↓
仕事も英語の勉強もしなかったおかげでワーホリが最高に充実した。

渡航準備中の方向けの記事です↓
留学ワーホリ|英語を話せない人にカナダをオススメする4つの理由

関連記事(一部広告含む)