ギャンブルが子供の遊び!?フィリピンの田舎バワン観光情報とオススメ宿の紹介〜

フィリピン、ラ・ウニオン州バワン(Bauang)の僕的アクティビティと宿をご紹介いたしま~す

バワンの観光アクティビティ

「何もないところで 何もしない」という最高の贅沢を楽しめるバワンライフ。

ちょっとしたアクセントを!

超ローカルなゲーム、あります。

後述するお宿「Sun Seekers Villa 海の家」と、町の中心を結ぶ一本道のちょうど中間らへんに こんな広場があります。

ゲーム広場の写真

昼間は ただの静かな広場なのですが。。。

夜8時くらいから人が集まり始めて、ビンゴや数字当て等 ちょっとしたゲームが楽しめます。

ピンポンゲームの写真

こちらは とてもシンプルなルールで、はじめに好きな数字に賭けて ピンポン玉を投げいれます。

投げた玉が自分の賭けた数字の上に止まれば勝ちで、賭けた分の2倍が返ってくるという仕組み。

似たようなルールでサイコロゲームもありました。

サイコロゲームの写真

このほかにビンゴゲームもあり☆

スロットマシーンなど機械のギャンブルや競馬とは ちがって、完全なる運試しゲームですね。笑

で、こんな無邪気そうな子供たちが、いったい何を賭けているのかと言いますと

現金です。

なんて大人な子供たちなんだ!

地元のおじちゃんも遊びに来ていて、そこはさすがに大人、
硬貨ではなく紙幣で賭けていたので、動くお金の額も(ちょっとだけ)大きくなってました。

(もしも遊びに行く際は、場の雰囲気が壊れない程度の金額で賭けましょう。笑)

※注意

夜道は犬や酔っ払いに気をつけなさいと地元の方に言われました。

田舎で平和なところでも、やはり酔っ払いは質が悪いので、見かけたら道の反対側を通るように、とのことです。

そして、たしかに犬も たくさん歩いていた。

バワンの町はこんな感じ↓
フィリピンのバワン観光|田舎の生活を覗いてみる。海しかないから最高!

サーフィンをしよう!

宿で会った日本人サーファーからの情報

バワンからジプニーというミニバスを乗り継いで、1時間くらい(?)のところにサン・フアンという町があります。

そこではサーフィンを楽しめるそうです*

その人いわく、海にはサーファーはいっぱいいたけど、ロングボード向けの波だったとのことでした。
(波って日によりますか?すいません、詳しいことはわかりません)

サーフボードの写真

サン・フアンのビーチにはロッカーやシャワーは無く、バケツで水を汲んで 体を洗ってきたそうです。

必要な方は、板を借りる前に 利用できる設備を確認しておくといいかもしれません。

余談:噂

★伝説の呪術師

宿の日本人スタッフに聞いたのですが、こことバギオという町の間に呪術師がいるらしいです。

なんと患者の体内に直接手を突っ込んで病気の根源を取り除くのだが、術後に患者の体からは血も流れないとか。。。

さすがに これはただの伝説っぽい(笑)けど、思い出作りに訪ねてみてはいかがでしょうか(^^)

☆カジノ

フィリピン人の友達が、バワンのどこかで カジノが楽しめると言っていましたが、詳細は不明。

サン・フアンあたりにあるのかな?

まさか、あの広場が・・・?笑

スポンサーリンク

補足:バワンに行く前に!

現金の用意をしておきましょう。

町にはATMが1台しかないので、要注意です!

僕は この1台を当てにしていたのですが、なんとタイミングの悪い、ATMが修理中で使えなくなっていました。

おかげで バワンの宿代支払ったら、残りの現金が720ペソ(約1500円)だけになっちゃいました。

いや〜 正直、

めっちゃ焦った

(笑)

バワンのゲストハウス

僕がお世話になっていたのは「Sun Seekers Villa 海の家」というゲストハウスです。

親切な日本人女性スタッフと その娘さんがいるので、タガログ語や英語が話せなくても安心です*
※2015年11月現在

施設の写真は公式HPで見ることができます。

こちら↓
Sun Seekers Villa 海の家

ここにあります↓

ビーチの横です。 マジで、最高です。

町の中心までは 歩くと25分ほどかかりますが、トライシクルというミニタクシーで約5分☆

2階バルコニーから海もサンセットも見えるし、宿でビールも買えちゃう。
食事も注文できるから、1日ここで過ごしちゃうのもあり♪

宿のまわりには、駄菓子や飲み物を売っている ちょっとした商店がございます。

ドミに泊まりましたが、宿の全体的に清潔*

共同キッチンあり、Free Wi-Fi。

ちなみに 宿の裏でもサーフィンできるけど、他に人いないし流れが速そうでちょっと怖い、とサーファーさんが言ってました。

その他の周辺アクティビティ

・シュノーケリングとダイビングもできます。詳細は宿のスタッフに。

・バギオまで エアコンバスで2時間

・ちょっと遠いけどビガンまで エアコンバスで5時間

はい、以上〜
町自体には観光スポットは無いみたいだけど、田舎でのんびりするのが好きな人には超絶オススメな町バワンでした!

夏と海とビールの組み合わせ、最強。

11月は 楽しい楽しいお盆でございます↓
諸聖人の日|フィリピンのお盆(お墓参り)は楽しげで日本と全然ちがいました

最後までお読みくださり ありがとうございました(^^)
今日が皆さんにとって よき日となりますように*

関連記事(一部広告含む)