留学・ワーホリ|シェアハウスで友達を作りたいなら、コレが必須*

「ほかの入居者と仲良くなりたい」という気持ちが必要なのは もちろんなんですけど、
今回メインでお話しするのは 各入居者の性格などではなく、「家えらびの段階で意識すべきこと」についてです〜

ここを確認すべし*

入居前に見ておきたいことは、ズバリ

リビング(共有スペース)の有無!

202hostalリビングの写真

シェアハウス(一軒家)なのにリビングが無いの? と、思う方もいらっしゃるかもしれませんが
ベースメント(地下)ルームですと、時々そういった共有スペースが無い家があるんですよ〜

僕はカナダで3軒シェアハウスをしましたが、実際 そのうち1軒はリビングがありませんでした★

その家でベースメント入居者が使えるスペースはキッチン、バスルームと各居室となっており、
一応キッチンに食事のできる机はありましたが、皆で一緒にご飯を食べられる程のスペースはなかったんです〜

ビクトリアのシェアハウスのキッチンの写真
この写真手前の机ね。

会う機会が無いんすよ〜

共有スペースが無い場合、家にいる時は基本的にはそれぞれの部屋で過ごすことになりますので、
ルームメイト達とのコミュニケーションを取る機会は、それぞれが積極的に機会をつくろうとしない限りほとんどありません。

だってキッチンもバスルームも誰かが使ってたら、自分はその人が使い終わるのを部屋で待つしかないですし、
自分がそれを使ってたら ほかの人は部屋にいるしかないもの。

ビクトリア2軒目のシェアハウスの個室の写真

話す機会があるとすれば、1日に1、2回廊下ですれ違う時に”Hi, how r u?”って挨拶するくらい*
1度も だれにも会わない日も珍しくなかったです〜

経験上、というか当たり前ですが、それだと入居者同士の仲は深まりにくいかなぁ。。。と感じました★

まぁ、それは僕が内気なせいだから、ってのもあるっすけどね(苦笑)
英語も得意じゃないから、すれ違う時にガンガン話しかけにいけないし(;´_ゝ`)自信なし

一方、ほかの2軒ではダイニングもリビングもあって、誰かしらがそこで過ごしていることが多かったんです*
だから会話する機会も自然と増えていきました(^^)

でも結局のところ。。。

とはいえ やっぱり1番大切なのは、ルームメイト同士の相性や性格ではありますかね〜

バンクーバーの家族の写真

リビングがあれば必ずしも仲良くなれるわけじゃないですし、
逆にリビングが無くたって だれかの部屋で話したり、あるいは一緒に出掛けるなんてことも出来ますもんね*

ただ「リビング(共有スペース)が有るほうが、その機会が断然増えるよ」という話(^^)

軽くまとめ

ルームメイト達と ワイワイ楽しくシェアハウスをしたい☆という方は
まずは家えらびの段階で、リビングなど共有スペースの有無を確認してみることをオススメいたします〜

理由はそのまんま、「共有スペースがある方が、入居者同士でコミュニケーションを取る機会が増えるから」です*

はい、以上!
カナダのシェアハウス生活事情についてでした~

こんな記事もあるよ↓
外国人とのシェアハウス生活ってこんな感じ!ワーホリカナダ編

ちなみにリビングの無い家での1ヶ月間、
隣の部屋の人と接したのは 廊下ですれ違った時に「こんばんは」と、3、4回挨拶しただけでした。。。

まったく話す機会、というか見かけることすらなかった(笑)

関連記事(一部広告含む)