留学・ワーホリならホームステイよりシェアハウスが絶対いいよ!

と言っても、僕はカナダではシェアハウスしかしたことがないので、
今回は「ホームステイをしてる人達から聞いた話」と「自分の体験談」を比べて話を進めていきます。

シェアハウスってこんな感じ〜

まずは僕がシェアハウスに住んでみて気づいたことを、いくつかあげてみますね〜

シェアハウスのデメリット★

オーナーが「別宅住まい」の、シェアハウスのデメリット〜

その1:自由すぎる

2軒住んだことがありますが、ハウスルールが「ペット不可」「室内禁煙」「使った物(食器等)は自分で片づける」のみでした。

だから家全体を管理する人がいないので、場合によってはルームメイト同士でルールなどを決める必要があると思います*

たとえば。。。
掃除当番とか、家でパーティを開いても良いかとか、夜中の騒音(音楽や電話)についてなどなど〜
(うちは特にルールは決めず、それぞれで配慮するって感じだったけど)

ルールが無くて自由だからこそ、皆が快適に過ごすためにも住人たちの個々の気づかいやマナーが大切でした*

ビクトリアの大学生のホームパーティの写真

ちなみに、3軒目で オーナー同居の家にも住んでみましたが、
「週1回の掃除当番」 「22:00~7:00の洗濯機、乾燥機の使用は無し」 の ルールが追加されたくらいでした〜

でもオーナーとは住んでいる階が違ったし玄関も別だったので、同居だからと言ってオーナーに気をつかうことは特に無かったかなぁ?
とてもフレンドリーで話しかけやすい方だったし。

その2:生活は自分の力で

ホームステイとは違って、炊事や洗濯など、家事はすべて自分で行わなければなりません〜

ホステルのキッチンの写真

まあ1人暮らししたことのある人なら、特に問題ないと思いますし、
家事を自分で行うのがはじめての方も、いい社会経験になると思いますけども(^^)♪

メリット

デメリットであげたことと同じなのですが、オーナー別宅シェアハウスのメリットも

・すべてが自由なこと

自分のペースで、気楽に現地生活を楽しむことができます〜♪

シェアハウスがオススメな理由☆

つづきまして、僕がシェアハウスをえらんで良かった思うこと〜

スポンサーリンク

会いたい時だけ 会えばいい☆

はい、シェアハウスの良かったところは、ズバリ!

個室で過ごせば、ルームメイト達と毎日顔を合わせなくても 生活できるから!

ビクトリア2軒目のシェアハウスの個室の写真

たとえば。。。
ホームステイ先の家にもよりますが、ご飯の時間が決まっている場合は 毎回みんなで一緒にご飯を食べます*
家族団らんの、あたたかい空間づくりになるのでとても良いですね〜(^^)

が、しかし!

僕の場合は、ひとりになりたい時が結構あるし、なによりも
日本語 英語関係なく、「グループ会話」が大の苦手な僕には、全員集合の時間が毎日あるのはキツそうだなって思いました。。。

食事中の会話は すべて英語ですし〜 当たり前だけど(笑)

僕みたいに「今から英会話の勉強始めるぞー!」っていう初級レベルだと、いきなりその輪に入るのは大変だし 心が折れそう。。。
日本人以外の留学生やワーホリビジターは、ある程度英語を話せる人が多いですからね〜

ネイティブ、ドイツの女子高生と食事してる写真

ネイティブ5人 + ドイツの女子高生(旅行者)2人 + 僕 で
ご飯を食べに行ったことがあるんですけど、ドイツの女の子たちは普通〜にネイティブの英会話についていってました☆ マジすげぇ!

そういう人達が英語留学するのは、ビジネスクラスの英語の習得が目的だったりしますからねぇ*
僕みたいに「外国人とコミュニケーション取れるようになれたらいいなぁ」とは次元が違う(笑)

ちなみにネイティブ英会話はこんな感じ↓


これが4人とかに増えて、さらに誰かが話してる間にも ほかの誰かが「あー!だよねー!ペラペラ・・・」みたいに かぶせてきて、次々と会話が展開していきます。

それに対してシェアハウスなら、好きな時にだけルームメイトと顔を合わせて、好きな時にだけ英会話の練習ができる ってところが良かったです(^^)のんびり気楽に〜

シェアハウスでも 入居者がネイティブ or 国籍ミックスなら、英語は常に飛び交っていますし〜☆

こんな記事もございます↓
僕のワーホリ失敗談|海外生活1年でもネイティブの日常英会話についてけない!

ホームステイは窮屈そう*

ホームステイしてる子たちに直接聞いたことで気になったのは。。。

★受け入れ先が移民家族で、基本的に母国語を話しているので英語漬けではなかった

★ご飯が口に合わない

★シャワーを浴びれる時間が決まってる(時間帯じゃなくて10分間とかそういうことね)

★お風呂場のバスマットは使い終わったら必ずバー(?)にかけるとか、めっちゃ細かい決まりがたくさんある

★知らない家族が住んでいる家なので、とにかく気をつかう

カルガリーのクリスタルさんの家のリビングの写真

もちろんすべての家がこうだというわけじゃなくて、もっと緩い家もありますよ*
ホームステイをえらんで良かったー!という方だってたくさんいます☆

ただ、お金のためにホームステイの受け入れをしているオーナーもいるので、
全員が全員、留学生・ワーホリビジター ウエルカムではない ってことを心がけておくと良いかなと、僕は思いました〜

ま、シェアハウスでもトラブルがあったりしますけどね〜↓
トラブル発生!外国人シェアハウスで唯一受け入れられなかったこと

でもシェアハウスなら、ホームステイに比べて居住者間の距離が離れているので、気が楽です*

まとめ

シェアハウスは自由度が高いことがメリットであり、デメリットでもある*

それに対して、ホームステイは家によって決まりごとが多くて、窮屈に感じることがある。

個人的には、「自分の好きな時に」ルームメイト達と英会話の練習ができる、シェアハウスが生活しやすかったです(^^)

んま〜 シェアハウスもホームステイも、自分と他のメンバーとの相性次第ではありますけどね〜
・・・これだけ長々と記事書いて、結局それ言っちゃった(笑)(笑)

はい、以上!
友達のホームステイ生活がちょっと窮屈そうに感じたので書いてみたワーホリ生活事情でした〜

シェアハウスの探し方はこちら↓
超簡単なワーホリシェアハウスの探し方|エージェントなしでカナダで家見つけた〜

ルームメイトとの協同生活について↓
海外シェアハウスでの英語|ネイティブ・外国人留学生・日本人と暮らした感想*

関連記事(一部広告含む)