SNSでイイネしない人と、人の成功を喜べない人の共通点|心が軽くなる話*

イイネする?しない?

SNSでイイネを押さないのには 様々な理由があると思いますが、

「特定の相手の投稿にだけイイネできない (特定の相手の意見やアドバイスを受け入れられない)」のと「人の成功を素直に喜べない 」そんな方に関するお話。

で、今回は、「自分自身」がそれに当てはまる場合に 気持ちを楽にするコツと、
自分の身の回りに それに当てはまる人がいる場合に「その相手に対して」、こちらがしてあげられることを紹介いたします〜

ポイントは

自分と他人を天秤にかける必要をなくしてあげること*

按讃(イイネ?)缶バッジの写真

・ぷち補足

他人のSNS投稿やインターネット等に あがっている話題が、自分のことを言われているかのような気になってしまい
ムッときたり、不安になりやすい、傷ついてしまいやすい場合にも効果的です。

心理的な特徴

まずは「なぜ イイネを押したくないと思ったり、人の成功を素直に喜べなくなってしまうのか」その心理的な部分から見ていきます。

たとえば、相手の成功を認めてしまうと・・・

★相手のやり方が正しいことになり、つまり 間接的に「自分が間違っている」と認めることになってしまう

★自分が劣っているように思えてしまう

このような思いが心のどこかにある時、素直に喜べなくなる要因になることがあります。

デスバレーのバッドウォーター(塩の観察)の写真

そういう方達の共通点として多いのが

超ぉ〜がんばり屋さん☆

てこと(^^)

・ぷちぷち補足

他人へのイイネに抵抗を感じたりするのは「人間らしい感情」で、むしろ この気持ちが湧きおこるのは自然なことです。

だれもが抱くものなので「そういう感情を持っていること自体」は、気にしなくても大丈夫ですよ(^^)
実際、僕にもありますし 気持ちは よくわかります〜

大切なのは、それで自分や相手が不快な思いをしないよう、気持ちを和らげてあげること*

気持ちが晴れる解決策☆

はい、早速 その答え・解消法にいっちゃいましょう!

まずは「自分自身」の気持ちを楽にするコツについて〜

それは ズバリ!

ありのままの自分を好きになってあげること

です*

ヴィクトリアの州議事堂の写真

これ、言葉では簡単に言えますが、意外と難しく感じる方は多いのではないでしょうか。

ですので、たくさんある「自分を好きになってあげるコツ」の中でも 僕自身が気軽に、簡単に取り組めたものをご紹介いたします*

☆自分で自分を褒めてあげる

☆大きな幸せではなく、小さな幸せに目を向ける

この2つでございます〜

自分の、自分に対する評価が鍵☆

自分が「自分であることに満足している (自分を認めることができる)」と、他人の成功に嫉妬したり、他人の意見が気になりにくくなります。

だって、イイネを押したくないのは「自分が間違っている」とか「自分が劣っている」ことを自分で認めたくないから、なわけなので
自分が自分であることに満足さえしてしまえば、自分と他人を天秤にかける必要もなくなるんです。

でも 自分で自分を認めることができていないと、「自分を認めてくれる人」は他人しかいません。

だから まわりの人に認めてもらえるように 他人より優れていたいという思いが、自分でも気づかない心の隅に生じて
その結果、身近な 特に(無意識で)ライバル視している人が うまくいくのが素直に喜べなかったり、自分の性格や生き方に対して否定的な話題に 敏感になってしまうことがあるんです。。*

泥酔した友達(寝袋でバンザイ)の写真

この状態になるのは、より良い自分になろうと 一生懸命がんばっている人ほど多くなる傾向があります。

あ、もちろん自分を成長させようと努力することは、とてもステキなことですから、それを抑える必要はございません。

今回お話しているのは「そんな感情で苦しくなってしまった時に、自分と まわりの人との調和を取りやすくするコツ」でございます*

自分を認めてあげられると どんな変化が起こるのか、具体的に書いた記事もございますので興味がありましたら〜↓
「自分らしく生きる」と言ってる人達のほとんどができていないこと*

その1:自分を褒めてあげる*

自分を認めてあげるには「 自分で 自分を 褒めまくる 」ことがとても効果的です☆

が、しかぁ〜し!

自分は特別なスキルを持っているわけでもないし、勉強や仕事の成績がいいわけでもないから
自分の褒められるところなんて見つからないよ・・・ と、思う方もいるかもしれません。

いや〜その気持ちメチャクチャよくわかります〜
僕なんて もっともっとダメダメな人間ですからね〜(苦笑)

詳しくはこちら↓
実は僕、とってもネガティブマイナス思考で根の暗い性格なんです〜

大学キャンパスでサンタのコスプレの写真

じゃあそんな僕が、どうやって自分を褒めているのかと言いますと・・・

ズバリ! 褒める基準を鬼下げているんです〜!!

たとえば。。。

今日もちゃんと自分の服を洗濯できた、えらいぞ〜*

道に落ちているゴミを拾ってゴミ箱に捨てることができた、えらいぞ〜*

みたいなレベルで褒めてます(笑)

沖縄県波照間島のヤドカリの写真

そんな小さなことを褒めたところで、自分が変わるわけない!
という声が聞こえてきそうですが、僕も含めて 変わった人がたくさんいるので、この方法をシェアしたいと思いました☆

ちなみに 僕は、ほかの人と比べて自分を褒める回数が圧倒的に多いと思います。
少なくとも1日20回以上は褒めてますからね〜

中には、同じ内容でも毎日くり返し褒めていることもあります(^^)

スポンサーリンク

その2:目の前の幸せに気づいてあげる*

自分の暮らし・人生に満足することができていれば、他人の意見が気になりにくくなります〜
ていうか「インターネット上にあがっているだけの意見」くらいなら、そこからの影響は ほぼゼロになります★

だって だれが 何を言ったって 「自分が幸せである事実」が かわることはありませんから〜*

松山・道後温泉ゲストハウス |ミソスープの談話室(宿泊者と一緒にご飯)の写真

じゃあ どうすれば自分が幸せだと思えるのか ですが、その方法はズバリ!

「 小さな幸せ を 見つけまくる 」

ことです〜

これもですね、先ほどと同じで、見つける幸せの基準を鬼下げることがポイントになってきます(^^)

たとえば。。。

雨が気持ちよく降ってるなぁ〜*

今日もご飯を食べることができた、ありがたいなぁ〜*

など、こういった日常で いつでも感じられる幸せに、しっかりと目を向けてあげることが大切です☆

神奈川県鍋割山の鍋焼きうどんの写真

幸せとは、だれかが自分のもとに運んできてくれるものではなくて、

身の回りに すでに存在していることの中から、自分でどれだけ幸せを感じようとするかで、その人の幸福度の高さは決まるんです。

それから、雪だるまが 元は小〜さな1粒の雪であるのと同じで、
小さな幸せをた〜っくさんかき集めると、それが大きな大きな幸せになるものなんですよ(^^)

神奈川県の大雪(辻堂海浜公園駐車場の雪だるま)の写真

・ぷちぷちぷち補足

戦争や貧困などに関する写真を眺めてみたり話を聞くことは、
自分の身近にある 小さな幸せに気づきやすくする効果があるかもしれません*

ただ、この類のものは刺激が強いものが多いので お気をつけくださいませ〜
胸が苦しくなったり気分が悪くなるほど見る必要はない、と 僕は思います。。*

僕式インターネットの使いかた↓
インターネットやテレビの時間減らしただけなのに生活が楽になった話

相手にしてあげられること*

つづきまして、自分の身の回りに、他人の成功を全然喜んでないな〜この人!笑
って人がいる時、「こちらが」その人にしてあげられることについて*

まあこのコツはあまり使う機会がないと思いますので、説明は軽くいたしますね〜

はい、そんな人がいる時は、もうハリセンで頭を軽快に叩いてあげてください☆

スパーンッ!

大学時代の友達のスパイダーマンの写真

うそうそ。

僕なら こうします↓

その1:相手のことをメチャクチャ褒める

要は、その相手がまだ「だれかに自分を認めてもらいたい状態である」ってことなので、こちらがそのお手伝いをしてあげれば 相手は喜んでくれるんです(^^)

イイネを押してあげるのも、イイネ!

(相手は嬉しさとか感謝の気持ちを表には出してくれないかもですけど〜)

その2:その人の前ではそういう話題を切り出さない

そういう話(たとえば 自分の手柄とか昇進の話など)をすると祝福の言葉ではなく、
逆にイラっとする意見をいつも返してくる相手の場合は、もう最初からそんな話題は出さない(笑)

その相手にスゴいと言わせたくて、何かを成し遂げたわけではないですからね(^^)

山梨県韮崎市の田んぼ(稲穂)と富士山の写真

お互いに気分が下がってしまう話題なら、それをしないでおくのも相手への優しさなんです*

関連記事〜↓

「 気の合わない人とは、会わない 」それは お互いのため*

「許せない」のは自然なこと* だから ムリはしなくていいんです(^^)

あと 当たり前かもですが、お互いに褒めあったり認めあえる仲間と一緒にすごすのが、1番心地がいいなり〜♪

余談:他人の成功は 自分の成功☆

これは僕の個人的な考え方なのですが。。。

僕は「他人の成功は めぐりめぐって結果的に、いろんな意味で 全ての人間(僕)を押し上げてくれる」と思っています*

たとえば、このブログの読者の90%以上が、僕とは会ったことがない人達なのですが
その人達が何かで成功した時、その成功は僕にプラスの影響を運んできてくれるんですよ〜

・・・意味がわからないかもですが、でも 世の中そういうものなの(笑)

霊山寺(本堂の灯籠)・四国八十八ケ所お遍路1番の写真

もっと身近なことで例えるなら
同じ会社の同僚が いい成績を出すと、それにより会社全体の成績が上がる感じ〜

で、僕の考え方は「 会社 = 地球 、同僚 = すべての地球人 」みたいなイメージ*

まとめ

「 特定の人の投稿にだけイイネできない人 」 と 「 人の成功を素直に喜べない人 」 の共通点は、超ぉ〜がんばり屋さんであること(^^)

自分も一生懸命がんばっているのに、ほかの人がどんどん前に進んでいってしまうのは、ちょっぴり複雑な気持ちになっちゃいますよね〜

でもでも 自分が「自分であることに満足できる」と、そのモヤモヤは解消されますよ*

僕が、僕自身であることに満足できたのは

「 自分で 自分を たくさん褒めてあげる 」

「 小さな幸せ を 見つけまくる 」

この2つのことを心がけていたおかげでございます☆

また、自分の身の回りにそういう人がいる場合は
その相手のことを褒めてあげたり、その人の前ではそういう話題を切り出さないことで、お互いに気持ちよく過ごせるよう配慮しています。

はい、以上〜
僕が毎日を心地よくすごすために意識していることについてでした*

それぞれのペースで 心地よく 生きていきましょう(^^)

日常で使う言葉をかえるだけでも、人生を好転させることができます↓
「今日寒いね」は自分と友達を不幸せにする!言葉選びの大切さ☆

最後までお読みくださり ありがとうございました☆
今日が皆さんにとって よき日となりますように*

関連記事(一部広告含む)