記事の書き方|心理的にクリックされやすいタイトルの付け方

結局ブログはタイトル次第

記事を開く前に 読者が得られる情報は、記事のタイトル(とアイキャッチ画像)しかありませんので、記事をクリックして開いて(読んで)くれるかどうかも、記事のタイトル次第になります。

じゃあ、どんなタイトルなら読者にクリックしてもらいやすくなるのか?

てことで!

今回は「読まれやすいタイトルの特徴」について解説いたします~

読まれるための条件

ブログの書き方|読まれない記事のアクセス数を上げる修正方法」の記事でも説明しましたが、まず 記事が「読者の役に立つこと」が、読まれる記事の絶対条件になります。

ためにならない記事を わざわざ読む人なんていませんからね。笑

ですので「タイトルを読んだ時点で、その記事が役に立つことが伝わるようにすること」が、ブログを運営する上で 非常ぉ〜に!重要なポイントになります。

・ぷち補足

一言で役に立つと言っても、その中身は色々あると思います。

たとえば、読者がブログを読む理由で代表的なのは。。。

・情報を得たい

・学びたい

・自分の意見や気持ちに共感してくれる人を見つけたい

・明るい気持ちになりたい(感動したい)

などがあります。

読めば これら(読者が求めていること)を得られるということを、記事のタイトルでしっかりと伝えましょう*

スポンサーリンク

秘技!クリックされやすい言葉

役に立つ記事を書くことに比べると オマケ的な要素にはなりますが、「読みたくなる効果を持つ言葉」をタイトルに使う方法もあります。

たとえば「なぜ〇〇は、△△なのか」とか「(読者にも)すぐに、簡単にできる」、それから「〇〇を使っている人は・・・」のように特定の層を示す言葉など*

いくつか例もあげてみますね(^^)

・心理をうまく突いてくる(笑)編

え、なになに? と、記事が気になってしまう言葉たち〜

「まだ試してないの?」
「○○を変えただけで」
「〜の あたなは損してる」

・特定の人に的を絞る編

趣味や職業、年齢など、当てはまる読者の気持ちを強く引く言葉~

「○○の内にやっておくべき」
「給料が上がりやすい仕事の特徴は・・・」

気になる写真

・よく使われている単語編

これはインターネットで検索した時によく見かける単語です~

「まとめ」
「オススメ」
「ランキング」and more…

適当な言葉でネット検索するだけでも 記事は無限に表示されますので、その中でも 気になってしまうタイトルを見かけたら、どんな言葉や言い方をしているのかチェックしてみましょう☆

ただし、こういった心理的に響く言葉を使うときも、それが読者の役に立つという条件は変わりません。

ダメなタイトルが、これ

僕のブログにも、タイトル変更後に読んでもらえるようになった記事があります(^^)

たとえば

「無知の地獄」

これはブログを始めたばかりのころに書いた記事の、旧タイトルなんですけどね・・・全然読まれませんでした(笑)

読まれなかった(クリックしてページを開かれない)理由は、
「タイトルを読んでも、何について書いた記事なのか全くわからないから」です。

タイトルはとっても大事

記事の内容はと言うと「英語留学した際に、自分のリスニング力が乏しすぎて苦しい思いをしたよ」という お話。

結構まじめに書いたつもりなんですけどね・・・(苦笑)

一生懸命記事を書いても読者にページを開いてもらわない限り、何も伝えることはできないんですよね~

過去の記事も まだまだ伸びる

「無知の地獄」の変更後の記事タイトルは

「英語の授業が聞き取れないから留学で失敗!無知が生み出した地獄 ・・・」

このタイトルなら記事の内容だけでなく、僕が体験したことまで なんとなく想像してもらうこともできます。

それに加えて、今後に英語留学を計画している人が参考にできそうな「役に立つ情報(メリット)」が、記事に含まれていることを暗示させています。

ほかの記事も 同様にタイトルを変更していった結果、
記事やブログ自体に興味を持ってくれる読者の数が、少しずつ増えてきています☆

読者は秒レベルで記事を評価してくるので、その対抗策も解説してみました↓
読者が好む「記事タイトルと内容の構成」の組み立て方

補足:検索キーワードを盛り込もう☆

検索キーワードとは「何かを調べる際などに、ネットで検索にかける言葉」のことです。

検索キーワード

無知の地獄の変更後のタイトルにも、検索キーワードを盛り込んでいて
「英語」「授業」「聞き取れない」「留学」「失敗」が、そうです。

タイトルにキーワードを使うことで、誰かがGoogleやYahooでこれらの単語を検索にかけた時、この記事が検索結果に表示されやすくなります*

・・・「無知の地獄」を検索にかける人なんていませんので、アクセスされるわけがなかったっすね(苦笑)

ちなみに、これが例の記事です↓
英語の授業が聞き取れないから留学で失敗!無知が生み出した地獄 ・・・

だが、なによりも最優先なこと!

役に立つ記事、クリックされやすい言葉、これらを意識することは大切ですが
何よりもまず、何に書いてある記事なのか伝わらなければ 元も子もありません。

てことで、記事の内容をわかりやすく、的確に伝えることが最優先です☆

気になりそうな言葉や検索キーワードを盛り込もうとするあまり、違和感が出てしまい、逆に読みたくなくなるタイトルになってしまわないように気をつけましょう。

まとめ

ブログの記事を開く前に 読者が得られる情報は、記事のタイトル(とアイキャッチ画像)のみ。
だから読者が記事を読むかどうかは、タイトル次第である。

タイトルの付け方のポイントは

・記事の内容がわかりやすい

・記事を読めば役に立つことがわかる

・クリックされやすい言葉をえらぶ

・検索キーワードを盛り込む

などがあります。

過去に書いた読まれない記事も、これらを意識してタイトルを変更することで「読まれる記事」にすることもできます☆

もちろん記事の内容ありきのタイトルですが、せっかく書いた記事ですので1人でも多くの方に読んでもらえるよう タイトルも工夫してみましょう(^^)

はい、以上〜
まったく読まれない過去の記事のタイトルを変更してみたら、ちゃんと読んでもらえるようになったのでタイトルはとても大事だなと思いましたよ日記でした!

最後までお読みくださり ありがとうございました*
この記事が すこしでもお役に立ちましたら 嬉しいです☆