カナダに住んで思う、本当の英語を身に付ける最良の勉強方法はこれ。

「英語が第一言語の人(ネイティブ)と行動すること」

これが本当の英語を身に付ける最良の学習方法。

「何て言えばいいのかわからない」から 話せないわけなので、
英語を話せる人が何て言っているのかを 吸収すればいいのである\(^o^)/

・・・超当たり前(笑)

日本語はどうやって覚えたの?

僕が覚えたいのは「自分が英語圏で生活していて、まさにその時必要になった言葉」です。

でも参考書や英語勉強ブログで解説されている言葉って、実用することが意外となかったりするんですよね〜

てなわけで、シチュエーションに合わせた本当の英語を学ぶのなら、
それを話す人(つまりネイティブ)と行動を共にして 彼らが使う言葉を聞くのが1番なんです(^^)

僕らが日本語を覚えたのも その方法でしょう*

スポンサーリンク

カナダで生活して思う。。。

僕がカナダに住んでてよく直面したのが「答えかた(相槌)が わからない」っていう場面。

たとえば、機械の使い方とか何かを説明してもらった時に
“I see. Thank you!”
って返すのは間違いじゃないし、一応感謝の気持ちが伝わるからいいんだけども、もうちょっとバリエーションが欲しくなるんです〜

はい、そんな時!

「ネイティブと一緒に外食とか買い物にいったりして、一緒に過ごしていれば、シチュエーションごとに どんな返しをしているのかラーニングできるのにな~」

そう思ったわけなんですよ*

カナダデー記念サンダルの写真
“eh?”はカナダの方言

出会いの作りかたも紹介してますのでよかったら〜↓
日本に興味を持った外国人(ネイティブ)の友達の作り方(Meetup体験談)

個人学習ってさぁ〜

シチュエーションに合わせた英語を テキストや英語勉強ブログ(Google検索)で調べても、
自分が本当に知りたいニュアンス(シチュエーション)に ピッタリ当てはまる言葉って、なかなかないんですよね〜

理由は簡単!
テキスト作成者もブログ筆者も、学習者が置かれている状況を知らないからでございます★

日本語で考えるとわかりやすいかもですが。。。
同じシチュエーションで使える言葉はメチャクチャたくさんあるし、その時その時の気分で使いたい言葉は ちがいますでしょう?

季節労働愛媛県でみかんアルバイト(地元の子と観光・道の駅でジェラート)の写真

だから、テキストなどの日本語訳では自分が表現したいことに、一応当てはまっていても
「実際にはネイティブは(ニュアンス的に)ちがう表現を使っている」なんてことがしばしば*

そんなことがあったので、僕は「ネイティブと一緒に行動すること」が英語を身に付ける最良の方法だと思ったんです〜

余談:必要に迫られれば自然に☆

「英語を聞きまくって 英会話をすることが、もっとも英語力を効果的にアップさせる方法である」
これは「脳科学」に基づいた学習法なのですが。。。

「英会話」を身に付けたいんだから、実際にそのシチュエーションを体験することが 最善なのは当たり前ですよね(笑)

あるスポーツの動画を見たり知識を勉強しただけでは、大会で優勝できるわけがないのと同じかな〜

ほんで、その状況を強制的につくってしまう方法が
日本語を話せない友達(ネイティブ)と一緒にいる・・・つまり「英語を話すことが絶対に必要な環境」に身をおくこと
なのであります☆

ポルトガル・リスボンのゲストハウススタッフとの写真

ちなみに この場合なら、「勉強するぞ!」ではなく「友達と仲良くなりたい☆」といった感じで、
遊び感覚で学べるので 気持ちのノリ・モチベーションも全然ちがうはずです(^^)

日本国内で楽しく英語を話せるお仕事もございます↓
ホステルとは?英語を使う仕事(アルバイト)なら超オススメです~

まとめ

僕らが日本語を覚えた方法は「日本語を聞いて 実際に話すこと」です。

英会話もそれと同じです(^^)

てことで!

ネイティブが日常会話で使う英語をたくさん聞いて 実際に話してみることが、英会話を身につける最良の方法なのでございます〜☆

はい、以上〜
脳科学に基づく英会話学習方法についてでした〜

個人でできる英語勉強方法についてはこちら↓
留学、ワーホリが1年経った今、効果的な勉強方法を紹介しちゃいます!

関連記事(一部広告含む)