誰でもできる「自分にしかできないお仕事」って、コレです〜

はい 今日は お仕事に関する 大切なお話をします*
ちょっとだけ 長いです(^^)

お題は 「 お客さんが 求めているもの 」

*☆*☆*☆*

ドラえもんは
当時、漫画のなか ( 人の頭のなか ) だけでしか
描くことができなかった 凄い道具を
未来からやってきた ドラえもんが使ってみせる というお話です*

次は どんなことが起こるのかな?
どんな凄い道具が でるのかな?
と、50年前は こどもだけでなく 大人も 楽しみにしていました☆

50年後の今、ドラえもんを読むと
「 あ、これよりも凄い道具を 僕はもっているな 」
と、思うことが しばしば〜

技術が 進歩したおかげで
人のかわりに 機械 ( ロボット ) が
こなしてくれる お仕事が どんどん増えています*

今から50年後の 世界では
ロボットが どこまで出来るように なっているのか
まったく想像が つきません★

でも ロボットには
絶対に できないことが あります(^^)

それは 「 あなた 」 に なること☆

最近は サービス ( 商品 ) の 質よりも
それを提供する「 人 」を
優先して見ているお客さんが 増えています〜

「 今日は あの人が働いているから あのお店に行こう 」

「 あの人が オススメしてくれたものだから 安心して利用できる 」

こんな風に ものごとを決めたことは ありませんか(^^)?

はい 自分も 「 あの人 」 に なっちゃいましょう♪

ギリシャ・パルテノン神殿と自分の写真

ギリシャのパルテノン神殿〜
2010年11月 撮影:当時22歳

夕方ごろにこの場所へ戻ってきて、夜景を見てから宿へ帰ろうとしたら
道が真っ暗になっていて、前方の暗闇に「ハスキーみたいな、超デカイ犬がいるな〜」って思った、
その次の記憶は、犬に追われて全力で走ってる状況です。

野良犬を発見してから、追われて走りはじめるまでの記憶がナッスィン。。。

あまりの恐怖に、記憶を失いましたとさ★笑★

関連記事