人生観が変わる!メキシコの楽園シポリテはこんな集落~

Pocket

拙者が仕事の悩みや将来の不安を抱えた人に旅行をオススメする楽園シポリテがどんな集落であるかをご紹介しちゃいます。

ヘヴン感が凄くて34泊しちゃいました。

楽園天国Zipolite

ここシポリテはメキシコのオアハカ州の南側・・・オアハカって言われてもピンとこないだろうけど、まあメキシコの南にある常夏のビーチリゾート(という程大きくはない集落だけど)でござる。

メキシコ・シポリテのビーチとベッドの写真

近くにプエルトエスコンディードとかマスンテっていうビーチリゾートもあるんだけど、それらの町と比べて観光地化していなく、静かに過ごせる集落です。

一応行ってきたので載せとく↓
メキシコのマスンテは観光地化が進んでてあまり好きじゃなかった。

マスンテ(シポリテ)唯一の観光スポット海亀の水族館がある意味おもしろい

ちょっとお洒落なちっちゃいレストランや、綺麗なホテル(あまり大きくない)が数軒、ローカルの食堂や缶詰・パン・飲み物とかを売ってる小さな商店が数軒あるくらい。
小さな宿は割と多い。

ヒッピーっぽい人たちが路上でアクセサリーとか売ってるけど、ちゃんとしたお土産屋さんとかは1,2軒しかない。

集落自体めっちゃ小さいよ!

それ以外は綺麗な海に広~いビーチと、安くて美味しいメキシコビールしかありまそん。

メキシコ・シポリテのバーのメニューの写真

シポリテって、うん。



何も無い。

故に最高の癒しスポット。

ここの何が楽園なのかと言われると、う~ん・・・なんだろ?笑

好きな時に海で泳いだりビーチを散歩して、好きな時に美味しいご飯とお酒を楽しめる、観光するものが何も無いからこそ「自由」を味わうことに集中できるところかな。

メキシコ・シポリテのビーチと安宿の写真

ここで数週間「何もしない」をしながら、現地にいる人たちの自由な時間の過ごし方を観察してみれば、きっと人生観が変わる。

スポンサーリンク

毎日泳ぎ放題!海~

ゴミの落ちていない綺麗な砂浜が1km強続いている。
岩場はビーチの両端にあるだけなので、万が一強い波にもまれてしまっても、ケガをすることは無いので安心して海水浴を楽しめるよ!

メキシコ・シポリテの綺麗な海(プラヤアモーレ)の写真

海は世界の有名ダイビングスポット程綺麗ではないかもだけど、開放的な気分になって気持ちよく泳ぐのに充分な綺麗さではある。

ちなみにメインの広いビーチとは別に、プレイべート感のある超穴場海水浴スポットもあるのだが、それはまた別の記事で紹介しよう。

あとはここのビーチでは水平線から昇り、水平線に沈んでいく太陽を眺めることが出来るのも見どころの一つ。

メキシコ・シポリテの夕日の写真

なかなか無いでしょう?海から昇って海に沈む太陽を見れるポイントって。
しかもこんな楽園のような場所で。

何も無い!集落~

レストランとか商店がある道は端から端まで数百メートルしかないです。

メイン通りはこんな感じ~

メキシコ・シポリテのメインストリートの写真

あとはビーチ沿いに小さなレストランや宿が10軒くらいあるかな?

お土産屋さんも観光スポットもないから、純粋に「何もしない」を楽しむことに集中できるよ。

年末だけかもしらんけど、夜になるとたくさんのアクセサリー露店が並び、ストリートミュージシャン達も現れるのでお祭りみたいになってた。

メキシコ・シポリテの路上マーケットの写真

移動サーカスのショーや生ライブもチョイチョイやってておもしろかった~

砂浜に作られた簡易サーカスステージ~
波の音を聞きながらサーカスとお酒を楽しんじゃいました☆

メキシコ・シポリテの移動サーカスの写真

・補足・
このシポリテは現在急速に発展してます、急速に!
拙者がいた1ヶ月間の間にもカフェレストランが2軒オープンしたし、オープン準備中のお店も3軒あった。

これからもどんどん発展していくだろうから、観光地が好きじゃない人はなるべく早めに行くことをオススメしやす。

メキシコ・シポリテのレストランの写真

数年前のシポリテの写真と現在の様子を見比べてみたら全然違ってたし。

余談:驚愕の滞在費

シポリテってビーチにテント張れる宿もあるんだけど、一泊20ペソ(約百円)のとこもあります。

砂浜でテント生活するなら宿泊費は一ヶ月たったの3000円。笑

瓶ビールは一本12ペソ(約60円)。

灼熱の太陽の下で綺麗な海を眺めながら浴びるようにビールを飲んでください。

一番の見どころは・・・

そんな何も無い楽園シポリテで一番おもしろかった(興味深かった)ことは

そこにいる人々を観察すること!

ここで生活している人や旅行者って自由な生き方をしてる(ていうか変わってる)人が多かった。

砂のお城を作る全裸のお兄ちゃんお姉ちゃん。
朝から夕暮れまでひたすら砂浜に寝ることを6ヶ月もの間毎日繰り返す夫婦。

その他の変人っぷりは下の記事で書いてます↓
仕事の悩みや将来の不安を抱えた人が行くべき楽園シポリテ

でね、そんな人たちを見ていると
「どうなるかもわからない先のことばかり不安に思って、今を楽しめていないなんて損だな。
自分の人生なんだから自由に、好きなだけ楽しんだら良いんだ。」
そう思えてくる。

だから拙者がシポリテで一番おもしろいと思ったのは、現地人も旅行者もまとめてそんな自由に生きている人たちを観察することだった。

メキシコ・シポリテのボディボードをする少年の写真

あ、誤解しないでもらいたいのは、ヒッピーみたいな人の真似をしろって話じゃないってことね。

シポリテの滞在者は充分な貯金やその後のプランを持って計画的に遊んでる人ばかりじゃなく、中には職無し金無しで今日もギリギリで生きてます!みたいな人とか、完全に道を見失ってる人もいる。
だからまあそういう人達を見かけて、彼らの生き方をどう解釈して自分の中に吸収していくかは各自うまいことやってください。笑
別に彼らの生き方が悪いって言う訳じゃないんだけどね。

集落の紹介からちょっと話がズレちゃったけど、まあシポリテはそんな場所です。

海と安くて美味しいご飯とメキシコビールしかない、が故の・・・

まさに楽園天国。

メキシコ・シポリテのビーチリゾートの写真

以上!
メキシコの秘境シポリテの紹介でした~

シポリテへの行き方はこちら↓
オアハカからポチュトラへ移動、そして常夏の楽園シポリテへ。。。

宿情報~↓
シポリテのオススメの安宿!優しいオーナー☆

人生を楽しく生きるためのヒントはここにある。
生き方は一つじゃない、決まりなんてないんだよ。

だから毎日を楽しく過ごしていこうじゃないか。

関連記事(一部広告含む)



Pocket