ワーホリは帰国後の就活に役立たない?いや、役立つよ!大切なのは・・・

Pocket

大切なのは就活の仕方

ワーキングホリデー、これが就職活動にどう影響するのか気になるところですよね!

この経験は不利になるのか役立つのか・・・

はじめに結論を言いますね〜

はい、絶対に役立ちます☆

だって「日本を出たことがない人が、絶対に持っていない経験(成長)」をしていますから、そりゃ当然なんですわ〜

・・・・でも、1番大切なのはワーホリでどう過ごしたかの中身よりも、「就活のコツ」を掴むこと☆

面接官が評価するもの

就活の基礎的な知識なので、もうわかっている人もいるかもしれませんが。。。
まずは「面接で、自分が持っている特別な経験や資格について話せば受かる」という考えを捨ててください〜

特別な経験も資格も、なにも持っていない人が採用されている事実があるからです〜

それじゃあ一体なにが、採用の決め手になっているのかと言うと「人を惹きつける魅力」があるかどうかです☆

pride paradeにみんなで参加してる写真

たとえ超名門エリート大学を首席で卒業、
ボランティアにもたくさん参加したし、バックパックで世界も一周した、
という素敵な経歴をお持ちであっても、その本人のことを好きになってもらえなければ採用されませんからね〜★

大切なのは面接官に
「この人と一緒に仕事したいな〜、この人が職場にいてくれればあの仕事がうまく回りそうだな〜」と思わせること!

それを決めるのは経歴じゃないんです。

え、じゃあワーホリという経験は?

経歴が関係ないなら、ワーホリも意味ないじゃんって思うかな(°°)?

そんなことはないんですよ〜

記事のはじめにも書きましたが「日本を出たことがない人が、絶対に持っていない経験」
つまり、他の人にはない成長をして、より魅力的になっているからです☆

「これを面接官に伝えられるかどうかが、合否の境目」と言ってもいいくらいなので要チェックですよ〜

スポンサーリンク

たとえば〜

もしも僕が面接官だったとしたら。。。

「海外で働いてお金をかせいで、自分の力で生活してきました」と言うだけの人は、ハッキリ言って
「これまで都内の実家暮らしでしたが、北海道で初めて一人暮らしをして厳しい冬も乗りこえました」って言う人と、ほぼ同じ評価にしちゃいます〜

理由は、その情報だけでは「就活生がどんな人間なのか(魅力)」が、まったく伝わってこないからです★

ストリートフードカートの店員さんの写真

それに「世界一周」とか「震災ボランティアに参加」「資格を取得」なんてことは、
やる気さえあれば、誰にでもできることですからね〜

面接官が聞きたがっているのは、
それを経験したことで何を学んで、どんな人間になってこの先(会社)に活かしてくれるのか
なんです☆

余談:英語を話せるから、何?

就活時にただ「英語を話せます」って言っても、ほとんど評価されないことがあります。

僕の友達は、外国人が相手の会社を経営しているんですけど、
採用面接のときに「TOEIC900点です!スピーキングもできます!」って自信あり気に言う人がいるんだけど「・・・で、英語が得意だから何?」ってなるって言ってました;;

「そんなことより、会社のシステム(仕事内容)のこと理解できてますか? たとえ日本語だとしても取引先の相手と商談できますか?」・・・とのこと。

和室でブログ執筆の写真

友達のひねくれた返答(笑)を、わかりやすく言いかえると。。。
「あなたを雇ったら、どんなメリットがあるのかを話してほしい」ってことです〜

まあ、スキルのアピールの仕方(面接態度)次第では採用されることもありますが、それについては長くなるので今回は省きます〜

海外で得られることは何?

ワーホリを就活に役立たせたいなら、
「海外で生活したからこそ」成長できたこと(身についた人間的魅力)をアピールしましょー☆

それこそがワーホリ経験者が最大限アピールすべきポイントです(^^)

すでにワーホリをはじめて現地にいる人は、まわりを見回したら何が見えますか?
そこで出会った人達はどんな考え方や生き方をしていて、日本にいる人達とは何が違いますか?

海外には、日本にいたら絶対にできない経験をいくらでも得られて、自分を成長させるヒントがあちらこちらに転がっていますよ♪

ビクトリアシンフォニーで踊る人々の写真

面接で話すべきなのは、海外でアルバイトした経験談、外国人とのシェアハウス体験談ではありません。

ワーホリで身につけた人間的魅力をアピールするんです☆

まとめ:成長意欲が大切!

面接でアピールすべきはワーホリの経験談ではなく、自分の魅力(能力)である。

海外で得た人間的魅力(成長)を面接で話せば、
日本でしか生活したことがない他のライバルとは「明らかに違うアピール」ができる。

そのためにもワーホリ中に成長しようとか、
日本では出来ない経験をたくさん積もうという意欲を持つことが大切ですよ(^^)

以上!
ワーホリは就活に役立つのでその理由を書いてみました〜

自分の魅力を引き出すための、基礎的なことは僕のブログでも紹介していますので、
興味のある方はよかったら〜↓
負のオーラを放つ僕が他人に好かれる人間になった7つのコツ!!

今回の記事を読んでも僕が言っていることがよくわからなければ、
とりあえず現地で可能な限り、色々な経験をしておいたら良いと思います(^^)

経験さえ積んでおけば、あとからその経験を分析することでいくらでも応用(成長)できますよ☆

こんな記事もあるよ↓
ワーホリを無駄に(後悔)する人にありがちな特徴がコレ!海外生活の目的は何?

最後に大切な事を一つ

ワーホリは就活に役立たない!と思っている人は役立たせることは出来ないし、
ワーホリ経験を就活に役立たせる!と思っている人は役立たせることが出来るんですよ〜

関連記事(一部広告含む)



Pocket