ゲイのおじちゃんとの何気ない会話。愛について少し考える。

Pocket

シポリテでの生活ルーティンでは午前中に海に入りにいくのだが、今日は波が荒いので海には入らずホテルにこもってPCデスクワークを行うことにした。

カタカタ タン!

カタカタカタ・・・

メキシコの楽園シポリテ滞在5日目。

まったりシポリテライフ

お昼。
ここ数日通っている食堂に行ってみると、同じ宿のオーストラリア人のゲイのおじちゃんに出くわした。

メキシコ・シポリテのレストランの入り口(クリスマス仕様)の写真
常夏地域のクリスマスはこんな感じです。暑いです。灼熱です。

とりあえず相席でお食事。
ビール奢ってくれた~\(^o^)/わーい

「夕方になったらバーにマルガリータを飲みに行こう」と、おじちゃんに誘われた。
まあビール奢ってくれたし、断るのもなんなのでお付き合いすることに。

ほんでなんやかんやで夕方になりおじちゃんとバーへ~

シポリテでゲイのオーストラリア人とバーへ行った写真
※別の日撮影。ちょいちょいおじちゃんと飲み行ってました(笑)

さて、どんな話をするのかと思っていたのだが、その内容はセッ○スについてばかり(笑)

「シポリテではもうしたのか?」と聞かれたが「していない」と答えると「お前は若いんだから、やらなきゃダメだ!」とのこと。
いや、まあしたくないわけじゃないけど、シポリテにしたいと思う相手(ていうか友達一人すら)いないし、と思っていると「俺がいい女を見つけてやるからな!」とか勝手に言いだしている。

・・・別にここでそれを求めてないっちゅーに。

結局今夜はガールハントを実行せず、事無く一日が終わる。

「愛」について少しだけ考える

おじちゃん的には「人は皆愛を求めていて誰かと一緒にいる(セッ○スする)時、愛を感じて幸せになるんだ」とのこと。

ふむ、「誰かと一緒にいる時に愛(と幸せ)を感じる」まあそれは一理あるな。
自分で自分を愛する、なんてのもあるかもしらんが基本的には愛は他人に与えて、他人から与えられるもの。
そして確かにそうしている時には幸せを感じる。

セッ○スも愛を与える手段の一つだとは思う。
でも抱き合ったりとかは、相手を選びたい。

あんまり深く考えた事なかったけど、拙者にとってはまだそれが特別な行為ってことかな。

あ、てことは、自分にとって「愛」は凄く特別で大切にしているものなのか。
うん、そーいやそうだね。

へぇ~
なんかちょっと新鮮な発見できた。

かと言ってこれまでは女性とのお付き合いを軽い気持ちでしてきたわけではなく、もちろん相手をちゃんと好きになってからしていたよ。
ここで言ってるのは恋愛以外での「愛」ね。

最近、人との繋がり(愛)もめちゃくちゃ意識(大切に)するようになったしな~↓
現在拙者が取り組んでいること

旅に出る前の自分はどちらかと言えば一匹狼タイプだったから、なんかえらく変化しちゃったもんだな(笑)

今度この変化が起きた理由を記事にしてみよかな。
記事の下書き(ネタのメモ)は既に166記事(笑)、また一つネタが増えた\(^o^)/延々と増え続けるー☆

兎にも角にも、もっともっとたくさんの人と友達になって一緒に楽しく生きていくぞー(^^)♪

以上!
ゲイのおじちゃんとの何気ない会話について何気なく書いてみた日記でした~

セクシュアルマイノリティ↓
カナダのゲイ・レズビアンのフェスティバルに参加して思う事。

メキシコのゲイ・レズビアンのパレードがちょっと過激で怖かった。

シポリテってこんなとこ↓
仕事の悩みや将来の不安を抱えた人が行くべき楽園シポリテ

どうでもいいことだけど、このおじちゃんは”Sh○t!”とか”F○ck!”が口癖らしく、ことあるごとに発しまくっていた。

そして最後に「明日は(午前)11時にゲイビーチに全裸で集合な!」っと念を押して誘われた。
・・・ゲイのおじさんとゲイビーチにいって全裸になるというのは新しい世界が見えそうではあるが、あまり興味が湧かないのでパスすることにした。

自分は、知らないことを知ることが大好きな人間ではあるが、興味の湧かない事に進んでチャレンジするタイプではない。

Pocket