遊び心満点!おすすめキャンプ用バーナー|世界一周でも使えるガソリン燃料〜

Pocket

ウィスパーライト インターナショナル

僕は自転車・軽自動車日本一周中に
ウィスパーライト インターナショナル(メーカー:MSR)という、
ガソリン燃料のバーナー(ストーブ・コンロ)を使っていました☆

MSRウィスパーライトインターナショナル(箱)の写真

MSRウィスパーライトで自炊キャンプの写真

・燃料
ホワイトガソリン or 無鉛ガソリン(レギュラーガソリン)
(パーツを変えると?)灯油も使えるみたいです〜

・1Lが沸くまでの時間
約3.5分(ホワイトガソリン使用)

・火力調整
強火は得意だが、弱火にするのが難しいので
弱火が必要になったときは、調理器具を持ちあげて火から距離をとったりしてました(^^)

公式HPはこちら↓
MSR ウィスパーライト インターナショナル

今回の記事では、ウィスパーライト インターナショナルの「特徴」について説明いたしますが、
「バーナーの仕組みや使い方」については別の記事で紹介しております〜↓
キャンプ用ガソリンバーナーの使い方|自然の中であたたかいご飯を食べよう♪

特徴1:加圧します〜

燃料ボトルの蓋はポンプ式になっていて、点火前に20〜40回ほど
シュポシュポと、ボトル内に空気をおくる必要があります。

回数は中身の量によりけり〜

MSRウィスパーライト(ポンプ)の写真

(たぶん)ポンプ内の圧力を高めて、
バーナー本体にガソリンをおくる(空気の力で押しだす)みたいです〜

※力仕事ではないので、女性でも問題なく加圧できると思います

特徴2:予熱します〜

このバーナーの仕組みを簡単に説明すると。。。

バーナーとして使用するときは、液体のガソリンを「気体」に変えて、燃焼させます。

でもガソリンは、そのままではもちろん液体です〜

てことで、予熱でバーナー本体を温めて、ガソリンを気化させてあげる必要があります。

MSRウィスパーライト(青い炎)の写真

昼間なので見えにくいですが、青い炎がついています。
これが「予熱のおかげで、気体になったガソリン」に火がついた状態。

まあ気体ってことは、要はガスなので
炎の見た目はガスバーナーと変わりないみたいですね〜

ガスバーナーとの違いは?

今回紹介しているウィスパーライトと、ガスバーナーの主な違いはと言いますと。。。

ウィスパーライトは、全体的に手間がかかる★

ガスバーナーは、手間が全くかからない☆

です。笑

僕はそれが好き〜☆

「なぜわざわざ手間のかかるものを?」
と、思うかもしれませんが、それがおもしろいからです(^^)

ただお湯をわかしたり、調理するだけなら
ガスバーナーのほうが断然便利ですよ〜

ガスバーナーなら、小さな本体をガス管にくっつけて、
ガス栓を開けてスイッチを押すだけで、簡単に点火できます☆

また、調理が終わったら、掃除の手間なくすぐにしまうことができます〜♪

プリムス:ウルトラバーナーの写真

上の写真の、P-153 ウルトラバーナー(メーカー:プリムス)は
登山家やキャンパー、旅人など多くの方に愛される優れもの(^^)

こちらは軽量コンパクトだし、使い方も超簡単なのでマジでオススメです☆

で。。。

そんなあっけなく調理が終わってしまったら物足りない!
もうちょっと機材を使ったりして、キャンプ感が欲しい!
という方に、ウィスパーライトがオススメってわけです〜☆

余談:世界一周向けです〜

2018年10月、今まさに自転車世界一周中の友達:にとーへー君が

「世界一周するなら、断然ガソリン燃料っすね!」

と、言っておりました〜

ガス缶はアウトドアショップくらいでしか、見かけないからだそうです★

たしかに海外は、数日走っても町すら見当たらない
砂漠とか、荒野がたくさんありますもんね〜

アメリカもこんな景色が延々と続いてたからな〜

アメリカの広大な大地を車内から撮影

なんもない!

・・・にとーへー君、よく生きてられるな(笑)

はい、そんな生き物の気配すら感じられない
荒野でも補給できちゃう燃料が、ガソリンってわけなんですね☆

そもそも僕がウィスパーライトを購入したのも、
彼がオススメしてくれたのがキッカケでした〜(^^)

にとーへー君の世界一周ブログはこちら↓
世界で孤軍奮走

旅の始まりは2016年4月か〜
僕がメキシコで会ったのは2017年2月くらいだったかな?

そしていまだに自転車をこいでるのね・・・超長い自転車旅行やな〜(笑)

実際に使った感想〜

はい、ここからは、ウィスパーライトを使ってみた感想です〜

ススが出るよ〜

僕は燃料にレギュラーガソリンを使っています。

ほんで、予熱にもレギュラーガソリンを使用すると、
ガソリン(液体)の燃焼によりススが発生し、本体に付着します。

予熱時は数十秒、勢いよく炎があがります↓

MSRウィスパーライト(予熱時、レギュラーガソリンの炎アップ)の写真

MSRウィスパーライト(予熱時、レギュラーガソリンの炎)の写真

※これは正常な予熱ですよ〜

このオレンジの炎がススを発生させているので、本体にそれが付着してしまうわけです〜

ススは使用後に、ティッシュや布で簡単に拭きとることができるのですが、
手などで触れてしまうと、真っ黒になるので注意が必要です〜

MSRウィスパーライト(スス)の写真

MSRウィスパーライト(スス拭き取り)の写真

時々ですが、ススの塊が風でヒラリと舞うこともあるので、
衣服などにつかないようお気をつけくださいませ〜

・ススの発生をおさえる方法

ガソリンは気化すると(予熱後)、燃焼させてもススが発生しません。

ですので、本体の予熱にアルコールを使えば、ススの発生をおさえることができます☆

・プチ余談:ホワイトガソリンが良いらしいです

僕は(高価なので)ホワイトガソリンを使ったことは無いのですが、
どうやらホワイトガソリンを使用すると、ほとんどススが出ないそうです。

ススが気になる方は、お試しあれ☆

ガソリンが香ります

もう1点気になったことは、片付けをする過程でどうしてもガソリン臭くなること〜

使用後の、機材のガソリンがついている部分や、
燃料ボトルを開ける時、中からの圧力によりプシュッと噴きでてくるガソリンが香ります〜

MSRウィスパーライト(プシュッ)

※開栓時に噴きでるのは、ごく少量です

燃料コストについて

ガスバーナーは使ったことがあるけど、持っていないので比較はできないんですけど。。。

ガソリンは590mlの燃料ボトルで、満タンに補充してもせいぜい80円くらいです〜
(2018年10月現在)

安い!

ガソリンバーナー燃料ボトル(MSR590ml)の写真

補給に関しても、頻繁ではないので
めんどくさいと感じたことはありません(^^)

まとめ

ウィスパーライト インターナショナル(メーカー:MSR)は、
燃料としてホワイトガソリン、無鉛ガソリン(レギュラーガソリン)、灯油が使える。

ガスバーナーとは違って、燃料ポンプに加圧したり本体を予熱したりと
手間をかけてあげるので、火をつけるまでの過程も楽しめる☆

(予熱時にレギュラーガソリンを使うと、ススが発生する)

自転車世界一周など、ガス缶が手に入りにくい地域で使用するならば
ウィスパーライト(ガソリン燃料)が超オススメ☆

(あくまで僕の使い方でだけど)
頻繁な燃料補給も必要ないし、満タンに入れても80円なのでコスパ良し!

でも「長期旅行なんてしないし、パッと調理して、すぐに片付けたい!」
という方には、ガス燃料のウルトラバーナー(メーカー:プリムス)がオススメ☆

はい、以上!
ガスバーナーとは違って遊び心感じるガソリン燃料のバーナー:ウィスパーライト インターナショナルは使っていておもしろいのでオススメだよ日記でした〜

寝袋についても書いてみたのでよかったら↓
キャンプ用寝袋選び|軽量コンパクトなので世界一周にも持っていきました〜

テントもあるよ↓
GeerTop|2人用テントでゆったりキャンプ♪自転車日本一周でも使ったよ〜

今回僕が紹介したものはこちら↓

別売り燃料ボトル〜
僕が使ってるのは590ml(^^)

楽々調理ならウルトラバーナー☆

外で調理をすると、ひと味違った美味しさを感じられるのでぜひ挑戦してみてね〜☆

コーヒーも3倍美味しくなっちゃいます♪

Homdox手動コーヒーミル(アウトドアにて)の写真

こんな旅行の楽しみ方もあるよ↓
鬼おすすめ旅行アプリ|地球全体が宝探しのプレイフィールドに!

旅にかかったコストも紹介してますので、興味のある方はよかったら〜↓

期間は213日!自転車日本一周の距離や費用(予算目安)を大公開~

軽自動車日本一周でかかった費用と期間まとめ!予算目安になれば嬉しいです〜

1年8ヶ月世界一周海外旅行でかかった費用(予算目安)大公開!

関連記事



Pocket