ワーホリなのに仕事しないで何をしてるのかって?仕事よりも大事なこと。

Pocket

それは

「人生プランの組み立てとそれを達成する為の手段の考案」

進む先を決めると・・・

目標や目的地があれば、そこに到達するために何をすべきかが自然と見えてくるものです。

例えば。。。
英語を話せるようにしたいなら、英語の勉強や外国人と英語でのコミュニケーションの練習をするべきだってのがわかりますよね。
ワーホリをしようと思ったら、まずはビザを取って、荷物を用意して、航空券取って・・・

こんな感じ。

これと同じで、人生にも目標(夢)があると、それを実現させるために自分が何をするべきかがわかってきます。

てなわけで
「35歳(2033年)までに雇われずに自力で年収500万円を達成して、38歳までに1000万円貯金する」という目標を立てました〜

ワーホリ中にその中身を少しずつ明確にしていき、準備を始めます〜

カナダで仕事をしないと決めたキッカケ

前回の日記で紹介した夢に向かって突き進む大学生のSho君は、拙者がワーホリを始める前に通っていたフィリピンの留学先CNE1で出会った生徒達の中の一人で、その時から注目していた人物でした。

shoの写真

彼が話すことや、行動が周りとは少し違ったから。
放っているバイブス(目に見えないエネルギーみたいな?)も周りの人のものとは違ったんです。

そして自分と同じように将来のプランがあって、そこにまっすぐ向かっていく彼の姿勢にとても勇気づけられました。
その時はただただ感心したり、勇気づけられたことが主な感情だったかな。

でも、それから半年以上が経ち、ある日SNSに投稿された彼の近況報告を読んで

「こ、これが、22歳の大学生が考えて行動した結果なのか・・・」

と、驚かされた。

アメリカの高校生が受けるSATという試験で、念願だったUniversity of the Philippinesの合格点を超えた報告だった↓
Shoのスコア

そして恥ずかしい気持ちになりました。

自分の将来の計画に対する考えの甘さと、その為に自分がやっていることのレベルの低さを思い知ったからね。
(ていうか「なんとなくそれに向かって歩いていれば、いつしか自然にそうなるんだろう」くらいなモチベーションだった(笑))

彼が必死になっていたこの半年間自分は何をしていのか…
いや、彼はもっと前から既に夢に向かって動いていた。

同じように将来のプランがある?
Sho先生、生意気なことを考えてすいませんでした。

・・・

拙者ただただ流れるままに生きているわけではなく、一応将来のプランを持っているんですよね(笑)
だからこそ、Sho君の行動を見て改めて考えさせられました。

これは良い機会なので自分の将来の計画を、もう少し具体的にするために考え直してみることにした。

スポンサーリンク

自分が進む目的地を決める

まだ考え始めてから日が浅いから漠然としているけど

とりあえず拙者はまず

35歳までに雇われずに自力で年収500万円を達成して、38歳までに1000万円貯金する!
そしてその手段を考えることから始めることにしました!

35歳はSho君のパクリじゃなくて、もともと35歳と45歳でやりたいことがあったからです。
(35歳で宿屋経営、45歳で収入を得ながら世界放浪開始)

キューバ・ハバナで見かけたアメリカ星条旗(アップ)の写真

てなわけで、夢実現への第2歩目はSho君のオススメでスピリチュアルな匂いのする本、思考は現実化する(ナポレオンヒル)を読みきること。

「思考は現実化する」を読みきった感想↓
拙者が自由な人生・生き方を手に入れた方法はこれ!

第1歩目(ブログ運営)は旅に出る前から踏み出してるぜ〜 ふふふ

一つ一つ必要なことを考え出して、そして積み上げていこう。

その後、もう少しじっくり考えてみた↓
人生計画|死ぬまでにやること

バイトなんてしてる暇がない

ワーホリにはこういう時間の使い方もあるんですよ?

英語の勉強して、ローカルジョブに就くことだけがワーホリではないのです。

あと、たとえカナダでも仕事内容が日本と同じで、あんまりおもしろいと思わなかったってのも仕事を辞めた理由の一つ↓
ワーホリの仕事なんて所詮アルバイト。お金以外に得られること、ある?

日本にいるとさ、周りがセカセカしてて自分も「あぁ働かなくちゃ・・・」ってなって、そして働いている内に夢実現の為のステップを考える余裕なんて無くなっていきそうなんだよね。

パソコンの写真

35歳まであと7年か、まあスタートするには良いタイミングだったかな。

ワーホリ選んで良かった。
旅を始めて良かった。

あーやることが多い!

まとめ?

友達が将来プランのために超努力して、一つ一つやるべきことをこなしていく姿を見て考えさせられた。
自分にも将来やりたいことはあるけど、そのために今現在やっていることや考え方が甘い、と。

だから拙者も、いつまでに何を達成するのか等、将来プランのためにやるべきことをもう少し明確にするために、ワーホリというプログラム(時間)を使うことにしました。

そういうことなので、カナダのビクトリアでバイトするつもりだったけど、これを決意したので実はバイト探しはやめてたんです~
バイトなんてしてる暇がない。

学校も通ってないし仕事もしてないのに、毎日がものすごい速さで過ぎていく
ほぼ毎日朝から寝るまで調べものしたり考えこんだり、ブログ書いたりしてます。

このツールを使って、あれをこうして…
ここではあの人に協力を依頼しよう…
土台が固まったら、経営についても学ばなきゃいけない…

みたいな。

うおぉぉおおおおー!!!!!!

超楽しい!自由万々歳!

はい、以上!
友達が頑張ってる姿を見て自分も燃えてきたよ日記でした〜

Just Keep Going!!

ロカ岬の写真

6年前、ちょうどSho君と同じ22歳だった拙者は、ユーラシア大陸最西端で両手を広げながら「いつか世界一周するぞ!」って考えていた。
2人がまったく違う人生を歩いているのがおもしろい。

そしてその6年後の自分は6歳下のSho君の影響を受けて、世界一周しながら「自力で年収500万を達成する方法」を考えている。

人生って
実におもしろい

どうでもいいことだけど
相変わらずビールは毎日飲んでいますが、忙しくなったので消費量が圧倒的に減りました。経済的。笑

余談:人生が思うがままになると思ってる理由

何で自分は将来の計画を楽観的に甘く考えていたのかと言うと、これまで自分が歩んできた道がそうさせているのだと思う。

どういうことかと言うと
今自分がここにいることは5年前の自分が計画した通りの出来事であり
5年前の自分がやっていたことはその1年前の自分が計画した通りの出来事であった。

この数年間全部自分のイメージ通りに進んできてしまったんだよね。

だから今回も、自分の将来をこんな風にイメージしてるから、きっとその通りになるんだろうな~

てね。



人生そんな甘かない、か。

スポンサーリンク

Pocket