ビクトリアよりバンクーバーの方がワーホリの仕事は断然多い!

Pocket

カナダのバンクーバー、そしてビクトリアに住んでみて思うこと

それはズバリ

ワーホリ(英語)初心者にはビクトリアよりも
バンクーバー(たぶんトロントでもおk)の方がオススメ!

何故なら、バンクーバーの方が移民が多くて英語が苦手な人でも働けるお店が多いし、日本語で受けられるサービスの数も多いから。
町の規模が違うからそりゃそうなんですけども。

詳しくはこちらの記事に↓
留学ワーホリ|英語を話せない人にカナダをオススメする4つの理由

最初に住むならバンクーバー

ビクトリアの場合、ダウンタウンを離れるとお店の数がかなり減ってしまいます

庭(?)に馬がいるような田舎だからね(笑)

ビクトリアの牧場の馬の写真

ビクトリアの田舎っぷりはこちらの記事で紹介してます↓
ビクトリア田舎道サイクリング♪

そしてショップやレストランも日系(日本人経営)のお店は少ないです。
となると、英語が苦手でまずは日本食レストランで働きたいな、なんて思ってる人にとっては厳しい環境になるかと。

いきなりスタッフもお客もカナダ人や旅行者の、ネイティブ英語環境で働くなんてハードル高いでしょう?
ていうかそもそも、英語全然出来ないと採用されにくいと思うけど。
(皿洗いや雑用等を除く)

ブーケとFairmont empressの写真

ちなみに拙者のビクトリアでの就活戦績は2戦2敗

ローカルレストランのウェイターローカルファストフードピザ屋さんのキッチン兼レジスタッフ
どちらもスタッフ募集の貼り紙は無かったけど、うちの近くに全然お店がないもんだから選ぶ余地なし
訪ねた日はどちらもマネージャーはいなかったので、とりあえず店員さんにレジュメ(履歴書)を渡して後日お電話をもらう形に。

が、いくら待てども電話はなりませんでした・・・

レジュメ持ってった時の店員との応対は正しい英語では無いかもしれないけど、「えーと・・・うーん・・・」みたいにつまづいた訳じゃなかったんだけどねい。。。
英語が全然出来ないのを見抜かれたのか、単に人数は足りていてこれ以上必要なかったのか。

バンクーバーはこんな感じだから

町自体がビクトリアとは比べものにならないくらい広いので、ダウンタウンを離れても至る所にショップやレストランが固まった地区があります
バス、電車ともに網羅されてるから、アクセスに関しても特に心配はいらないです。

ダウンタウンのビルの写真

またアジア系移民も多いので、その中には外国人(日本人以外の)経営のアジアン(日本食)レストランなんかも数多くあります。
外国人経営の日本食レストランなんかは、完全英語環境だけどメニューを覚えやすいという嬉しいメリットがあります。

ですので個人的には、ワーホリ初心者の方(特に留学も未経験の英語が苦手な方)には、最初に住む町はバンクーバーやトロントなどの大きな町をオススメします。
仕事に限らず住む家や働くお店等、色々な面で幅が広く選択肢が多いからです。

もちろんそれ以外の町だって家も仕事も無いわけじゃないよ。
でもまずは3ヶ月くらい大きな都市に住んで、海外生活に慣れたところで引っ越してみるのもありなんじゃないかな~っと。

町の雰囲気はビクトリアの方が断然好きだけどね。
花や植物で溢れているし、野生動物もたくさんいるから超癒される~

ワーホリすれば英語を話せるようになると思ってる人向けの記事↓
英語話せない人でもカナダでワーホリできるから英会話が上達しないんです

仕事探しについて↓
ワーホリカナダの仕事の探し方|英語話せないと苦労すると思う。

はい、こんなところかなー
それでは海外生活が初めての方も、そうでない方も日本では出来ない貴重な体験を存分に楽しんでくださいませー(^^)/

スポンサーリンク

Pocket