自分自身をダメ人間だと思ってる人ってダメ人間だよね

Pocket

自分で、「自分は強い人間だ」と思っているのなら強い人間ですし、「弱い人間だ」と思っているのなら・・・

でも

世の中にダメ人間なんて一人もいないんですよ~(^^)

僕はそんなに特別じゃない

頭脳部門でも肉体部門でも各界にはそれぞれ、天才とかスーパースターと呼ばれる人達がいます。

これはある本に書かれていたことなんですが、スターと一般人との間には、「努力の量」や「それに懸ける思い」以外に違いは無いそうです。

もともとは皆同じ、ただの人間一人でしかなくて、どうやら僕みたいな一般人は(悪い意味で)特別な存在じゃないみたいなんです~

もとは、みんな同じ人間

とは言え、テレビで見るプロのスポーツ選手や、歴史的な学者さんなんかは、僕でもちょっと世界が違い過ぎる気はします。笑

もう少し身近な人物で言うなら、最近話題の「好きなことで生きていく」でお馴染み、Youtuberとかかな。

YouTubeのロゴ
Picture by Youtube

アイドルみたいになったり、年収が億を超えている方もいますが、その中には正直誰でもできるような内容の動画を配信して、その地位に立っている方もたくさんいます。

そんな彼らの凄いところは、それで生きていけるまで毎日工夫を繰り返し、視聴者を楽しませ続けてきたところです。

でも「Youtubeを始めたばかりの頃の彼ら」と、僕との間には何の違いもありません。
それは今の彼ら自身も言っていることです~

(年齢や生活環境はそりゃ違いますけども(笑))

スポンサーリンク

人の性格すらも

皆が皆、もともと同じ人間とあれば、自分はこんな性格で他人はあんな性格だとか、それすらも本当は違いなんて無いような気がしてきます。
・・・まあ気がするだけですけど(笑)

でも、こうは思いました。

「自分の性格は自分の中で決めているだけだから、初対面の人が僕の性格を言い当てることはできない」と。

理由は、一度も会ったことが無い相手にとって、目の前にいる僕は「ただの人間」でしかないからです。
それ以外の情報は「見た目」以外にありません。

相手に向かって「僕は人と接するのが大好きなんですよ~」と言ったら、僕はそういう人間に見られます。
「すいません、人と話すの嫌いなんで話しかけないでください」と言えば、相手の中で僕はそういう人間になります。

カナダのシドニーの町並みの写真

結局、僕自身が自分のことを「明るくて社交的な人間」だと思えばそうなるし、「勉強嫌いの仕事嫌いの怠け者」だと思えばそういう人間になっていくんですよね。
自分の中でも、周りにいる人達にとっても。

自分自身をダメ人間だと思っていた僕が立ち直った方法はこちら↓
自分を大切に|他人と自分を比較してツラくなった時の気分解消法

余談1:たとえ不利を持っていても

不利なことを持っていても乗り越えることはできるそうです。

有名な話ですが、音楽家ベートヴェンは、ある日耳が悪くなってしまいました。
それでも音楽をやめずに没頭し続けたおかげで、今では誰もが知る偉大な音楽家になっています。

また、不利を乗り越えるのではなく、機転を利かせて不利を有利に変換している方もいます

例えば、どん底人生を経験した人が、それをネタにして出版した本が売れる、なんてのはよく見るパターンです~

こんな記事もあるよ↓
今の辛さが無ければその次の最幸な出来事は「絶対に」起こりません

自分が思った通りの人間にしかならないなら・・・

どんなに成功している人達でも、始まりは僕と同じ、ただの人間一人でしかない。
ダメ人間なんていないんですよね~

それなら。。。
やりたいこと(夢)があるならとことん挑戦したら良いし、「こんな人間になりたい」とか理想像があるなら、それになれば良いんだなと思いました(^^)

スイス・インターラーケンの山頂の写真

「料理人になる」とか「明るい性格になる」みたいな願望は、歴史的な人物になるのに比べたら遥かに簡単ですしね~

・・・簡単に夢が叶うとは言ってないですからね?笑

余談2:僕の好きな言葉

プロ野球のイチロー選手の言葉です~

努力せずに、
何かできるようになる人のことを
「天才」というのなら、僕はそうじゃない。

努力した結果、
何かができるようになる人のことを
「天才」というのなら、僕はそうだと思う。

人が僕のことを、
努力もせずに打てるんだと思うなら、

それは間違いです。

まとめ:みんな同じただの人間

会ったことのない人にとって、僕はどこの誰でもありません。
だから僕が根暗なのか、億万長者なのか、はたまたプロのテニス選手なのか、僕がそれを伝えるまでは知られることはありません。

つまり、僕がこれからどんな性格の人間になって、どんな遊びをして、どんな仕事をしたっていいわけです。
僕がどんな人間であるかを決めるのは周りの人ではなく、僕自身で選択して決めることができるからです。

だから僕は、なりたい自分になって、これからも好きなことをやって生きていきます(^^)

歴史的な人物も、僕もあなたも、同じただの人間一人。
世の中には、ダメ人間なんていないんですもの。

以上!
僕が読んだ本に、ダメ人間なんていないと書かれていて、言われてみればそうだな~っと思ったよ日記でした~

僕はこんな取り組みしております↓
負のオーラを放つ僕が他人に好かれる人間になった7つのコツ!!

こんなことにも気付きました~↓
人生が幸せにしかならない方法!全ての選択権は自分にある。

関連記事(一部広告含む)



Pocket