相乗りトラックでポチュトラへ→長距離バスでサンクリストバル!

Pocket

次なる目的地、メキシコ・チアパス州サン・クリストバル・デ・ラス・カサスへ向かう。
まずはシポリテから中継地点ポチュトラへ移動し、そこから長距離バスに乗り換える。

2016年12月26日、常夏の楽園シポリテ生活35日目の日記。

ついにこの楽園を出る日が来た。

ポチュトラへ行くよ!

シポリテからポチュトラには相乗りトラックで向かいます~

シポリテの集落を少し北に進むと東西に延びる道が一本だけあって、その道をポチュトラや亀の水族館があるマスンテを結ぶ相乗りトラックが走ってます。

こういうやつね↓
ポチュトラのシポリテ行きトラックの写真

拙者がその道に出た時、ちょうど道路脇にトラックが停まってたので乗車。

このへん↓

シポリテ→ポチュトラ
相乗りトラック 1人15ペソ
所要約1時間

ちなみに
ポチュトラ→サン・クリストバル・デ・ラス・カサス
夜行バス 643ペソ
所要約11~12時間

長距離バスターミナルは「Terminal San Pedro Pochutla」でGoogle mapで出ます。

バスターミナルの緑の入り口は小さくてわかりにくい。
拙者はConstituciónという通りから、バスの出入り口・駐車場から入っていきました(笑)

シポリテから北上してきて、大通り沿い右手にOCCのバスマークあり。

メキシコ・ポチュトラの長距離バスターミナルの写真

Terminal de Autobusesとも書いてあるね。

あ、シポリテはこんなとこね↓
人生観が変わる!メキシコの楽園シポリテはこんな集落~

久しぶりに移動するぜよ

荷物のパッキングが、なぜか異様に時間がかかる。
・・・散らかし過ぎたか。

2日置きくらいにホステルの掃除のお手伝いに来ている、メキシコ人の女の子が興味深そうにこちらの様子を見ている。
拙者のこと好きなんじゃないかなってくらい見られている。

ここまで見られると、逆に拙者も気になってくるわ。笑

ていうか、かわいい。

せっかくなので名前を聞いておいた。
さすがにSNSアカウント交換とかは下心出し過ぎだな、うん、我慢我慢。

まあ、中学生くらいだけどね。笑
未来への投資ってやつだな。

そーいや、メキシコ人の女の子って見た目が拙者好みの子が多い気がする。
だからなんだって話だけど。

スポンサーリンク

Last of シポリテ Life

午前11時、パッキングが終わった。

次の目的地、メキシコのチアパス州にあるサン・クリストバル・デ・ラス・カサスという、答えるのがめんどくさいから「次はどこに行くの?」と聞かれたくないくらい名前の長い町へは、ここシポリテから車で1時間ほどのポチュトラという町から長距離バスで移動する。

バスは20時発の夜行バスを予約しているので、夕方まではシポリテで過ごすことにした。

居心地の良い宿Hostal Teresaの受付に荷物を預け、ひとまず海へ散歩に。

この楽園の風景も見納めか、しっかり目に焼きつけよう、と思ったのだが、海に入らないと暑すぎて砂浜にいられないので、数100メートルほど歩いて宿に戻った。

暇だな。
あんまお腹空いてないけど、お昼ご飯でも食べよう。

宿に隣接した建物に、つい先日オープンした食堂でクラブサンドイッチをいただく。

メキシコ・シポリテの軽食屋の写真

メキシコ・シポリテの軽食屋のサンドイッチの写真

ここの料理は節約バックパッカー的にはちょっと良いお値段するが、サンドイッチとトルタス(簡単に言うとハンバーガー)は良心的なお値段かつクオリティもなかなか良いのでオススメだ。

35ペソ(約200円)でサンドイッチに山盛りポテト付きなのでかなりお腹が膨れる。

サンドイッチの中身はハム、鶏肉の何か、トマト、玉ねぎ、レタス、アボカド、チーズとかなり色々なものがギッシリ詰まっている。
そして日本人のお口にも合う味付けで美味しい。

ちなみにこのお店の果物生絞りジュースは25ペソ(約150円)なんだけど、1,25リットル出てきます。

・・・残りはペットボトルに入れて持ち帰りました。
これ、お店で飲みきれる人いんのかな?笑

さて、お腹も満腹。
出発まではまだまだ時間はあるが、外は暑い。

宿の屋上にあるハンモックに揺られて時間を潰すことにしよう。

シポリテの安宿Hotel Hostsl Teresaの屋上ハンモックの写真

青い空とヤシの実に、波の音と吹き抜ける風のハーモニーモニモニーが心地よい。

1ヶ月以上もいたシポリテだが、毎日おもしろかったな。
海はきれいで泳ぐと気持ち良いし砂浜では変わった人達が見れるし、宿の他の宿泊者たちもとてもフレンドリーだった。

ぜひまた遊びに来たい場所だ。

・・・

16時、ボチボチポチュトラに向かおうか。ポチュトラにボチボチ、ね。

去り際、時々宿に遊びに来ていた近所の子供たちにも会えた。

タイミング良くポチュトラ行きのトラックは道の脇に停まっていた。
乗客は拙者1人だけだったけど、すぐに発車。

貸し切りなので立ち乗りで進行方向を眺め、海の風を肌で感じながら黄昏モードに入ろう・・・としたら100メートルくらい進んだところで他のお客さんが乗ってきた。

そして10分後には超満員、余儀なく1時間立ち乗り。笑

ポチュポチュ!ポチュトラ~

ポチュトラに到着後は適当に歩いて夕飯を食べる場所を探すことに。。。

すると、拙者をマスンテで見かけたというメキシコ人が話しかけてきた。
なんという偶然。

でも拙者も彼も英語が得意ではないので、あまり深い話は出来なかった。
が、屋台が立ち並ぶ場所だけはちゃっかり聞いておいた。

彼と別れた後、教えてもらった広場に行ってみるも時間帯が悪かったのか屋台は出ていない。

う~ん、タコスとか食べたかったけど屋台は無いので、大通りに戻り通り沿いにあったハンバーガー屋さんで食事をすませる。

どうでもいいことなんだけど拙者何故か、暑い地域にいる時はコーラを飲む量が爆発的に増えるので、この時も例外ではなく、飲む。

ハンバーガーとコーラ、拙者の健康の秘訣。

そうそう、ポチュトラは意外とおもしろそうな雰囲気があったよ。
道の脇で野菜や魚とか売ってて、結構にぎやかな感じ。

メキシコ・ポチュトラの魚屋の写真

まあ長居したいとは思わなかったけど。

食後、バスターミナルでバスを待ちながらこの日記を書いているのだが、そろそろバスが来る時間なので日記はここまでにしよう。

次なる目的地チアパス州、10年前は治安の悪さから立ち入ることが出来なかったという。
どんな町なのか楽しみだ。
無事に辿りつけることを祈る。

スポンサーリンク

Pocket