新時代の幕開け!キューバ・ハバナの観光地区はこんなとこ〜

Pocket

他の記事では庶民的な方が住んでる住宅地の町並み紹介をしましたが、今回は観光地区とその周辺の建物のご紹介です〜

観光客を迎えるその町並みは綺麗に整えられ新しい車もたくさん走り、キューバの時代は景観と共に変わりつつある。

綺麗☆さすが観光地です!

一般住宅地はコンクリートむき出しだったり、一見スラムなんじゃないかと思ってしまうような場所もありましたが、こちらオビスポ通り周辺は観光地ってことで建物は補修され、綺麗に管理されています。

キューバ・ハバナの観光地区の街並み3の写真

キューバ・ハバナの観光地区の街並み2の写真

キューバ・ハバナの観光地区の街並み5の写真

キューバ・ハバナの観光地区の街並み1の写真

たしかハバナに残ってる欧風な建築は、1959年のキューバ革命より前のアメリカ資本が流れ込んでいた時代に一気に築きあげられたんだっけか?

趣ある建築とアメ車(ほとんど観光用だけど)の組み合わせが、他の国では見られないってことで有名だし人気だよね〜
タイムスリップしちゃいました的な。

キューバ・ハバナのクラシックカー(ピンク)と建築の写真

まあタイムスリップと言われるのは、昔の建築の中を旧車が走る景色だけが要因ではないんだけども。
社会制度や外交の問題で他の先進国より遅れている部分があったり、さらにネットもあまり普及してなかったりと。

はい、こちらは教会でござい〜

キューバ・ハバナの観光地区の教会1の写真

キューバ・ハバナの観光地区の教会2の写真

一般住宅地と全然雰囲気違うね。
めっちゃ観光地。

住宅地はこんな感じ↓
キューバってこんなとこだよ!ハバナの住宅地散歩〜♪

町並みとはあまり関係ないんだけど、ハバナは海に面しているので海辺に出ると釣りをしてる人たちがたくさんいます。

キューバ・ハバナの釣り人の写真

キューバ・ハバナで釣れる魚の写真

結構大物が釣れるみたい☆

晴れた日はクラシックカーのタクシーを借りて海沿いを走ると気持ち良さそう(*´з`)♪

キューバ・ハバナの海沿いを走るクラシックカーの写真

余談:音楽の国だと思ってたんだけど・・・

オビスポ通りというメインの観光通りとその周辺ではキューバ音楽の生ライブをやっているので、それに合わせて踊ってるキューバ人も見かけます。

キューバ音楽を奏でるキューバ人の写真

キューバ・ハバナの観光地区でサルサを踊る人々の写真

キューバ・ハバナの観光地区でサルサを踊るおじいさんの写真

上の写真のおじいちゃんはレストランの中でやってたライブに合わせてレストラン前でリズムを取ってたんだけど、途中からレストランの店員さんにリードされ始めました(笑)

ライブは基本的にお店の中で行われているので、お店の外でコッソリ音楽を聴いて踊ってるキューバ人を時々見かけます(^皿^)♪
あ、踊りはもちろんサルサだよ!

そーいえば、キューバではストリートパフォーマンスしてる人ってほとんど見かけなくてさ、誰かが「ストリートではやっちゃいけない」なんてことも言ってたんだけど、それは本当なんでしょうかね・・・?

キューバって「音楽とサルサの国」というイメージで、町を歩けばあちこちで音楽奏でてる人たちが見られるんだと思ってたけど、全然そんなことなかった。
ハバナとトリニダーしか行ってないけど。

あ、拙者が言ってるのは、観光客のためにじゃなくて「自分達が楽しみたいから」その辺の道端に地元の人々が集まってドンチャカやってるんだと思ってたんす(´_ゝ`)でも違ったよ

新時代を迎えてるぜ!

そんなこんなで地区によって大きな格差はあるけど一部の地区、特に観光地区では景観を綺麗に保ち観光客を受け入れてしっかり商売してるみたいです。
キューバは一応社会主義ってことになってるけど、自営業も認められるようになったし稼いでる人はガッツリ稼いでます。

またクラシックカーが観光用になっていく一方で、新しい車もバンバン走っちゃってます。
ていうか朝方、観光客が動き出す前の時間帯なんてクラシックカーは全然走ってなかったし。

キューバ・ハバナで見かけた普通の車の写真

アメリカとの国交は回復し、社会主義国キューバを築いた革命家で英雄のフィデル・カストロも亡くなった。。。

2017年のキューバは景観も含めて国全体で新時代を迎えていた。

こんな記事もあるよ↓
キューバのお店で購買意欲が湧かなかったので商売で成功する方法について考えてみた

キューバ繋がりってことで↓
映画ゴッドファーザーを見て「仕事で成功するには愛が大切だな」って思った。

以上!
キューバの観光地区お散歩リポートでした〜

今のキューバめっちゃ面白いよ!!
機会があれば是非とも遊びに行ってみてね〜

スポンサーリンク

Pocket