これさえやれば後悔する暇なし!ワーホリ準備段階で出来る簡単なこと。

Pocket

ワーホリを無駄に(失敗)しないために必要なこと。
それは渡航前に誰でも簡単に出来ることなんです。

何でワーキングホリデーやりたいの?

という質問にハッキリ答えられるなら、特に問題ありません。

あ、海外の歴史や文化を調べて日本との違いを見つけ出すとか、そういう難しいことじゃなくていいです!

・海外で生活してみたい

・英会話を習得したい

みたいな漠然とした目的でかまいません。
目的さえあれば、毎日を充実させられるので〜☆

強いて言うならば、達成したらワーホリ終了後に役立つような目的だとなお良いです(^^)

目的があれば行動できる

「海外で生活してみたい」というなら、「海外」を意識しながら生活してみれば良い。
きっと「あ、これは日本と一緒。でもこれは日本と違うな。」ってのが少しずつ見えてきます(^^)

こういうことを意識して周りを見渡している内に、自分にとって興味深いことも見つけられるかもしれません。
そしたら今度はそれに向かって行動する。

what do u wanna do?イラスト

「目的」って、自分が何をすべきかを自然と教えてくれますよね(^^)?

簡単な例をあげると。。。

ある目的地(外出先)を決めたとする。

→そこに行くには車が必要

→車を運転するには免許が必要

→免許取得と車を買うにはお金が必要

→お金を稼ぐには仕事をしなくちゃ・・・

てな具合に。

思いついたことを一つ一つこなしていきましょ〜

スポンサーリンク

なぜ渡航前なのか?

準備段階で目的を決めることを勧める理由は、何も考えずに渡航したら現地の空気に飲まれる可能性があるから!

ワーホリのごく一般的な過ごし方の例をあげると
現地に着いたら家探し→英語の勉強→仕事と遊び・・・という感じの流れになります。

そんなこんなやってる内に現地の生活に溶け込んでいって、目標や目的を立てにくくなるかもしれない。
まあその可能性があるだけで、別に渡航後に考えたっていいんだけど。

でも渡航前に目的を考えておく方が現地到着後の自分をイメージしやすいし、実際拙者は動きやすかったよってだけの話です〜

途中で変えたってかまわない

途中で目標や目的を変えても良いです!
むしろ個人的にはその方が良いと思ってる。

現地にいるからこそ見えることがあるんだから、日本では気付けなかったそれを大切にするべき。当たり前だけど。

拙者も渡航前は、カナダでガッツリ働いてお金を貯めて英語もガンガン勉強するつもりだったのに、最終的に仕事も英語の勉強もやめたからね。笑

関連記事↓
仕事も英語の勉強もしなかったおかげでワーホリが最高に充実した。

ロカ岬の写真

物事に柔軟に対応出来るかどうかってとても大切なこと。
それが出来ないと型にハマった生き方しか出来ませんよ〜

後悔する暇を作るべからず

渡航前に目的を考えても、いざ現地に行ってみたら「こんなもんか」って思ってしまったり、現地に着いてから考えた目的も達成してしまったら・・・

次の目的・目標を考えましょう。

「勉強、仕事、遊び、寝る」という日本と同じ生活ルーティンにハマると、ワーホリを終えた時に大した成果を感じられず「1年何してたんだろう・・・」ってなる可能性は大いにあります。

でも新しいことに常に挑戦していれば毎日が充実するので、ワーホリが無駄だったなんて思うことはありません(^^)

そして、それはワーホリ終了後にも言えることですよ〜
挑戦に没頭すると後悔なんてしてる暇が無い!

まとめ:1年を無駄にするべからず

人は目的さえ持っていれば行動を起こすことが出来る。
自ら行動することが出来れば自然と日々の生活も充実してくる。

充実した日々を過ごした人は後悔なんてしないさね。

ブログで何度も言ってることですが。。。
まずは一つ、自分がやってみたい(挑戦してみたい)ことを考えてみましょう☆

・・・一応言っておくけど、目標を持つ「だけ」でワーホリが充実するわけじゃないですよ!
どんなことだって自分が行動しなきゃ何も始まらない。
「目標を持つこと」は自分が行動を起こすキッカケになるってこと♪

あなたがやりたいことを決めるのはあなただし、それをやるのも他の誰でも無い、あなた自身なんです。
目標を決めたらそれに向かって一歩一歩進んでいくだけさ〜

以上!
拙者の思う、ワーホリしたことを後悔しない為に渡航前に出来る簡単なことについてでした~

参考になれば嬉しいです〜↓
カナダワーキングホリデー最低費用(生活費)を実体験から考えてみた

・・・極論を言うと単に「楽しみたい」とか「後悔したくない」、これだけ思っていればOKなんですけどね。

楽しむために、後悔しないために「自ら行動できる」から〜
今この記事を読んだように。


Pocket