リュック1つから始める憧れの海外生活・人生の可能性を広げてみる

Pocket

難しく考える必要なんてない。
人生は思い描いた通りに動くもの。

こんにちま!
今日は海外生活やワーキングホリデーに興味がある、でも海外で生活するなんて難しそうだしなかなか踏み出せないなぁ、そんな風に思っている方の背中を後押しできたらな~的なトピックでございます。

今実際にカナダのバンクーバー、ヴィクトリアに住んでみて思うこと。

実は超簡単に始められる海外生活

「海外に住む」となるとまず、色々な手続きが必要になると思う方がいらっしゃるかと。

だがしかし、そんな面倒な手続き一切不要!

カナダの場合
半年以内で帰国するのであれば、なんとビザ申請など難しい手続きは一切不要で、サクッと手軽に海外生活を体験できます。
(最初にワーホリビザ無し(観光ビザ)で渡航し、観光ビザが切れる半年後に現地でワーホリビザに切り替えると、計1年半滞在することも可能)

公的関係で必要なのは、日本の年金や保険の支払いをどうするかだけお役所に相談するのみ。

カナダに対して移住の申請をする必要は無し。

最高に信頼されている日本人なのでござる(´_ゝ`)イェイ☆
※この記事ではいかにサクッと海外生活を始めるか、という点に的を絞ってます

スポンサーリンク

じゃあ一体何を用意するの?

今回は実体験を基に話したいのでカナダに国を限定するけど、ワーホリビザを申請しないならお金とパスポートさえ持ってれば極端な話、来週にでも海外生活を始められるよ。

※2016年3月よりカナダに空路入国する際は、eTAと呼ばれる電子渡航認証の申請が必要になりました。(数分で承認されるそうです)

ヴィクトリアの州議事堂の写真

用意する物(出発が春~秋)

貴重品
・パスポート

・クレジットカード2枚
→預金合計50万円程(3ヶ月分の生活費+予備)
※延長1ヶ月につき10万円(カナダで仕事をする場合は準備費用は変わります

・日本円現金2万円
→万が一の両替用

・海外旅行保険加入とその控え
→大手クレジットカードなら海外旅行保険が無料で3ヶ月分付いていることが多い

・スマフォ or タブレット or パソコンのいずれか
→基本的にどこでもWi-Fiが使えます

・往復航空券
→ワーホリビザ持ちなら片道で可

・預金残高証明書
→入国時に必要になることがあるらしい

・ワーホリビザ許可証
→申請した人のみ

その他
・下着・靴下5~7日分
・シャツ3枚
・長ズボン1枚
・半ズボン1枚
・トレーナー1枚
・ウインドブレーカー1枚
・タオル
・歯ブラシ
・ミニメモ帳とペン
・腕時計(目覚まし付)
・折り畳み傘
・電子辞書(アプリでダウンロード可)
・ガイドブック(必要な人は)
・緊急連絡先の確認(日本の家族等)

ぐらい。

生活に必要な物は、カナダで家を見つけてからほとんどの物をこちらで買うことが出来る
高級ブティックから超大型ディスカウントストアまで、何から何まで揃ってるよ。

ヴィクトリアの日曜マーケットの写真

カナダにはあらゆる国の人が、というか沢山の日本人も暮らしているので、それがここで必要な物が揃うことの何よりの証拠と言いましょうか( ´∀`)皆ここで生きてる

ま、こっちで買えば荷物は少なくて済むけど、その分お金かかるけどね(´_ゝ`)簡単に始めるってとこに焦点を置いてるからね。

はい、荷物は揃いました。

続きましてお役所関係。

公的手続きはこれだけ

・1年以内に帰国する人
国保と年金、住民税の支払いについての相談をしましょう

・1年以上帰国しない人
-住民票を抜かない人
国保と年金、住民税の支払いについての相談をしましょう

-住民票を抜く人
1年以上日本を出る方は住民票を抜くことができます。
すると「翌年もしくは翌々年」に住民税を支払う必要がなくなります。
国保と年金の支払いの義務もなくなります。

年金は住民票を抜いても任意加入が可能ですが、脱退して支払わないと将来受け取れる老齢年金額が減ってしまいますのご注意を。

そしてメールまたはお電話で旅行保険加入手続きを済ませて、ネットでチャチャっと航空券を購入しちゃいましょう。
それでは当日、ちょっと大きめのリュック一個背負ったら・・・

いってきます!

以上!

PUB一階の写真

…と、これは海外旅行慣れしている人向けな話で、普通なら家はどうするの?言葉は?交通手段は?って不安はあれこれあるよね(´_ゝ`)だって海外に引っ越すんだもんね
でも多くの経験者がこう言うと思うけど…

行けばなんとかなります。どかーん

でも、これ本当。

ちなみに個人的にオススメな都市は「海外生活初心者の町バンクーバー!」。
日本語サービスが溢れてます。

その他の準備事項です、必要な方はお読みください↓
どうする?ワーホリ中の国民健康保険と海外旅行保険

ワーホリ中は国民年金と住民税の支払いなしです。

旅人が選ぶ海外旅行向けクレジットカード会社

準備から帰国の中で最も苦戦するのは・・・

海外旅行不慣れな方の、最大の難所はやっぱり入国審査かな(´_ゝ`)?

ワーホリビザなしで長期ステイする場合、入国審査官にちょっと多めに質問されるみたいだし(´_ゝ`)働きもしないのに君はカナダで何をするつもりなんだ?ってね
稀に違法就労と疑われて、英語もタドタドだとアウトになることもある…らしい(事実未確認)。

3馬力の馬車の写真

てことで英語が苦手な人は、事前にググって模範解答をチェックしておきましょう!
「入国審査 カナダ 英語」とかで出てくるよ\(^o^)/

まあ基本は偽りなく答えれば問題ないけどね(´_ゝ`)だってテロリストじゃないもん

そもそもビザなしで6ヶ月滞在出来るってカナダが日本人に許可してるので、そこでアウトになってもカナダの判断によるものなので拙者のせいじゃない!笑

拙者が英語の勉強無しで、学生時代に世界一周をした時に使っていた英語集はこちら↓
海外旅行に必要な英語とは!?
こんなレベルでも大丈夫だったよという参考までに~
英語の通じない所にも行ったけど、ジェスチャーや雰囲気でなんとかなった(笑)

スポンサーリンク

あとは勇気を出して一歩を踏み出すのみ!

もちろん事前準備をしっかりしてきた人の方が事がスムーズに進むのは当然ですが、でもそうでなくても本当になんとかなっちゃうんす(笑)

たまにはそんな冒険を楽しんでみるのもいいじゃない!
ハラハラドキドキしながら進んで行くのって、いい刺激になるし思い出に残るよ(´_ゝ`)b拙者の場合(笑)

たぶん思い切って決断する事が一番大変かな。

グラウス山ロープウェーと雲海の写真

カナダ到着後のことをちょっと書いてみると・・・

ガイドブック、これを持っていればまず空港から町の中心までのアクセス方法、電車、バスの乗り方が記載されていると思うので、交通面はクリア
いきなりガイドブックにも載ってない、インフラも整っていないド田舎に挑戦する人いないよね(´_ゝ`)?

最初の宿泊場所は日本からオンライン予約しておけばオーケー。

治安については、「国名 滞在都市 治安」で検索、カナダなら予習30分。笑

お買い物についてですが、本当になんでも揃ってます、スーパーもコンビニもあるので飢え死にすることはない。
買いたい物をレジに持って行ってクレジットカードでチャチャッとお支払い。

言葉についてですが、入国時、ホテルのチェックイン時以外はほとんど英会話をする機会はないよ

そして宿で落ち着いたら住む家探し開始!
…と言っても、日本語のクラシファイドサイトで日本人オーナーとやり取りして、物件見に行って契約したら…

はい、お疲れさまでした~(*´▽`*)憧れの海外生活スタート☆

ネイティブ、ドイツの女子高生と食事してる写真

あとは生活に必要な物が何かあるなら、カナダで補充していきましょう。

こんなところかなぁ、夢の海外生活スタートまでに準備することって。

どう?
たったこれだけクリアすれば、自分が憧れていたことを実現できるならさ、超余裕じゃない?
お金はすぐには貯まらないから別として、それ以外で準備することはそんなに無いよ(゜゜)

まとめ

難しい手続きや準備は必要なし。
入国審査さえクリアすれば、現地ではほとんど英語を話さず生活することが可能。

こんなにも簡単に出来るんだから、夢や憧れで終わらせるのはもったいない!

お試しでカナダに住んでみて、その間現地に住んでいる日本人から社会制度とか聞いて、気に入ったらビザ延長とか移住に向けて動けばいいし、やっぱり日本が良いと思うなら帰れば良いだけのこと。

・・・長くなるので、拙者の熱い気持ち(笑)の続きはこちらの記事で。
カナダに住むのは超簡単。海外生活に憧れてるなら住めばいいと思う。

読者の中に少しでも海外移住のハードルが下がった方、もしくは興味を持って頂けた方がいれば嬉しい限りでございます。
それでは、I’ll see you soon, Bye!

渡航の準備からオススメ銀行まで、ワーホリ体験記まとめてみました!
拙者式ワーホリ説明書!

よかったら参考にしてみてね☆

みんなで記念写真

ビザ申請不要であちこちの国に入れるのって、本当に凄いことだし、日本人で良かったって強く思います。
さらに30歳以下の方は、自宅からオンラインでワーキングホリデービザを申請するだけで(カナダは抽選あり)、1年から2年も海外に住むことを許されます。
この素敵なパスポートを利用して、残り半分以上ある人生に無限の可能性を与えてみてはいかがでしょうか。

最後にカナダ生活に憧れている人に一言

思い切って渡航さえしてしまえば
誰にでも出来るから絶対に挑戦すべし!

スポンサーリンク

Pocket

6 thoughts on “リュック1つから始める憧れの海外生活・人生の可能性を広げてみる

  • 2016-06-15 at 18:17
    Permalink

    私も本気で海外に出ようと3ヶ月くらい悩んでます…笑 決断が、、、
    Reyさんはさ、海外に出て生活してみて、日本に帰りたくなったとか自分の中で何か変わったとか目的・目標ができたなくなったとかある?これまでに感じること思うこと変わったことなどたくさんあると思うので(笑)余裕があったら記事書いてくださいφ( ̄ー ̄ )

    • 2016-06-16 at 04:29
      Permalink

      ふむ、いいコメント、いい読者(笑)

      長い事悩んでるね
      Erikaはなんで海外に出たいの?
      なんで海外に出れないの?

      俺が海外に出て思う事ね~
      じっくり考えればそれらは尽きなそう
      でも9月で海外に出て1年になるから、そろそろそういうことも考えて記事にまとめていこうかなとは思っていたよ

      ここでは簡単に書いてみるね
      まず世界一周目で自分が将来やりたいことが見つかった
      その旅をしている時、そして今回の旅では、そのやりたいことの為に必要な知識、技術を持っている人達と(偶然)出会っている
      日本の社会に縛られていたら見えなかった色々な物が見えるようになった
      日本にいた時には無かった、心と時間の余裕がそれを可能にしたと思う

      そして、旅に出る前からこの旅は将来やりたいことに繋がってると思っていたけど、これらのことがあってそれはより確信的になってきた
      そして自分が夢の為にどうしたら良いのか、少~しずつ見えるようになってきたかな
      ・・・たぶんErikaは今俺が述べた漠然とした答えの中身が知りたいんだろうけど、それはいつか夢を達成できた時に皆に胸を張って言いいたいのでお待ちください(笑)
      ごめんね。

      さて、今のところポジティブ要素ばかりだけど、「旅人」をやっていて唯一ネガティブなことも発見した
      それは「いつでも自分のそばにいてくれる人の存在がないこと」
      国内だろうが、海外だろうが、一か所に何年もとどまって、交流を続けて初めて生まれる人との絆ってのがあるでしょ?
      でも常に歩き続ける旅人にはそれがない
      たくさんの出会いがあるかわりにね

      だから俺は自分の周りにいてくれる人々の存在の大きさに気付いた。
      だから死ぬまで旅人を続けることは俺には出来ないなって思った。

      海外に出ることは俺にとって…

      なんだろう

      夢のかけら集め…?

      ごめん、結局全部漠然としちゃった(笑)
      9月ごろに(たぶん)公開される記事は、もう少しキチッと言えるように仕上げるつもりなのでお楽しみに~(笑)

      いつも読んでくれてありがとう☆

      • 2016-06-16 at 07:44
        Permalink

        漠然とした答えの中身が知りたい…その通りです笑、でもそれはこれから先はっきりしていくものだと思うから難しいですよねすみません。答えてくれてありがとう!すごく納得しました!

        海外に出たい理由…日本にいたら気付かない、わからないことを感じて考えて自分を形成したいというか。。日本の社会、価値観の中だけにはいたくないと思うんですよね。たまに海外に出ると、自分はどれだけ狭い価値観の中に生きてたんだろうって恐ろしくなる、こんな感情が前からあって一年に2回くらいは海外に行こうと思ってましたこれまでは。社会人になって、臨時的任用という立場ではあるけど夢だった職業につけて仕事をしてみて、教員以外にもいろんな職が見えたり、本当に教員で良いのか?って思ったり。よくよく考えてみて、やっぱり教員にはなりたいんだと思ったけど、もしかしたら他にこれ!というものがあるのではないかという期待もあり。親からはやりたいと思う仕事があるのに海外に目が向くのはおかしいって言われます、そうだとしたらこれはただの憧れであり逃避なのか、本当に教員になりたいという思いは薄いのか…自分でもよくわかりません(°_°)
        伝えきれませんがこんなでずっと悩んでます、、笑

  • 2016-06-17 at 06:54
    Permalink

    いえいえ、どういたしまして、ていうか求めている答えを言えなくてごめん(´_ゝ`)

    やりたいことがあるのに、海外に目が向くのはおかしいってのはちょっと俺にはよくわからないな(゜゜)?
    海外渡航とは規模が違うけど、誰にだって色々興味のあることはあるし、それがたとえ仕事や夢に全く関係ない事でも皆やってるでしょう(゜゜)?
    俺だってバンジージャンプにスキューバダイビング(完全ペーパーダイバー(笑)、旅中は日本では飲めないビール飲みまくってる(笑)し、ご当地グルメにも挑戦してる。
    趣味の話になっちゃったけど、興味のあることを体験したい、知りたいと思うのは人間の本能的なことなんじゃない?
    だから俺は別にそれがおかしいとは思わないんだけど。。。

    教員って一回辞めたら二度と復帰出来ない仕事なの?
    もしそうだとしたら、抜けるリスクは大きいかもねぇ…

    俺の場合はさ、将来のことをとても楽観的に考えてるんだよね(笑)
    人生なんとかすればいいさ、みたいな(笑)
    そこが大きな違いかもね。
    どっちが正しいとか悪いかなんてないと思うけどハッキリ言えるのは、俺はたとえ将来の保証が無くたってやりたい事を実行していて「今は」幸せだよb
    矛盾するけど、もちろんこれが一生続くとも思っていない。

    そして自分はゆくゆくは日本で暮らすつもりだから、日本の常識にも従わなければならない。
    その常識と一度日本から外れて得た自由?との折り合いもつけなければならないんだけど、正直それは難しいかもなぁとも海外に出て思う(´_ゝ`)複雑

    ごめん、俺も自分で言いたいことがまとまりません!

    読者の皆で語る海外渡航お悩み相談コーナーでも作ろうかな(笑)

    • 2016-06-19 at 20:41
      Permalink

      Reyさん、ありがとう!
      教員は辞めても絶対戻れないわけじゃない、リスクは高くなるけど気持ちがあればまたできる。だからこの選択は、将来の安定を求めるか(仕事やお金の)、リスクはあるけどやってみたいことをやるかだと思った、Reyさんの言ってたように人生何とかなるって思えるかかなって。私はそう思ってるんだなって整理できた、だから親に伝えてみる!
      お悩み相談コーナーめっちゃ賑わうと思うよ!笑 是非やって!笑

      • 2016-06-20 at 00:37
        Permalink

        お~良かった良かった!
        ただ一つ気をつけてほしいことがある。
        俺は「人生なんとかなる」とは思ってないよ。
        人生なんとか「する」!だよ。
        大学卒業したら就職してしっかり働くっていう日本の常識(変わりつつあるけど)から俺は抜けてしまっていて、そんな常識の中にいる人達に、こんな長い事遊び呆けてるアラサー男子がそう簡単に受け入れられるとは思わない。
        だから、この先どうしたいのか、そしてそれをやるにはどうしたら良いのかを真剣に考えて明確にしておかないと、将来生き残るのは難しいと思っている。
        楽観的と言うのは、根拠もないのに自分でなんとか出来ると思っていることに対してだよ。
        ま、こんな偉そうなことを色々言って、結局日本でホームレスになっちゃったら、笑ってやってくださいな(笑)

        とにもかくにも、自分の思い描いた将来への第一歩を踏み出したErikaを応援いたします!
        ガンガン進んで行こうぜ!!

        お悩み相談コーナーは考えておくわbマジで。

Comments are closed.