カナダのワーホリ前にフィリピン留学をオススメする理由がコレ

Pocket

気持ちの切り替えは超大事。

留学とワーホリを別の国で〜

今日は拙者がフィリピン留学を経て、カナダでワーホリを始める流れにして良かったと思うことを書いてみま~す。
(フィリピン、カナダと書きましたが、とにかく「留学とワーホリを別の国にして良かったよ」ということでございます)

理由はズバリ

カナダ到着後すぐに多国籍シェアハウスに住んで、外国人経営のお店で働く心の準備が出来ていたことです!

山頂で記念写真

臆病者でしてね

ワーホリの第一の目的は「英会話」の習得でした。

でも英会話力無しでカナダに入れば、間違いなく自分は日本人同士のシェアハウスや日本人環境の職場に気持ちが流れていました
語学学校に通えば、そこでも日本人の友達を作ります。

一度それらの環境で過ごしてしまったら、学校卒業後もズルズルとその仲間達と交際し、日本人環境の職場にも溶け込んでいってしまう可能性があったかな、と。
実際、そういう人が多いですし(^^;)

語学学校の生徒に自分以外の日本人が必要だと思う理由」で書いたけど、海外生活において日本語で話せる環境って本当に大切ですからね!

バンクーバーの家族の写真

それらのことを考えた結果。。。
フィリピンで留学して少しでも英語の免疫を作れたおかげで、カナダですぐに英語環境に身を置くことが出来たから本当に良かったです。
フィリピンを出ることで、フィリピンの語学学校で出来た友達に甘えることも出来なくなったし〜

そんなこんなで日本人とシェアハウスしたのはカナダを出る前、最後の2ヶ月だけでそれ以外は日本人以外と生活していました。

このことは英語の勉強のモチベーションの維持や自分のワーホリ期間中に達成したいことへ集中するのに非常に良い環境になった☆

もちろんワーホリ中に日本人と一緒に過ごすことは何もいけない事ではないですよ!

理由は下の記事に書いたので省略。
留学・ワーホリで日本人同士で過ごした方が良い理由

でも自分の性格やワーホリの目的を考えた時に、この選択をして良かったなと思うわけなのじゃ〜

スポンサーリンク

面接はスムーズに出来た!

留学の目的の一つは、ワーホリで日本人環境ではないお店で働くため。

結果、面接時の簡単なやりとりが出来たので、レストランのウェイター程度なら楽に採用されました。
お客さんに料理の詳細を伝えるのは、さすがにうまく出来なかったけど。

仕事の内容はさておき、英語を話す機会を作れたし、英語習得のモチベーションの維持にもなって良かったです。

まとめ

カナダ渡航前にフィリピンの語学学校で、日常会話コースを8週間だけの短期留学をした。
授業はマンツースタイルだから嫌でも英会話しなきゃいけないやつね。笑

語学学校の先生たちの写真

たったの8週間だし留学直後は日常会話ですらうまく出来ない、ネイティブの幼稚園児以下の英語力しか身に付けることが出来なかった。
少~しばかり英会話における免疫がついたかなって程度。

英語力の成長面だけで見たら、カナダで短期留学するのとさほど変わらないかも。

詳細↓
英語を話せない拙者がフィリピン短期語学留学した成果と感想つづります〜

それだけの成果しか得られなかったけど・・・
臆病者の拙者が「はじめから」多国籍シェアハウスに住み、英語環境の仕事に挑戦できるほどの免疫を付けられたよ!

これが何より留学とワーホリの国を変えて良かったと思う理由。

以上!
渡航の目的や自分の性格に合わせたスタイルで、海外生活を存分に楽しんでくださいませ〜☆

カナダの良さも書いてみました↓
留学ワーホリ|英語を話せない人にカナダをオススメする4つの理由

関連記事(一部広告含む)



Pocket