海外ストリートパフォーマンス|観光地に立ってるだけでお金を稼げるか試してみた

Pocket

世界一周中に一度は挑戦してみたかった路上パフォーマンス!
カナダのビクトリアで挑戦してみました〜

ちなみに道端でお金を稼ぐためのパフォーマンスは、日本でもやったことがありません。

ストリートパフォーマンスに人生初挑戦!

はい、先に結果を言っちゃうと

「立ってるだけです」って書いた看板を持って、ただ立ってただけで稼げちゃいました!笑

コストも準備期間も全くかけずに、お金を稼ぐことはできるみたいですよ(^^)

まずは僕がこのやり方を選んだ理由から、順番に説明していきたいと思います〜

・・・まあ、ただ試してみたかっただけなんだけど(笑)

記事後半では、稼ぎの「驚きの」総額も発表しちゃいまっせ〜☆

ちなみにビクトリアは、バンクーバーの横の島にある小さな町です〜

ヴィクトリアの州議事堂の写真

ビクトリアのレストランの花の写真

お花がたくさんでとっても綺麗☆

立ってるだけ。笑

僕はストリートダンス(ブレイクダンスとかアニメーションダンス)が大好きなので
それをやろうかとも思ったんですけど、一人で魅せ続けるほどの実力は無いし、スピーカー買うのもな~
という、ヘタレ精神なもので。

ですので、本当に「立ってるだけ」のパフォーマンスをしてみました!

ダンスをちょい見せするみたいな小細工もなし!
体と服にペイントして銅像の真似してる人もいるけど、
僕は特別な衣装着たりとか、そういう小細工も一切なし!

私服で立ってるだけ! どかーん

色々な工夫や動きをしてるパファーマーが沢山いるから、
あえてそこに「何もしない」で、切り込むってのも有りなんじゃないかなと。

ある意味、逆の発想で。笑

でも物乞いと、ストリートパフォーマーとの区別をつける為に、
パフォーマーだとわかることを書いた看板(段ボールボード)を持って立ちました。

用意したもの

ストリートパフォーマンス用に準備した物の写真

・カッター

・マジック

・手で持つ看板用の段ボール

・チップボックス用の段ボール箱

以上!

看板をつくってみよう!

通行人の目をとめることを意識して、適当な大きさに看板用段ボールをカットします。

カットした段ボールには簡潔に、かつ見やすく
自分が何をやっているかすぐにわかるように、イラストや文字を書いてみました。

こんな感じ↓

ストリートパフォーマンス用ボードの写真

このパフォーマンスではここが最も大事なポイントだと思います〜

・・・ほかに用意できるものが無いから(笑)

魅せどころはやっぱり!

このパフォーマンスの魅せどころは、なんと言っても
動的なパフォーマンスを見せる人ばかりいる中に、
全く何もしないパフォーマンスで切り込むところにあると思います。

アイディア勝負です〜

それともう一つ、忍耐力も大事な魅せどころですね!

だから「パフォーマンスを始めた時間」も看板に記入しておきました☆

スポンサーリンク

観光地に行ってみる〜

さあ

いざ出陣じゃ〜!

この時期(8月7日)のビクトリアは
本当に観光客が多いので、ストリートパフォーマーも沢山いました。

でも運よくめっちゃ良い位置を取ることができました〜♪

ビクトリアに来たことのある人なら、きっとここがどこかわかるはず・・・

じゃん!

ビクトリアでストリートパフォーマンスに挑戦した写真

ここは、ビクトリアの中心で、観光案内所のすぐ横です〜

毎日観光客も地元の方も、多くの人々が行き交います☆

実際に立ってみた

現地で準備することは特にありません(笑)ので
チップボックスを置いて、看板を持ち、はい、ただ立ちます。

いや~しかし
最初の1時間は超緊張しましたねぃ(´_ゝ`)だって初めてな上に海外なんだもん

ヴィクトリアの日曜マーケットの写真

視線が超集まって足プルプル震えた。苦笑
立ってるパフォーマンスだから、震えてるのバレないか心配だった〜

あと緊張してるから、唾液の分泌も少なくなって口が乾くけど、
水飲んだらトイレ行きたくなるからあんまり飲めなかった・・・

でもね、そんな緊張や不安とは裏腹に

なんと

開始10分くらいでいきなりチップをいただきました!!

記念すべき第一良い人は、バンクーバーから来たカナダ人親子でした☆

その後も10〜20分おきくらいに、チップを入れてくれる人続出!続出は言い過ぎか!!

マジで

自分でも驚いた(笑)

だって、私服でただ立ってるだけの人ですよ?笑

う~む

自分で言うのも何だけど
発想力と行動力、この2つが結びついて生み出す物は大きいと実感できた。

思ったより、キツイ(苦笑)

パフォーマンス開始から4時間後の、16時台が一番キツかったです〜

16時を過ぎてから人通りがガクっと減って、当然チップを入れてくれる人もパッタリ。

で、開始1時間の内は、腰を曲げたりして「わざと」疲れてるようなそぶりを見せてたけど、
この時間帯はガチで辛くなって、モゾモゾ動きまくった。

下半身がね、辛いんですよ。

そしてトイレにも行きたくなってきて・・・

てなことが重なってきたので
本当は8時間やろうと思ってたんだけど、5時間(12時~17時)で切り上げることにしました〜

心が折れた。笑

驚きの結果

さあさあ、みなさんお待ちかね

集計のお時間がやってまいりましたよ☆

じゃん

ストリートパフォーマンスのチップボックスの写真

空っぽだった帽子(ダンボール)がちょっと重くなってる(*´ω`)おほほ

コインと紙幣を1枚1枚数えていく・・・

はい!

5時間道端にただ立ってるだけでもらえたチップの総額

なんと!

38.15CA$!!!
+ 0.25US$
+ すぐに始められる仕事と、その連絡先(笑)

1時間あたり7.63$!

バンクーバーでやってた超忙しいバイトは時給10.45$!爆

いつも飲んでるビール31本分!!

1ヶ月の食費は120$!!!
(ALL自炊で、朝は軽く、昼夜はガッツリ)

か・・・

稼げすぎ~(笑)

このアイディアを聞いて笑っていた僕の友達!
どうだ!稼いだぞ!わはは

場所取りとかストリートパフォーマンスをする上で
色々と心がけたことはこちら↓
海外でストリートパフォーマンスに挑戦する際のコツや心構えまとめ〜

海外でやるなら↓
日本人のパフォーマンスを見た豪州人が批判的なコメントをしてた。

ちなみにチップを恵んでくださったのは

カナダ人(移民含む)×8
中国人×3
ベトナム人×1
その他×8

合計17人でした。

目の前まで来てくれたけど、お財布を忘れちゃった人が一人いて、その人が加われば40$いったかもな~、なんてね。

年齢層は青年からご年配の方まで、かたよりは無かったと思います〜

感想とか

このパフォーマンスをやってみて気づいたこととか書きます。

コストについて

商売の基礎に
「お金を稼ぐときは、コスト(初期費用)を0円に近づける」
ってのがあるんですけど、今回はまさに0円です〜☆

これが仮に、道具を買って〜練習して〜と、
お金も時間もかけてしまうと、それを取り返すのが大変になってしまいますよね〜

このパフォーマンスを通して
「コストも準備期間も全くかけずに、お金を稼ぐことはできる」ということを学びました〜☆

チップをもらうこと以外にも☆

このパフォーマンスをして嬉しかったことは
チップをくれるだけじゃなくて、声をかけてくれる人が結構いたこと。

話してみるとやっぱチップを入れてくれる人は、
このパフォーマンスが実は結構キツイ(笑)ことに気付いてくれていたみたいでした。

写真を撮ってくれたり、インスタグラムのアカウント交換してくれたビクトリアに住んでるおじちゃん。

バンクーバーのママさんなんかは
僕を心配して仕事紹介してくれて、連絡先まで教えてくれました(笑)
・・・もうちょっと時期が早ければ働いたんだけど。

スポンサーリンク

意外とウケがいい☆

「うわ、馬鹿なことやってるやつがいるよ」みたいに
チャチャ入れてくる人がいると思っていたんだけど、
軽い冗談程度に絡んできた地元のお兄ちゃんが一人だけでした☆

基本的には良い意味で、皆さんにウケていた様子。
(チップをくれるくれない関係なく)

ブーケとFairmont empressの写真

観光客の多い町ですしね、開放的な気持ちになってるのかな〜

ちなみに通行人の中には
うつむいて前を過ぎ去るフリをして、チップボックスの中身見てる人めっちゃ多かった(笑)

苦労したこと

それは

人間観察くらいしかやることなくて、超暇なこと。

だから肉体的にも、精神的に疲れる。笑

このパフォーマンス、楽そうに見えて実はちょっとシンドイです。
お金を稼げたことこそ、その何よりの証拠かな?

もう一度言いますが、忍耐力も売りですからね!笑

まとめ

ストリートパフォーマンスをやるのにも、目的は色々あるけど、とにかく
「お金を稼ぐことだけ」に焦点をあてるなら、
特別なスキルは無くてもアイディア次第
で、なんとかなるみたいです。

パフォーマンスに限った話ではありませんが、
人がどんなことに興味を持ったり
心を動かされる(チップをあげたくなる、話しかけたくなる)のか、
この心理的な部分をよく考えてみることが大切ですね☆

このことは商売の基礎である
「コストも準備期間もかけずに、お金を稼ぐことはできる」
ということの良い教訓になりました♪

それと、優しい人たちにたくさん会えたのも嬉しかったです♪

人との繋がりができるのも、ストリートパーフォーマンスの良さなのかな〜と、僕は思いました(^^)
そういえばパフォーマンス終了後に、お客さんと交流してるのをよく見かけるな〜

はい、以上!
旅の間に一度はやってみたかったストリートパフォーマンス、立ってるだけでも意外と稼げちゃったし、優しい人たちとの交流もできたし、勇気をだして挑戦してみてよかったよ日記でした〜

ビクトリアってこんな町↓
ワーホリカナダ観光|お花の町ビクトリアの魅力♪大好きですわ〜

実は、”STANDING MAN”で、”立ってる人”って意味になるのか知らない。

そして「疲れたらSITTING MANに変身する気ね?」って冗談で言ってくる人が数人いたけど

それは



本気で一回考えた。

関連記事(一部広告含む)



Pocket

2 thoughts on “海外ストリートパフォーマンス|観光地に立ってるだけでお金を稼げるか試してみた

  • 2017-03-29 at 10:36
    Permalink

    面白い挑戦ですね。

    • 2017-03-29 at 13:38
      Permalink

      >BANさん

      ダンボールとマジックペンさえあれば、どなたでも出来るのでよかったら試してみてください!笑

Comments are closed.