バックパッカーの海外旅行中のお金の持ち歩き方は?

Pocket

この記事のトピック
・拙者のお金の持ち方
・海外旅行でのお金の持ち方
・ちょっとおケチポイント(現金両替)

拙者の海外でのお金の持ち方

・クレジットカード 2枚(VISAとMasterカードを各一枚ずつ)

・国際キャッシュカード 1枚

・現金(現地通貨を、物価や滞在日数に応じて)

・その他 米ドル3万円分くらい

クレジットカードを2枚持つ理由としては、一枚のカードが使えない状況(片方のカードの会社がとあるATMに対応していない、一枚紛失してしまった等)に陥ってももう片方が使える可能性があるからです。
ATMの対応を考慮すると同じ会社のクレジットカードを選ぶより、そろぞれ別の会社を選んだ方が良いよ!

キャッシュカードはあまり使いませんが、怪しいATMに遭遇した場合クレジットカードを使いたくないので切り札として。口座に高額は入れてません。

米ドルを持つのはカードが使えない状況(ATMがない等)で、現地通貨と両替するために。

現金派?カード派?

外貨
photo by 写真AC

海外旅行者が海外にお金を持っていく、使う一般的な方法を以下の順番で紹介していきます。

・現金

・クレジットカード

・国際キャッシュカード

「トラベラーズチェック」←今は扱っている銀行がほとんどありません

現金

現金を持って行く方法としては3通り〜

1、日本であらかじめ両替をして現地通貨を日本から持っていく

2、日本円を持っていき、現地で両替をする

3、日本で日本円を米ドルまたはユーロに両替して持っていき、それを現地で現地通貨と両替をする

結果を先に言うと、旅費の全てを現金で持っていくことはオススメしません
(今の時代に、全額現金持ってく人なんていないと思うけど)

キューバの紙幣(通過)ペソの写真

・デメリット
「大金を持ち歩くことになる」、これ一つ挙げるだけでオススメしない理由は十分かと思います。
日本でだって全財産をお財布に入れるなんてことはしないですし〜

ついでなのでもう一点、両替手数料や両替屋のレートによっては、クレジットカードでショッピングするよりもコストがかかることもあります。

・メリット
それは「キャッシュカードもクレジットカードも使えない所(ATMの故障時やすんごい田舎)で、現金が必要になる時に大活躍する」ってこと!

ただ日本円を持って行っても、大きな都市じゃないと両替え出来ないことがあります。
そのため、世界的にもメジャーな米ドルやユーロを2、3万円分くらい持っていれば、困った時の一時しのぎができます。

※そんなことにならないように田舎に行く前に、ある程度の現地通貨は現金で用意しておくと良いです。
でもガイドブックに載ってるような地域なら、田舎でも大半がATMは設置されていると思うけど〜

クレジットカード

もちろん海外でもショッピングができますし、ホテルや乗り物のネット予約だって出来ちゃいます。
またカードによっては海外のATMで現地通貨を下ろすことが出来るので、とても便利です。

てことで高額の現金を持ち歩く必要がなくなります

creditcardアイコン

今の時代では学生でも、少なくとも一枚は旅行時に持っていくのが主流かなと思います。
ただ時にはデメリットと言うかリスクもありますのでご注意ください。

オススメカード会社についてや、カード利用の注意点を書いた記事もありますので良かったらご覧くださいませ〜

旅人が選ぶ海外旅行向けクレジットカード会社

海外旅行中のクレジットカード利用のメリットとデメリット

国際キャッシュカード

こちらはクレジットカードと違いショッピングやネット予約では使うことができませんが、現地のATMで現地通貨を下ろすことができます。

メリットとしてはスキミングされても、勝手に買い物に使われてしまうことがないというところでしょうか。
デメリットはクレジットカードでATMを利用する時より手数料が高いと言うところですね。

国際キャッシュカードやトラベルプリペイドカード(短期旅行 or ワーホリ、留学一ヵ国長期滞在向け)についてはこちらの記事で紹介してます↓
世界一周に国際キャッシュカードは必要か?

ちょっとおケチポイント

空港の両替所ってレートが少し割高になっていることが多いので、もしも両替をするなら市内までの交通費とちょっとした軽食代程度の最低限の額だけ両替する方が良いです。

また市内でも両替所によって微妙にレートが違っていることがあるので、時間のある人は散歩がてらお得な両替所を探して回ってみるのも良いかもしれません。

おまけ

今は亡きトラベラーズチェック。
日本国内での販売は終了しています。

昔これを使って旅をした時は手数料はかかるし、扱っている銀行は少ないしで非常に使いづらい思いをしたことがあります。

スポンサーリンク

Pocket