世界一周旅行出発2週間前、日本の公的手続き準備お忘れなく!

Pocket

僕の地域では二週間前にならないと住民票を抜くことが出来なかったので、今日お役所と税務署にて手続きをしてきました。

長期海外旅行に出る方はお忘れなく!

9月6日出発の僕が8月25日に行った手続きはこんな感じ

・住民票を抜く(海外転出届け)

・国民健康保険の相談窓口で住民票を抜いた旨を知らせる

・8月いっぱいまでの国保料の再計算と支払い

・国民年金の脱退手続き

・納税管理者の代理人申請

・携帯電話番号及びメールアドレス一時休止サービス申し込み(au)

世界一周準備や旅行のアドバイスをまとめてみました!
拙者式世界一周説明書!

良かったら参考に〜(^^)/

住民票、なぜ抜くの?

理由は旅行の間の保険料の支払いを無くすためです。

国民健康保険

昨年の収入に応じた金額を今年支払う仕組みになっていまして、収入があってもなくても住民票がある限りは残りの金額を納めなければいけないとのことでしたので。
まあ国保の支払いが無い代わりに、海外旅行保険の支払いが年15万円あるんですけども〜

旅人に有名な「金子秀人損害生命保険事務所」を利用しました↓
僕が世界一周で利用したオススメの海外旅行保険会社が、コレ!

Goldstream Provincial Parkの鉄橋の上の写真

国民年金

将来の老齢年金受け取り額が減ってしまいますが、僕は旅行期間中の支払いを無くしたかったので住民票を抜きました。

もう少し詳しく書いた記事はこちら↓
住民票を抜くと世界一周中の国民年金と住民税の支払い義務がなくなります〜

ちなみに。。。
30歳未満ですと納付猶予申請が出来ます

これだと住民票を抜く前でも、退職したことを証明すれば退職した翌月の分から支払いの納付を猶予してもらうことが出来ます。
でも後になって抜けた分を追納する場合、3年以上経過していると加算金がつくらしい。

納税管理者の代理人申請

僕は6月まで仕事をしていたので、その所得の確定申告を年度末にしなければなりません。
でも年度末に帰国する予定はなかったので、実家の母に代理で行ってもらうために代理人申請をしてきました。

大した額も戻ってこないだろうし必要ないとか、今後仕事をして所得を得ながら旅をする訳では無い、と言う人は申請しなくてもいいのでしょうかね…(要確認)

スポンサーリンク

携帯電話番号の一時休止サービス

僕はauを利用していますが、auでは月々400円で元々利用していた電話番号とアドレスを、他の人が使えないように保管してくれるサービスがあります。

今はほとんどの人がスマホなので、解約してもWi-Fi使ってラインとかSNSで連絡を取れるかと思います。

でも「万が一」ですが自分が解約した後に、他の人が元々の自分の電話番号を入手してSNS等に登録したいってなった時、なんかトラブったら嫌だなと思って。



以上が、出発2週間前に僕が行ったことです〜

それよりも前に行う準備のまとめもありますのでよかったら(^^)↓
世界一周旅行の準備|出発前の確認事項まとめ〜

旅とは全然関係ない出発前の私的な話

・Canada侍になりました

海外転出届に移住先の住所を書く欄があり職員に、僕は世界を転々と回る旨を伝えたら、大体の場所でいいとアバウトな返答が返ってきました。
とりあえず響きがかっこいいからカナダにしといたけど。

でもどうせならもっとマニアックな国にすれば良かったなとふと思った。

ナウルとか。

・日本酒

海外でも売ってるけど高いので、日本で買って存分に味わってます♪

日本酒(久保田)の写真

最近は秋の風が吹き始めている僕の地元。
なんなんでしょうね、秋の風がもたらすこの切ない感情。

そんなちょっぴりセンチで切ない世界一周出発前の夜を、久保田さんと共に過ごしています。

関連記事(一部広告含む)



Pocket