外国人と車で1ヶ月間アメリカ旅行をするのは辛かった

Pocket

拙者の記事を初めて読む人もいるかもしれませんので、西アメリカを27日間、約1ヶ月車で旅行することになった経緯から説明したいと思います。

限界ギリギリアメリカロードトリップ27日間!

砂漠と車の写真

拙者バンクーバーで3ヶ月間シェアハウス生活をしていました。
そこで一緒に暮らしていたドイツ人カップルのケビンとエリザが、ドイツに帰る前にアメリカを車で旅行する予定で、良かったら一緒に来ないか?と拙者を誘ってくれました。

彼らとはシェアハウス生活ではうまくいっていた(と思っている(笑)ので、今まで日本人以外と一緒に旅行したこともなかったし楽しそうだと思い同行させてもらうことにしました。
これが後の悲劇の始まりであることは、この時の誰もが知る由もなかった…笑

そしてアメリカ旅行出発の1週間前に、フィリピン留学時に知り合った日本人留学生のモミーさんもワーホリの為に日本からバンクーバーに到着しました。
せっかくなのでモミーさんもアメリカ旅行に誘ってみると興味があるとのことで、その後バンクーバーのシェアハウスにて全員の顔合わせをしてみる。

結果、非常に良い雰囲気だった。
そして4人でアメリカ旅行をすることが決まった。

レンタカー旅行について知りたい方はこちら↓
アメリカをレンタカーで旅行しよう!費用、宿の探し方等ご紹介!

さてそんなこんなでバンクーバーから好スタートを切った拙者たちでした。

バンクーバー出発から27日目…

グランドキャニオンの絶壁で集合写真

再びバンクーバーの大地を踏んだ時、拙者は瀕死状態だった

さあさあ!
長きに渡り更新を続けてきましたアメリカロードトリップ編、ついに最終話開幕でごじゃります!
なのにタイトルが…!笑

拙者の心境の変化についてはこれまでチョイチョイ書いてきたけど、今日はそのまとめみたいに書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

このメンバー(複数人)でロードトリップをして良かったこと

まずは気付いたことを箇条書きにしてみる。

・時間や感動の共有ができた

・自分一人だったら行かなかったであろう場所に行けた

・複数人で旅行することの大変さを知ることができた

・少しだけども英語を話す練習ができた

・当たり前だが外国人と旅行するなら、英語がそれなりに話せないと大変であることを知れた

・・・と、まあ英語で話す点を除いては、日本人と一緒に旅行をするのとなんら変わりなかったです。

大変だったこと

・自分と皆の旅のスタイルが違う(一か所での時間のかけ方)

・車移動なので常にお互いの距離が近い

・日本人同士でも日本語を話すのはなんか申し訳ない気分になる(笑)

・日本語でも話題提供が苦手なのに、それを英語でするなんて…

・ある時の自分の気持ちを英語で表現することも至難

はい、やっぱり英語ですね、拙者にとって大きな壁となったのは。

だがしかし!
英語力よりも大切なことが拙者には欠けていた…

トーリーパインズステート保護区で散歩してる写真

内に秘めた感情は周りには伝わらない

自分は日本人と話す時もそうですが、お酒を飲まない限りイェー!みたいなノリで楽しめるタイプでは無いです。
自分の感情を表現することが苦手でして。

どちらかと言えば、静かに会話を楽しみたいタイプ。
てゆーか実は静かな会話もうまくない。笑笑
そして美味しいもの食べたり、綺麗な景色を見た時もあんまり感情を表に出さずリアクションしないです。

数少ない本当に気の許せる人達の前では結構派手なリアクションが出来たりはする。
ね、元職場の皆さん(笑)

ロードトリップトランクの写真

それはそうと色々な場面において、リアクションってとても大切でしょう?

言葉がわからなくても笑顔で楽しそうにしてればオッケー
言葉がわからなくても驚いて声をあげればオッケー
“I was exited last night, so I couldn’t sleep well, cuz it’s my dream to travel US!”とか簡単な英語でもニコニコしながら言えばオッケー!

拙者みたいな黄昏タイプは厄介
無表情で目を細めてジッと遠くを見つめ・・・

マジ難解

黄昏は一人でいる時にするものです

感情を表現することの大切さを学んだ旅行だったなぁ。

もちろん時々いるさね、自分と同じ波長を持っていて、言葉を発さなくてもリラックスして一緒に過ごせる人。
だけど今回は違った。黙ってちゃ伝わらなかったんだよね。
周りのメンバーからしたら「この人リアクションも薄いし、どこに行ってもあんまり言葉を発しないし(こっちとしては英語で表現できない)全然楽しくなさそう」と思われたかもしれない。
てゆーか思われたし怒られた(笑)

絶景に感動してない訳じゃなかったんだけどね、それを皆の前でどう表現したら良いのかわからなかった。

考えれば考えるほど…

それ故にね、その拙者の態度から、重苦しい空気を作ってしまっているのは自分でもわかっていた。
そして、何か話さなきゃ、でもうまく表現できない…という自分の中で負のスパイラルに落ちて、結果病む。
旅行3週間目以降はブルーブルーブルーな日々が続きました。

皆でお寿司を食べてる写真

そんなブルーな状態で帰ってきたバンクーバー。。。

確かに最後はみんなハグしてお別れをしたけど、打ちあげみたいにどっかで食事をしたり飲みにも行ってないし、それはかなりアッサリとしていた。
自分も疲れすぎてて寂しむ余力もなかったかな。
とにかく早く静かな所で休みたいって思ってた。

最終話なのに、みんなで過ごした楽しかったことについて書けないのは、それだけ負の印象が大きかったってことかな…
偽りなく本当に思ったことを書いたらこんな暗くなってしまった。
だけど、ブログには本当に思ったことを書いてきたし、これからも書いていきたいから無理に盛り上げません。
もちろん楽しかったことだってあるんだけど。
読んでつまらなくても許して(´_ゝ`)ごめんね

だけど思い出ってものは

最後の日記がこんなにも暗くなってしまったこのアメリカ旅行だけど、とても大切な思い出として自分の中に残る。

過去の平凡な出来事、最高な出来事、最低な出来事、色々なことがあって今の自分がいる。
でもその中でも平凡な出来事って、薄れていきやすいと思うんだよね。

そしてこのアメリカ旅行は全てがハッピーだったとは言えないけど、とても濃厚な時間だった。
申し訳ない気持ちも大きいけど、この大切な時間を共有してくれた皆に本当に感謝している。
彼らと一緒に旅が出来たから、いつになってもこの旅を思い出せる。
それから、同じ日本人だからかもしれないけど、いつも色々心配して気を使ってくれたモミーさん、心からありがとう。

ピスモビーチで黄昏てる写真

遠い未来のいつの日か
過去を振り返った時

たくさんの出来事を思い出せる旅をしたい

ケビン、エリザ、モミーと行く
限界ギリギリアメリカロードトリップ

「完」

Pocket