ワーホリで海外に出て後悔しても、それはワーホリのせいじゃないからね?

Pocket

後悔したくなるようなワーホリの過ごし方をしたのは誰ですか?
はい、そういうことです。

ワーホリはただのビザプログラムです。

ワーホリ経験者がどんなことを思ったりしているのか興味深くて、検索してみたら行きついたウェブサイトについての話。

そのサイトではワーホリしてる人に対して冷たいコメントがされていた。
気分を悪くする人もいると思いますのでリンクは貼らないけど、気になる人は負なイメージの言葉で検索すればいくつか出てくるので各自でどうぞ。

でも話が進まないので一部だけ内容を書くね。

そのサイト内でですね、ワーホリ中とその後がうまくいかなかったことを、またはうまくいっていない人を見て、それをワーホリのせいにしている人が何人かいたんですよね。
ワーホリなんてやっても将来の役に立たないよ、時間の無駄になるよ、みたいな。

今日はそんな負のエネルギー満点なページを読んだ拙者の意見を書いてみたいと思います。
(前に書いた「ワーキングホリデーで日本人とばかり遊んじゃっても後悔しなくて良くない?」と話が重複している部分があります)

ワーホリを肯定します

本題に入る前に。。。
これから話すことはワーホリ渡航前に、ワーホリの目標・目的をワーホリ終了後の人生に本当に役立つことであるかどうかをしっかりと意識した上で、計画を立てたことが大前提にあると思ってくださいませ。

workingholidayblack

例えば、将来は日本で日本人相手の一般企業で働きたい、そういった人生プランを持っている人がワーホリに行ったとする。
仮にその人のワーホリの目的が「ただ海外に住んでみたい」とか「英語を話せるようになりたい」だけでは、当然目的を達成しても就活等には役に立たないでしょ?

ですのでワーホリの目的自体がその後の人生プランに関係ないものであれば、時間を無駄にしてしまったと、後で悔いても仕方ないと思うわけさ。

でも仮にそれで後悔しても、ワーホリのせいでは無いよね。

…これが前提とは言ったけど、あくまで「この記事での話」だよ!

もちろんワーホリは「ホリデー」ですので「遊び」を目的として渡航し、1年間思いっきり楽しんで充実させることだって出来ます

あと自己分析をしっかりと行える方や文章力のある方は、遊びも含めてどんな経験でも自分のアピールポイントにうまく変えて表現できるだろうし。

前置きが長くなってしまいましたが
では本題へ・・・

スポンサーリンク

努力無しで得られる事は価値もそれ相応

根本的なことを考えてみる。

まず、どんなことでもその人が何かを達成するまで努力を続ければ、100%達成できるのは当然だよね。

でもさ、「その大目標を達成するにはまず何と何と何(小目標)が必要で、大目標達成に必要なそれら小目標を達成するには何と何と何をしなきゃいけないのか」そこから考える必要があるんよ。

お洒落なローカルのカフェでウェイターやって、休日は日本人以外と遊びに行って
そして将来は、英語環境で生活したこの経験を活かして何かやる。
そんな風に「夢を思い描いただけで」それが実現する訳がない。

夢を実現させる為には努力が必要
何かを習得するには努力が必要

ワーホリが無駄だったと言う人たちは、それを忘れてしまっているのではないかな。

発明王のイラスト
この発明王だって、電球を光らせる為にどれほどの時間と努力を注ぎ込んだことか

日本にいる間に様々な事を考えワーホリをする決断をして、それから色々な手続きをして、いざ入国。
不慣れな英語のやり取りにもめげずに頑張って、自分の力で家も契約できた!万歳!
やった!自分の力で海外生活を始められた!
確かにそれは自分の中で大きな出来事だし、自分で自分を褒めてあげられることだよね。

だけど

それまでの大変な苦労を経て
ようやく夢へのステップ2が始まる。
今までのことはあくまで思い描いた夢へのステップ1に過ぎない。

むしろそこから先の方がもっと大変

さあ次はローカルカフェでのウェイターだ!
でも店員は全員カナダ人、お客もローカルかツーリスト。
当然今の英語力じゃ働けない・・・

じゃあ友達はどうしよう。
日本人以外と遊ぶには今の英語力じゃちょっと自信がないな・・・

だから一生懸命英語を勉強するんです!努力するんです!

英語環境の家に住み、ルームメイトが時間空いてそうな時はとにかく話しかけまくって英会話の練習して、週4回地元の英語交流会に参加して、空いた時間はひたすら勉強!
これを半年続ければ、カフェのウェイターをしたり、日本人以外と外出するくらいは余裕になります。

Meetupビクトリア

生活費を稼がなきゃいけないなら、日本食レストランでもいいから月100時間も働けば、貯金が出来るほどだよ。
勉強の時間は充分にある。

それだけやっても違う結果になった人… ごめんなさい…
勉強の仕方ってものもありますからね…
まず自分に合った勉強方法を探すことから始めなければならないので、プラス3ヶ月くらい必要になるかもしれません。

まあ英語の勉強に関することはほんの一例に過ぎないんだけど
何かを得ようとワーホリに出ても、そこで必死に努力しなければ得られることは少ないに決まってるよねー
これはワーホリに限った話では無いし。

それなのに(おそらくですけど)そのような体験から、またはそんな体験をした人「だけ」を見て
ワーホリ行っても1年無駄になるよって言ってる人がいた。

だけども思う

それは「ワーホリ」というプログラムのせいじゃない

ワーホリに出る「だけ」で見違える程成長して人生うまく行くなら、みんなガンガン海外に出るさ。

スポンサーリンク

ワーホリとは何か

ちょっと話は変わるけど・・・

ワーホリビザを「取得する」目的には色々あります

英語を勉強したい人
カナダが大好きで1年間ただ遊びに行きたい人
お金を稼ぎたい人
海外生活を体験したい人
目的を持たない人だっている

拙者が知っているだけでもこれだけあるんだから、もっともっと色々な理由でビザを取得する人がいる。
そして色々なやり方でワーホリを楽しんでいる人がいる。

それらを全部一くくりにして、ワーホリ行っても何も身に付かない、意味がないと言う事は出来ない。

それに、経験者の中にも何も身に付いてないって言う人もいるみたいだけど、日本にいたら100%出来ないことをやってきたんだから、何も得られなかったなんてことはないと思う。
だって日本を出る前の自分が持っていなかった「経験」を既に持っているじゃない。

どんな経験だって、自己分析の仕方次第で得られる物がある。

だから・・・

ワーホリに興味がある人!

渡航前に色々気になって調べている内に、もしもそんなネガティブな記事やトピックに出くわして
「なんだ、ワーホリってそんなもんなんだ・・・」
って、渡航を諦めるのはまだ早い!

ワーホリで有意義に過ごしている人や、その後の人生が良い方向に変わった人だっています!
むしろそういう人達から前向きな話を聞くべき!
そういう話は将来自分がワーホリをしている時のイメージを描くのにも役立つだろうし、モチベーションの維持にもなります!

少なくとも拙者は、これから先の自分の人生に必要なものだからワーホリを実行中であるし、それが意味の無いものだなんて微塵も思わない。
うまく行かないことだって沢山あるけど、それがワーホリ。もっと言えばそれが人生。

workingholidaywhite

自分がワーホリを選んで良かったことをここでは一つだけ書いてみる

それは

日本の常識に縛られた考えから解放されること

28歳なら仕事をしてて当たり前
周りがセカセカ働いているから、自分も早く次へ進まなくちゃ

そんな意識は渡航先では必要ない

まとめ

個人の主観ね。

言葉としては「ワーキングホリデー」という一つの単語でしかないけど、その中身は十人十色であり、また何かを学ぶため「だけ」のものでもない。
だから「”ワーホリ”は○○だ」と言い切らないでほしい。

そもそもワーホリの目的が将来の人生プランに関係ないものなら、その経験が役に立たなくても仕方ない。
しかしワーホリで何も得られなかったと後悔した人でも、得たものを探し出そうと真剣に自己分析をしてみることに価値はある。

ワーホリは日本にいた頃に持っていた常識から外れるチャンスを得られる。

“ワーホリに行けば自分は変われる”
“ワーホリに行って自分を変えてくる”
この二つは一見似ているけど、志は全く違うので結果に大きく影響する。

ただなんとなくでやり過ごすだけでは、どんなことだって身に付くものが少ないのは仕方ない。
でも必死に努力する人はきっと沢山のことを学んで身に付けられる。

それがワーホリ。

それが人生。

(まだ28年しか生きてないけど)

ふぅ。。。

数年後に自分でこの記事読んで「正直な、ワーホリ行って後悔してるよ。。。」とか言ってたら、マジうける(笑)
その時はこの記事に自分で何かコメントするか、新しく記事を書くからお楽しみに!

はい、以上です。
ワーホリはとても素敵な制度なのに、それに対してあまりにも否定的な意見が多く飛び交っていて、ちょっとカチンときた勢いで書いてしまった日記でした(;´_ゝ`)感情丸出し、大人気なし
故に、ちょっと読みにくい部分もあるかな… まあ時にはそんな記事もあっていいか、はは

こんな記事もございますのでよかったら↓
ワーホリで絶対失敗しない方法はあります。

ワーホリビジター達のくだらない悩み10選!その対策と解決方法を考えてあげたよ☆

これから渡航予定の方も、既にワーホリ中の方も、今一度自分の目的、目標、また達成度を確認してみるのはいかがでしょうか?
きっとそれには意味がある(^^)/

それでは皆さん
Have a nice life in foreign country!

余談:アラサーのワーホリ

拙者既にアラサーと呼ばれる世代でありましてね。。。
やっぱり歳も歳なので将来、時と場合によっては「ただ遊んできた」ではワーホリ経験が意味を成さない事もあるかもしれない。
だから拙者はただ遊んで終わりにはしない

あ、自分でこの記事書いててなんかモチベーション上がってきた(笑)

拙者はワーホリを始めてもう半年以上が過ぎた。
当初の目的はまだ60~70%くらいしか達成出来てないかな。
頑張ろう。
でも残りの期間でそれが達成出来なくてもいいんだ。
自分は一生懸命やってるし、現時点でも大切なことを得ているし。

と、100%達成できなかった時の為に保険もかけておく。これ大事。

読者の中にはきっと「じゃああなたは一体何を得たの?それを言ってくれないと、説得力が無い」って思う人もいるかな。

ん〜なんだろうなぁ(笑)

一応それっぽい感想は書いたから興味のある方は〜↓
ワーホリ1年は1秒も無駄にならなかった|カナダ生活振り返り

上の記事に書いてあることは結構漠然とした内容なんだけど、もっと具体的なことはいつか気が向いたら記事にしてみたいと思います〜

スポンサーリンク

Pocket