フィリピンの親戚!?メキシコ・プエブラ歴史地区|リアル世界史ですな。

Pocket

まさかこんなにも離れた北米の土地で東南アジアの町を思い出すとは思わなかった。

プエブラお散歩リポートー

世界遺産の町並み Puebla

メキシコプエブラの町並み1の写真

16世紀にスペイン人によって築かれた、そのコロニアル様式の町並みが美しす。

プエブラ歴史地区のその美しい町並みは世界文化遺産に登録されている。

町の中心はお洒落でかわいい☆

基本的に2階建てか3階建ての色鮮やかな建物が連なってるよ。

メキシコプエブラの美しい町並みの写真

メキシコプエブラの町並み2の写真

メキシコプエブラの教会の写真

確かにヨ~ロピア~ンな雰囲気が漂っている。
でも、ヨーロッパのそれとはまた違うんだよねー。

ていうかこれって建物(家)は全部繋がってるけど、両隣を建物で挟まれてる建物の建替えはどうやってやんだろ?
綺麗にその一角だけ取り壊して、また立て直せるのだろうか。

建物の1階は店舗になっていることが多く、レストランから家具屋まで様々。
町の中心(観光スポット)を外れるとちょっと素朴な雰囲気が漂う。

メキシコプエブラの町並み(店舗)2の写真

メキシコプエブラの町並み(店舗)の写真

お次はVictoriaマーケット。

中に入ってみたけど、服屋とかちょっとした食べ物屋がポツポツあるくらいであまり人はいなかった。

メキシコプエブラのビクトリア市場の写真

プエブラのビクトリア市場の中の写真

ただ「ビクトリア」の文字に惹かれただけです。

住んでたからね。
大好き!美しき花の町ビクトリア in カナダ

多くの観光客が行き交う町の中心ソカロ広場。

メキシコプエブラのソカロ広場の写真

広場の周りにはちょっとお洒落なレストランやホテルが建ち並び、そこにいる人の雰囲気も裕福そうな人が多かった。
そういう場所にはそういう人が集まるということか。

ちなみに景観保護の為なのかソカロ広場にはタコス等の食べ物屋台は出ていなかった。
こういう人の集まる場所に屋台を出せば儲かりそうなのに、露店販売の規則が意外と厳しいのかな?

ソカロの周りにある建物の中の一部。

イタリアのミラノっぽいプエブラの写真

なんとなくイタリアのミラノを思い出す。

メキシコシティ、プエブラと移動してきてだいぶメキシコのイメージが変わった。
メキシコと言えば、おっきなとんがり帽子を被ったヒゲのおっさんがサボテンの横でマラカスシャカシャカしてるイメージで、ヨーロッパのような風景を全然想像してなかったから。

マラカスをシャカシャカしてないメキシカンダンスコンテストはこちら↓
プエブラでメキシコダンスコンテスト☆先住民の魂の踊りに心震える。

世界史がちょっとおもしろくなる話

この町はスペイン人に築き上げられたと書いたけど、同じ16世紀、遥か太平洋の彼方フィリピンにもスペイン人により栄えた町がある。

フィリピン・ルソン島北部にあるビガンがそれ。

ビガン自体はあまりおもしろくなかったから、すぐに出たけど。笑
フィリピン旅行|ビガンは世界遺産だけど思ったより観光地化してる~

1年前と比べると、ブログの書き方もそうだけど自分の感受性や旅の楽しみ方自体がだいぶ変わったな。

それはさておき
事前に歴史をチェックしていた影響もあるのかもしれないけど、2つの町並みは似てるなって本当に思った。

2枚の写真の上がビガン、下がプエブラ。

ビガンの町並みの写真

メキシコプエブラの町並み3の写真

それぞれの国の特徴も混ざっているから、そっくりとまではいかないけどね。
それがまた良い味を出している。

地域も文化も全く違う、こんなにも離れた他の国の町を感じるなんておもしろい。
スペインって強かったんだな~っと、肌で感じる世界史というわけですな。

ちなみにここメキシコのアカプルコ湾とフィリピンのマニラは、当時のスペインが太平洋をまたいでガレオン貿易を行った歴史がある。
2つの国はちゃんと繋がっていたわけだ。

さらにその貿易が中国(明~清時代)の社会変革を引き起こした。

歴史が繋がっていくなぁ。。。

ふむ

実におもしろ過ぎるじゃないか。

こういうことに子供のころから興味を持った人が学者さんになっていくのかねぇ。

旅をしながら立ち寄った地域や国の歴史を断片的に調べてるんだけど、度々こうしたおもしろい発見がある。
仮に自分が世界史大好きで、興味ある年代の歴史を辿る旅なんてしたらもっともっと楽しいんだろな。

今は時間があまり無くて世界史をガッツリ勉強できないんだけどね、あぁ忙しい。
・・・ま、時間があっても勉強しないか。笑

てことで、どうぞ↓
簡単5分!世界一周海外旅行をさらに楽しくする方法|世界史編

プエブラで超ビックリしたことがある

急に話は変わるけど
拙者ガイドブックも持ってないし、ネットでも町の情報を全然チェックしてなかったもんだからプエブラって田舎だと思っていたんよ。

でも行ってビックリ、大都会じゃないか!

この記事でプエブラの町の栄えっぷりを既に紹介しているが、もっと驚くことがあったんよ。

果たして拙者がプエブラで見た物とは!?

てことで、プエブラお散歩日記の続きはまた次の記事で。

メキシコ・プエブラ郊外散歩|ここは田舎じゃなかったのか。

夜のプエブラはこんな感じ↓
プエブラ歴史地区お洒落夜景散歩☆

お土産買うなら↓
メキシコのお土産が歴史を語る!?プエブラ・パリアン市場☆

ほんじゃ、今日のところは、Bye!



Pocket