メキシコのゲイ・レズビアンのパレードがちょっと過激で怖かった。

Pocket

(たぶん)プライドのデモ活動。
2016年11月12日のメキシコ・プエブラ旅行日記。

Pride in プエブラ

散歩してたらね、遠くの方から賑やかな音楽(クラブミュージック)が聞こえてきたんです。

むむむ、これは・・・

現場に急行するしかない!

お祭りごと(というか皆で踊るようなイベント)大好きだからね~

で、行ってみたらデモ活動やってた。

Pride(ゲイやレズビアンのようなセクシュアルマイノリティを支援する団体)のシンボル虹色の旗を掲げて、ゲイのお兄ちゃんたちが踊ってました。
・・・ので、たぶんPrideのデモ活動なんだと思う。

メキシコ・プエブラのデモ活動(ゲイの人達)の写真

爆音で音楽を流して町を練り歩き、ビラとコンドームを配っていた。
拙者も1枚ビラをもらったら、クラブパーティのビラだった・・・(´_ゝ`)拙者が欲しかったのそれじゃなくてデモに関するチラシ

かなりの人数が参加していて大型の車も4台以上は出ていました。

CONGRESO DEL ESTADO(Google先生は”州議会”とおっしゃっている)の建物入口では何かを燃やした跡があり、CLASURADO(たぶん閉鎖と言う意味)の貼り紙が貼られていた。

メキシコ・プエブラのデモ活動(州議会)の写真

以前参加したことのあるカナダのビクトリアという町で行われたPride Paradeは、あくまでパレード(フェスティバル)だったので警察もパレードに参加してビクトリアの町全体で楽しんでいました。

でもメキシコのパレードはそれとは雰囲気が違ってちょっと怖かった(´_ゝ`)
一般車とかも立ち往生しちゃってたし。

カナダのパレードの様子はこちら↓
カナダのゲイ・レズビアンのフェスティバルに参加して思う事。

カトリックと同性愛

団体は町の中心にある大きなカテドラルの門を鎖で封鎖していた。
(でも一般者が出入りする表門じゃなくて、人が出入りしない裏門だったところに優しさを感じた(笑))

メキシコ・プエブラのデモ活動(カテドラル)の写真

ここで大きなマシンガンを持った警察も現れたし、何か事件が起きる前に拙者は退散することに。。。

ちなみに最後は町の中心のカテドラル(大聖堂)の横にあるソカロ広場に参加者たちは溜まっていた。

メキシコ・プエブラのデモ活動(ソカロ)の写真

彼らがカテドラルの門を封鎖したのは、カトリックが同性愛を認めていないから・・・だと思う。笑
カトリックがそれを認めないのは同性愛は自然法に反するからなんだって。

余談:避妊について

(ルールがちゃんと守られているかどうかは別として)同性愛の事の他にも、カトリックには「性」に関する教えがある。

そのうちの一つが避妊の禁止。

あ、カナダでもPrideがコンドームを配ってたのって、カトリックが「避妊」を認めていないから、それに対してなのかな?

「今夜は楽しんでね☆」みたいな性行為を促すことに何か意味があるのかと勝手に思ってた(笑)けど、避妊を勧めてるってこと!?
そういうことなら納得じゃぜ!

それはそうと、それぞれの宗教(日本の神道も含めて)に関する深い知識は無いけど、どの宗教にも教え自体には「平和」というイメージがあったから、カトリックがある意味差別的な要素を持っていたことはちょっと意外。
・・・「差別」と言うと語弊があるかな?

現代では厳格じゃくても良い?

メキシコのプエブラではデモ活動を行っているけど、カナダのビクトリアでは堂々と町をあげてのパレードが行われる程に、セクシュアルマイノリティは周りから認められていました。
そこにカトリック教徒がいてもね。

つまり現代では同性愛に関しては、そこまでストイックに教えを守る必要が無いってことですよね?
もう宗教の力を使って圧をかける必要がないってことかなぁ。

まだまだ根深い宗教とはいえ、今はそれよりももっと効率的に人々を操れる「メディア」があるわけだしね〜
「メディアに踊らされる人々」って言葉があるくらいに。

メキシコ・プエブラのデモ活動(ゲイの人達)2の写真

ふと「宗教は人々(世界)を動かすために都合よく伝えられた」って誰かが言ってたのを思い出した。
人々を動かすには「信じ込ませること」が一番の手段だから。

う~ん、その説は無しではないかもですね。

だって尊敬している人の言う事ってスラスラ頭に入ってきて、信じやすいですもんね!

宗教に商売のヒントが見える

何かを信じ込んだ人の心程動かしやすいものは無い。
特に、何かにすがりたいと思ってる人。

昔は宗教が最も効率良く人を動かす手段でした。(仮)

その教えの効力を使って、何のために人々を動かそうとしていたのかは知らないけど。
平和の為、お金の為、戦争の為・・・時代によって色々かな。

宗教が広められた真相がどうだったかは結局わからないんだけど、それに似たような感じで商売してる人がいますよね!
仕事漬けになって「自由」と「お金」を求めている人向けに、Twitterで時々流れてくるやつとか(笑)
思想をすり込むという点では、ある意味で宗教に近い気がする。

あのやり方はなかなか賢い。

あとはテレビというメディアね、これも凄い。
ごく自然な感じに視聴者に思想をすり込んでいますよね。
政治的なことから流行ファッション、食べ物までなんでも!

そのうち健康に良い!とかで「全身タイツエアロビ」とか流行ったりして。笑

時代の流れを読んで、それ(他人)を賢く利用した人がうまいこと生きていくんだろうな〜

利用される側は、利用されている意識は無いから幸せだけど、でも利用されるのは嫌だ。

話がよくわからない方向に進んでしまったが、以上!
プエブラ歴史地区を散歩してたら、セクシュアルマイノリティに関するデモ活動が行われていたので覗いてみたよ日記でした~

世界文化遺産のプエブラの美しい町並みはこちら↓
フィリピンの親戚!?メキシコ・プエブラ歴史地区|リアル世界史ですな。

メキシコでビックリした話↓
手が早くてビビった!ゲイの青年と二人で全裸になって…


Pocket