カナダのゲイ・レズビアンのフェスティバルに参加して思う事。Pride Parade in ビクトリア

Pocket

2016年7月1日~10日はここカナダのビクトリアはPride weekで、10日に行われたPride ParadeFestivalに参加してきました~

pride paradeレズビアンの写真

セクシュアルマイノリティのフェスティバルに参加!

このフェスティバルはPride Societyと呼ばれる団体が主催で行われました。
これに関する団体は日本を含めて世界中にあるみたいです(´_ゝ`)全然知らなかった
東京レインボープライドホームページ

この団体の目的はというと、ゲイやレズビアン、バイセクシャル等のセクシュアルマイノリティと呼ばれる方々の支援を行うこと。

ただ、肝心の今回のパレードの目的がホムペ見ても見つからなかったので、気になる方は各自調べてください。
Victoria Pride Society(英語)
でもきっとセクシュアルマイノリティである方の存在をもっと広く、良い意味で知ってもらおう、そういうことだと思います。
どなたか目的をご存知でしたら、コメント欄に記載していただけましたら幸いです。

超盛り上がるパレード

パレードは町の中心ダウンタウンから始まって、少し離れたマクドナルド公園っていう所まで約2,5kmの道ノリで行われました!
警察も旗を振ってパレードに参加してます。

pride paradeの警察の写真

彼らも結構楽しんでそうだった(笑)

パレードではPrideのシンボル虹色をイメージしたコスチュームや、それぞれの団体の特徴ある衣装をまとった沢山の団体が町を渡り歩きます(*´з`)にぎやか☆

pride paradeマーチングの写真

pride paradeで豪華な衣装を着た人の写真

プラカードを掲げたり
ダンスをしたり
歌を歌ったり
演奏したり

pride paradeでプラカードを掲げる団体の写真

もうとにかくお祭り騒ぎ!
音楽を流してる団体が近づくと、見物してる人達もヒューヒュー♪と超盛り上がってました☆

pride parade金ぴかの女性?の写真

パレード参加者のみならず、見物人の中にも
女装した男性や、顔に髭を描いて男装した女性もたくさん見かけました(゜゜)

pride paradeで女装する男性の写真

pride paradeのダンスグループの写真

pride paradeのお兄さんの写真

このフェスティバルの本当の意味

こうなるともう誰が本当のゲイなのか
誰がレズビアンなのに男装してゲイのフリをしているのか
誰が一般(?)男性なのに女装してレズビアンのフリをしているのかわからんちん。

そして

そのことが観客としてパレードを見ている自分にとって、一番大切なことだった。

ここでは関係なかったんすよね。
本当の性別も、同性愛者であるかどうかも。

パフォーマーも観客も全員が一緒になって、とにかくフェスティバルを楽しむ・・・

pride paradeのflamingoの人の写真

そんなのきっとパンフレットのどっかに書いてあることなんだけど、でも個人的に気づいた事はそれのほんのちょっとだけ先の事というか。。。

ゲイやレズビアンのフェスだから皆でそういう恰好して、さあ、性別も何も関係なく楽しみましょう!
…そうじゃなくて。
ただ仮装したりしてる人達を見て、面白ーいって楽しむんじゃなくて。

あれ、待てよ?
ゲイって何?レズビアンって何?
性別って何?
自分との違いは何?

セクシュアルマイノリティの方々に対して、今まで自分が意識していたことはなんだったんだろう。

そういう所まで観客に考えさせるところがこのパレードの魅力だと拙者は思う。

きっとパファーマーの中にも拙者が言いたい、このフェスの凄さをわかっていない人もいるんじゃないかとまで思ってしまう…

う~ん、決定的な言葉でうまくそれを説明できないのが悔しい…

pride paradeの写真

まあ、ともあれ、ただ単にお祭り気分を楽しむだけの人もいるかもしれないけど、これをキッカケにセクシュアルマイノリティ自体や差別に興味を持ったり、中には偏見を無くしたりする人は少なからずいただろうね。

あと写真多くなるから載せないけど、”LOVE“の文字も沢山見かけました!

誰もが楽しめるパレード

参加者みんなが開放的になって
シンボルの虹のようにいろんな人(色)が一つになって楽しい時間をつくる。
いいフェスティバルだったなー

このお姉さんは開放的になり過ぎて服脱いじゃってたけど。。。

pride paradeのお姉さんの写真

めっちゃ手をふってくれた(*´ω`)ぽ

パレードの最後尾では超パワフルなシンガーがいて、観客もそれに続いていたので拙者も一緒に街を歩いてきました♪
見ていても楽しかったし、皆で一緒にワイワイ歩くのも楽しかった☆

最後尾でかかってた曲が拙者の好きなEDM?だったからね~
一人だったのにテンションあげもげ!

ビール飲んでから行けばよかった。。。

pride paradeにみんなで参加してる写真

ちなみにシンボルの虹のデザインはもともとは8色だったらしい

hot pink for sex,
red for life,
orange for healing,
yellow for sun,
green for serenity with nature,
turquoise for art,
indigo for harmony, and
violet for spirit.

という意味が込められているそうです。

pride paradeの旗の写真

はい、以上、一人で行ったのに超楽しめたカナダのPride Festivalリポでした~
フェスティバルの意味は人の性的な部分を超えて、国籍や人種にまで当てはまるんじゃないかな。
もう一回言うけど、超いいフェスティバルだった☆

メキシコのパレードの様子はこちら↓
メキシコのゲイ・レズビアンのパレードがちょっと過激で怖かった。

拙者の私的な話

大学生のころ通っていたダンスレッスンの先生(だけど年下)が誕生日も一緒だし、なんか親しみやすくて普通に友達としても関わっているのね。
んで、その学生時代のとある日に突然、彼がゲイであることを打ち明けられて、めっちゃくちゃビックリしたことがあった。

それまでは身近に同性愛者の人は一人だけレズビアンがいたんだけど(正しくはそうであることを周りに教えている人)、ゲイの人に会ったのはそれが初めて。

とても失礼な話なんだけど正直な話、それまではなんとなく男の人を好きになる男の人ってなんか気持ち悪いなって、ゲイの人達と関わりをもったことも無いのにそう思っていたのね。
だから彼がそれを打ち明けた時、余計驚いたわけさ。マジお洒落でイケメンだったし。関係ないか(笑)

そして気付かされた
好きになる相手が同性であることは、その人に偏見を持つ理由にはならないということ。
異性向けのファッションをしていることは、そのファッションをしてる人に偏見を持つ理由にはならないということ。

だって、彼はそれまで良い友達だったのに、その事実を知ったから嫌いになるなんてのはおかしな話。
ゲイやレズビアンの人も、なんら変わりない普通の人であることを学んだ良い経験だった。

懐かしいなあ
もう6年以上前かな?

以上!
私的な話でした~

メキシコでビックリした話↓
手が早くてビビった!ゲイの青年と二人で全裸になって…

あ、ちなみにパレードのゴールの公園には、各団体がテントを出しているブースや食べ物屋台がたくさん出ていました\(^o^)/
ここにもステージがあってイベントやるみたいだったけど、拙者は歩き疲れてたから見ないで帰ったっす。。。

pride フェスティバルの写真

おまけ
「うぉー!」って超叫んでるのにコスチュームがシンプルで、個人的になんか好きになれたお兄さん

うおーってやってる人の写真

pride paradeお気に入りの人の写真


Pocket